もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

2017/09/02|ゴルフウィズ編集部

09021

ゴルフコースを回ると必ずショートホールに出くわします。大きさは長くても200ヤードほどのコースです。1打目からグリーンオンが狙いやすく、チャンスが生まれやすいコースでもあるので、慎重にプレイしたいです。

しかし、ショートホールはチャンスがある分、力み過ぎてしまい、あらぬミスも犯しやすいです。

私自身、チャンスだったはずのショートホールでミスを連発してしまい、ピンチに変わってしまったという事態もありました。これが経験の浅い初心者だとしたら、ミスが起こる可能性は非常に高いです。

そこで、今回は初心者でもチャンスを活かせるよう、ショートホールを回る際気をつけるべきことを紹介していきます。

 

ショートホールを回る際気をつけるべきこととは?

せっかくのチャンスがピンチ変わってしまうことの多いショートホール。実際に回る際に気をつけるべきことは、

・グリーンを超えてしまわないように力を調節する
・ゴルフボールの着地点はカップの手前を意識する

の2つです。私自身、ショートコースでプレイする時は、上記の点を特に意識して臨みます。でなければピンチに陥ってしまうかもしれないからです。それに加えて、番外編としてショートコースでのマナーで気をつけることも1点ほど、詳細を説明していきます。

 

グリーンを超えてしまわないように力を調節する

ショートホールの場合150〜180ヤードあたりが平均的な大きさとなっています。たまに200ヤードもありますが、少ないです。そのため、ドライバーで攻めてしまうと大きくOBとなってしまいます。

なので、アイアンを使用するのがベターとなっていますが、ロングを飛ばせるものを思いっきり振ってしまうと、転がってグリーンを超えてしまうこともあります。そして、最悪の場合OBになる可能性も・・・。

そうならないためにも、力の調節が大切になります。チャンスが目の前にあるだけに、ついつい方に力が入ってしまいがちですが、ここはグッと堪えましょう。OBになってしまうよりは、グリーン手前で落とすように力を緩めたほうが、ピンチにならずに済むのでオススメです。

 

ゴルフボールの着地点はカップの手前を意識する

ショートホールは1打目からでも、カップを狙うことは可能です。なので、ショットの際はかなり意識するのですが、着地点をカップにしてはいけません。なぜなら、ショットに勢いが乗っているので、着地したからの惰性が大きいからです。

そのため、もしもカップ付近で着地してしまえば、カップから離れて転がっていってしまいます。それではせっかくカップを狙ったショットが打てたのに意味がありません。さらに惰性のせいでグリーン外へ出てしまう可能性もあります。

だからこそ、1打目は惰性も計算に入れて着地点はカップの手前を意識しましょう。

 

番外編 打つのは前のプレイヤーが居なくなってから

番外編でプレーではなくマナーで気をつけることを紹介します。一番注意しなければいけないのは、ショートホールでは前のプレイヤーが居なくなってから1打目を打つようにしましょう。なぜなら、1打目でもグリーンに乗ってしまうほどの距離なので、前にプレイヤーがいると非常に危険だからです。

これが、ミドルやロングコースならグリーンにプレイヤーが居ても、1打目が届くことがないので大丈夫なのですが、ショートコースではダメです。打つ際は、プレイヤーがグリーン上やその周りに居ないことを確認してから始めましょう

 

ショートホールでチャンスを掴もう!

以上がショートホールを回る際気をつけるべきことです。ショートホールはチャンスにつながりやすい反面、ちょっとしたミスが大きなピンチになってしまうことがあります。

なので、特に初心者で上手くショートコースを回れない方は、今回紹介してきたことを意識して、ショートコースに臨んでみましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

カート道にゴルフボールが入ってしまう、ゴルフボールの目の前に障害物があるなどの理由で救済措置を行うことができます。救済する時は、ルールに従って、適切にゴルフボールをドロップしなければいけません。 もし …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ練習日記をつけて改善点を整理しよう!

ゴルフ練習日記をつけて改善点を整理しよう!

日記をつけることが続かない人でも、フォームなど改善して上達が目標の日記であれば、意外に作成を継続できます。スコアアップを目指すには、課題探しがポイントになってきます。良い面は伸ばして弱点は補う、練習日 …

2019/02/22|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!他人が1打目を打つ際のマナーとは?

初心者必見!他人が1打目を打つ際のマナーとは?

ゴルフで最も緊張する1打目。ここでミスするとスコアに影響が出てしまう上に、そこから先のメンタル面でのコンディションを悪化させてしまう可能性があります。そのため、ミスをしないようかなりの集中力を使って打 …

2017/10/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るメリット・デメリットとは?

ゴルフコースを歩いて回るメリット・デメリットとは?

ゴルフコースを回る際、カートを使うことがほとんどです。もちろん、カートでも十分ゴルフは楽しめるのですが、たまには歩いて回るのもオススメです。私自身、カートを使用したこともあるのですが、歩いてゴルフコー …

2017/10/23|ゴルフウィズ編集部

長時間のゴルフラウンドでも冷えない!足元あったか対策3選

長時間のゴルフラウンドでも冷えない!足元あったか対策3選

夏には暑さへの対策が必要になり、やっと過ぎたと思えば次には冬の対策が必要となってきますね。 ある種、寒い方が自分の弱点がわかるということもありますが、練習ではなくラウンドでプレーする時には、ゴルフ仲間 …

2018/12/07|ゴルフウィズ編集部

忙しい女性に最適!アーリーバードを利用してみて

忙しい女性に最適!アーリーバードを利用してみて

仕事や家事で忙しい女性でも、ゴルフを趣味としている人はたくさんいます。 しかし、家事や子育てでなかなか時間が作れないという人もいますよね。 そんな時には、早朝にゴルフができる“アーリーバード“がおすす …

2018/01/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ご紹介のゴルフレッスンアプリは、基本的に無料で利用することができます。ダウンロードすればすぐ使用できますので、気軽にゴルフ上達に役立てることが可能です。自分では気づくことができなかった、スィングのフォ …

2018/09/05|ゴルフウィズ編集部

<多摩カントリークラブ>抜群のアクセスと半世紀越の長い歴史

<多摩カントリークラブ>抜群のアクセスと半世紀越の長い歴史

関東地方にはゴルフ場が数多くあります。首都圏には、ゴルフ場銀座という言葉があるほど、たくさんのゴルフ場が密集しているところもあります。ただやはり広大な土地を必要とするので、東京都内には数えるほどしかあ …

2018/01/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

スィングフォームにすでに癖がついているので、改善が難しいと思うかもしれませんが、ご紹介の改善方法を実践すれば、ミスショットを少なくすることができます。ゴルフボールをショットする際の姿勢を改善しましょう …

2019/04/02|ゴルフウィズ編集部

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

念願のゴルフコースデビュー。大自然の中で思いっきりショットを打つのは快感ですよ。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?そこで聞きたいのですが、必要なものは用意できましたか? 実はゴルフには、持 …

2017/10/21|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ