もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフクラブお手入れの仕方

2018/11/30|ゴルフウィズ編集部

お手入れ用品はお金もかからないので、打ちっぱなしの練習をした後や、ラウンドした後すぐ綺麗にすることを、習慣づけて行います。日付が経過しますと、汚れが落ちなくなるかもしれません。早めのお手入れを心掛けましょう。

クラブをきちんとお手入れしていつも良い状態を保つ

スポーツは道具を使用しない種類と、ゴルフのように道具を使用するスポーツがあります。スポーツ競技は勝ち負けがいつも伴い、やはり勝つためには、道具をいつもベストコンディションに保つことも、重要な条件になってきます。クラブは値段的にも安いわけではないので、何本も買い換えることはできないですし、使い慣れたクラブの方が、いい成績も残せます。

そのため、ゴルフ道具で1番重要な、クラブをいつも良い状態に保つのが、勝負強い人になれるポイントの1つになってきます。お手入れをしながら、クラブの特徴を再確認するのも、より上手く使いこなすための、大切な要素になってくるでしょう。フェースがちょっと欠けちゃったなとか、グリップがつるつるになって、にぎりづらくなってきたなど、早く気づくことで良い状態にするための、最適な対応もできます。

ラウンド前日にクラブの状態が悪いと気づいても、間に合わずに悪い状態のクラブで、勝負しては勝ち目がありません。面倒くさいと思ってしまうかもしれませんが、勝つためにも長期間使用するためにも、クラブはまめにお手入れするといいでしょう。クラブの中で最も重要な部分は、フェース面です。ボールを当てる面は、汚れや傷が多い状態ですと、飛距離に影響してきます。次に重要な部分はグリップで、お手入れをきちんと行えば、しっかり握れますので、飛距離を出せるショットに繋がります。

フェース面は歯ブラシとタオルでのお手入れがおススメ

クラブは溝があるタイプと無いタイプがありますが、スコアラインがあるタイプやキャビティアイアンなどは、溝に土や芝などがつきやすいので、最初に歯ブラシなどで汚れを落とします。その後に柔らかいタオルで、フェース面を磨くようにお手入れして下さい。乾いた土などがついている場合は、歯ブラシで汚れを落とした後、100円均一ショップなどで販売されている、メラミンスポンジでこすって汚れを落とします。

メラミンスポンジは水をつけないと、きれいに汚れを落とせないので、水をつけて優しくこするといいです。基本的に研磨(削る)して綺麗にするスポンジなので、強くこするのはおススメできません。なでるようにこすって、水気を拭くためにタオルで磨いて下さい。最近のクラブはチタン金属でできている商品も多く、水がついたままですと錆びてしまいます。水が残らないように、しっかり拭き取りましょう。

グリップは歯ブラシと中性洗剤でお手入れ

グリップもいろんなタイプの商品がありますが、凹凸があるので汚れが入り込みやすいです。まずは土などの汚れを、歯ブラシで優しくこすって、詰まりを落として下さい。汚れの詰まりを落としましたら、中性洗剤で拭いて、拭いた後にぬるま湯で拭き、洗剤が残らないようにして下さい。この後乾いたタオルで綺麗にして、風通しがいい場所でしっかり乾かします。

お手入れした後に、グリップがしっかり握れるか、確かめてみるのもいいでしょう。クラブ全体は柔かい乾いているタオルで、磨きながら綺麗に仕上げます。クラブの状態がいつも新品に近いと、スコアアップが期待できる、ベストコンディションのクラブとして維持できます。

まとめ
新品のクラブを使用していると、ショットの調子がいいと思うでしょう。お手入れすることで新品は無理でも、新品に近い良い状態を保てます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

少し油断した間にゴルフウェアに色移りが!?色移りの対処方法

少し油断した間にゴルフウェアに色移りが!?色移りの対処方法

普段は気をつけていても、ゴルフのラウンド中はなにかと忙しいものですし、色々と頭で考えていることもあるので、つい注意が行き届かなくなってしまうこともあります。特にゴルフウェアの色移りまでは油断してしまう …

2018/08/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

筋肉を付けるための「鶏のささみ肉」ですが、高タンパクな食材ということが、筋肉にいい理由です。あっさりしている味なので、味付けを一工夫する必要はありますが、ゴルフに必要な筋トレ合わせて行い、パワーアップ …

2018/09/19|ゴルフウィズ編集部

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

屋外で行うスポーツだからこそ、防寒のために暖かい服装をするのは、とっても重要です。冬の定番であるニットは、セーターであったりカーディガンだったり、または帽子だったりと幅広くアイテムとして使われています …

2018/12/10|ゴルフウィズ編集部

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

半袖では肌寒く感じる日が多くなってきて、ゴルフウェアも衣替えをしようとされている方も多いかと思います。普段着の衣替えの目安として最低気温20度が平均くらいになった頃が良いとも言われています。 スポーツ …

2018/10/04|ゴルフウィズ編集部

スイングが向上するストレッチトレーニング

スイングが向上するストレッチトレーニング

ストレッチをすることでゴルフをする前の、ウォーミングアップになりますが、日常でも習慣的に行うことで、いつでも柔軟性がある筋肉を保ち、飛距離アップに繋げていけます。筋肉を傷めることを防ぎ、怪我が少ない身 …

2019/04/08|ゴルフウィズ編集部

傷があるゴルフクラブの修理方法

傷があるゴルフクラブの修理方法

1番傷つける可能性が高く、傷が目立つのはゴルフクラブのヘッド部分です。浅い傷程度であれば、修理することができます。又、自分が修理することで、丁寧にゴルフクラブを扱う意識も芽生え、道具の手入れも大切だと …

2019/02/25|ゴルフウィズ編集部

無料クラブ試打レンタルサービス

無料クラブ試打レンタルサービス

自分に合っているゴルフクラブを選ぶのは、なかなか難しいものです。例えば靴を選ぶのに、すぐに合う靴を探すことができないようなものです。無料レンタルを利用して、クラブが自分に合っているか、フィッティングを …

2018/12/21|ゴルフウィズ編集部

池ポチャにならない越えるための練習方法

池ポチャにならない越えるための練習方法

何故池を越えられないのか原因としては、池の大きさがどれぐらいか分からず、越えるために何ヤードのショットを打てばいいか、正確に判断できないことによります。池幅の距離を掴んで、越えられるショットを練習して …

2019/04/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ練習日記をつけて改善点を整理しよう!

ゴルフ練習日記をつけて改善点を整理しよう!

日記をつけることが続かない人でも、フォームなど改善して上達が目標の日記であれば、意外に作成を継続できます。スコアアップを目指すには、課題探しがポイントになってきます。良い面は伸ばして弱点は補う、練習日 …

2019/02/22|ゴルフウィズ編集部

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

紫外線の影響があると目が悪くなりますし、皮膚が日焼けにより皮膚病になるかもしれません。UVカットアイテムを使用すれば、熱中症や脱水症状を、軽減するにも役立ちます。UVカットアイテムで、上手く防ぎます。 …

2018/07/06|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ