もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフクラブお手入れの仕方

2018/11/30|ゴルフウィズ編集部

お手入れ用品はお金もかからないので、打ちっぱなしの練習をした後や、ラウンドした後すぐ綺麗にすることを、習慣づけて行います。日付が経過しますと、汚れが落ちなくなるかもしれません。早めのお手入れを心掛けましょう。

クラブをきちんとお手入れしていつも良い状態を保つ

スポーツは道具を使用しない種類と、ゴルフのように道具を使用するスポーツがあります。スポーツ競技は勝ち負けがいつも伴い、やはり勝つためには、道具をいつもベストコンディションに保つことも、重要な条件になってきます。クラブは値段的にも安いわけではないので、何本も買い換えることはできないですし、使い慣れたクラブの方が、いい成績も残せます。

そのため、ゴルフ道具で1番重要な、クラブをいつも良い状態に保つのが、勝負強い人になれるポイントの1つになってきます。お手入れをしながら、クラブの特徴を再確認するのも、より上手く使いこなすための、大切な要素になってくるでしょう。フェースがちょっと欠けちゃったなとか、グリップがつるつるになって、にぎりづらくなってきたなど、早く気づくことで良い状態にするための、最適な対応もできます。

ラウンド前日にクラブの状態が悪いと気づいても、間に合わずに悪い状態のクラブで、勝負しては勝ち目がありません。面倒くさいと思ってしまうかもしれませんが、勝つためにも長期間使用するためにも、クラブはまめにお手入れするといいでしょう。クラブの中で最も重要な部分は、フェース面です。ボールを当てる面は、汚れや傷が多い状態ですと、飛距離に影響してきます。次に重要な部分はグリップで、お手入れをきちんと行えば、しっかり握れますので、飛距離を出せるショットに繋がります。

フェース面は歯ブラシとタオルでのお手入れがおススメ

クラブは溝があるタイプと無いタイプがありますが、スコアラインがあるタイプやキャビティアイアンなどは、溝に土や芝などがつきやすいので、最初に歯ブラシなどで汚れを落とします。その後に柔らかいタオルで、フェース面を磨くようにお手入れして下さい。乾いた土などがついている場合は、歯ブラシで汚れを落とした後、100円均一ショップなどで販売されている、メラミンスポンジでこすって汚れを落とします。

メラミンスポンジは水をつけないと、きれいに汚れを落とせないので、水をつけて優しくこするといいです。基本的に研磨(削る)して綺麗にするスポンジなので、強くこするのはおススメできません。なでるようにこすって、水気を拭くためにタオルで磨いて下さい。最近のクラブはチタン金属でできている商品も多く、水がついたままですと錆びてしまいます。水が残らないように、しっかり拭き取りましょう。

グリップは歯ブラシと中性洗剤でお手入れ

グリップもいろんなタイプの商品がありますが、凹凸があるので汚れが入り込みやすいです。まずは土などの汚れを、歯ブラシで優しくこすって、詰まりを落として下さい。汚れの詰まりを落としましたら、中性洗剤で拭いて、拭いた後にぬるま湯で拭き、洗剤が残らないようにして下さい。この後乾いたタオルで綺麗にして、風通しがいい場所でしっかり乾かします。

お手入れした後に、グリップがしっかり握れるか、確かめてみるのもいいでしょう。クラブ全体は柔かい乾いているタオルで、磨きながら綺麗に仕上げます。クラブの状態がいつも新品に近いと、スコアアップが期待できる、ベストコンディションのクラブとして維持できます。

まとめ
新品のクラブを使用していると、ショットの調子がいいと思うでしょう。お手入れすることで新品は無理でも、新品に近い良い状態を保てます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

キャディバックの中には何を入れる?

キャディバックの中には何を入れる?

クラブを買いそろえると同時に皆さんキャディバックも購入することと思います。 キャディバックにクラブを入れるのは当然としても、たくさんあるポケットには、どのポケットにどんなものを入れてゴルフ場に行けば良 …

2019/08/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフコースを回ると必ずショートホールに出くわします。大きさは長くても200ヤードほどのコースです。1打目からグリーンオンが狙いやすく、チャンスが生まれやすいコースでもあるので、慎重にプレイしたいです …

2017/09/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフキャディの仕事をプロとして就業するには

ゴルフキャディの仕事をプロとして就業するには

実際ゴルフキャディになるには、どうすれば就業できるのか解説致します。体力とやる気さえあれば、専門的な資格は必要ありませんので、誰でも仕事にできます。特に接客業が得意な方は、向いている職業と言えます。 …

2018/11/05|ゴルフウィズ編集部

no image

読んで上達を目指すおススメのゴルフ本

ゴルフを何年もしているのに、スコアが良くならない人へ、休日にでも熟読してゴルフの技術を、磨く手助けになればいい本です。ゴルフ技術の壁を、本にかかれている一言の文章を読んで、乗り越えることができるかもし …

2019/01/10|ゴルフウィズ編集部

入っている方がいいの?ゴルフ保険を解説

入っている方がいいの?ゴルフ保険を解説

技術的に問題無く、周囲にもよく気を使う人であっても、他人を怪我させたり、施設を破損してしまう場合があります。トラブルにスームーズに対応するためには、ゴルフ保険に入る方法も、1つの手段として考えてみてい …

2018/08/22|ゴルフウィズ編集部

初心者が上手くなるゴルフ練習方法

初心者が上手くなるゴルフ練習方法

初心者がゴルフを上達するためには、やはり基本に忠実ということが重要です。ある程度ゴルフの経験を積みますと、どうしても基本を忘れてしまい、スィングのフォームが崩れ悪い癖がつきます。基本練習が、ポイントで …

2018/07/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフでスイングを上手に行うことは良いスコアを出すには重要な点です。上手にスイングができれば、ゴルフボールにミートさせやすくなり、ショットが安定するようになります。ショットが安定すれば、狙った場所や方 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

スイングが向上するストレッチトレーニング

スイングが向上するストレッチトレーニング

ストレッチをすることでゴルフをする前の、ウォーミングアップになりますが、日常でも習慣的に行うことで、いつでも柔軟性がある筋肉を保ち、飛距離アップに繋げていけます。筋肉を傷めることを防ぎ、怪我が少ない身 …

2019/04/08|ゴルフウィズ編集部

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

紫外線の影響があると目が悪くなりますし、皮膚が日焼けにより皮膚病になるかもしれません。UVカットアイテムを使用すれば、熱中症や脱水症状を、軽減するにも役立ちます。UVカットアイテムで、上手く防ぎます。 …

2018/07/06|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ