もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

傷があるゴルフクラブの修理方法

2019/02/25|ゴルフウィズ編集部

1番傷つける可能性が高く、傷が目立つのはゴルフクラブのヘッド部分です。浅い傷程度であれば、修理することができます。又、自分が修理することで、丁寧にゴルフクラブを扱う意識も芽生え、道具の手入れも大切だと実感できます。

傷が付きやすいクラブヘッドの塗装傷を修理

ゴルフクラブで一番傷がつきやすい部分は、ヘッドのクラウン部分です。ゴルフクラブは長いため、慎重に扱っているつもりでも、壁などにひっかけて、気が付いたら擦り傷が入っていた、ということも少なくありません。使用していれば、いつまでも新品の状態を保てないので、ちょっとした傷であれば、自分で修理できると何年間かは、綺麗なゴルフクラブを使い続けられます。

クラブヘッドのクラウン部分は、ショットの際に他人の視線が集中しますので、傷だらけになっていては、見られるのもはずかしいと思ってしまうでしょう。傷が入りますと同時に、塗装が剥がれてしまい、傷が目立ちやすい状態です。そのため削られた塗装を、埋める修理をして傷を目立ちにくくしていきます。

修理に使用するのは、自動車の塗装傷修理に使用する、「タッチアップペイント」をクラブのクラウン傷にも使います。選択する色は自分が使用している、ゴルフクラブのクラウンと同じ色です。タッチアップペイントを塗る前に、サビがある場合はサビ落としなどで綺麗にして、油分を食器用洗剤などで除去します。ほこりもティッシュなどで、取り除いておきましょう。

次に細かい粒子のサンドペーパーで、傷の深さが浅くなるまで、削りすぎに注意して少しずつ、磨く感じで削っていきます。次に100円均一ショップで売られている、「多目的クレンザー」を布などにつけて磨きます。多目的クレンザーは、研磨剤がペースト状になっているクレンザーで、これで磨けばピカピカになります。

タッチアップペイントを縫って塗装傷を目立たなくする

下処理が済みましたら、いよいよタッチアップペイントを縫っていきます。自動車の塗装傷を修理した経験がある人なら、綺麗に塗ることができなかった人も、いらっしゃるのではないでしょうか?これは筆で塗ったのが原因で、塗りすじが残ってしまったり、厚みがある部分と薄い部分ができ、色ムラができてしまったためです。

筆ではなく爪楊枝に色を取り、ひっかき傷の溝を埋めるようにして塗ります。1回で傷を埋めることは考えず、乾かして重ね塗りしてクラウンの色に近くなるまで、何回か塗っていきます。ひっかき傷の溝に塗る、タッチアップペイントの塗料が少し盛り上がるまで塗り、周りも研磨して削られていれば、その部分にも慎重に塗っていきます。

傷部分が全部色を塗り終えましたら、多目的クレンザーを布などに付けて、丁寧に磨いていきます。タッチアップペイントを塗りすぎた場合は、専用うすめ液がありますので、キッチンペーパーなどに付けて、色を落としていきましょう。塗りすぎてしまいますと、色落としが面倒になりますので、色を塗る作業を気を付けて行うといいでしょう。

自分が使用している、ゴルフクラブのクラウン部分と、同じぐらいの輝きに磨き上げたら完成です。傷が浅い塗装傷の修理は、自分でも修理できますが、傷がひどい状態であれば、メーカーや専門店などに修理を依頼して下さい。

まとめ

ちょっとした浅い傷であれば、お金も低予算で修理できるので、手軽に女性の人でもやってみようと、思ってもらえたのではないでしょうか?傷を綺麗に直すことができれば、自分が使用しているゴルフクラブへの愛着も出てきます。傷がついてしまったら放置しないで、早めに傷を埋めて修理するようにしましょう。長期間放置してしまいますと、修理できない状態になってしまいます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

ゴルフで飛距離アップを簡単にできる方法はあるのでしょうか。 クラブを変える、スイングを変えるなど王道の方法ももちろんありますが、それは簡単ではないですね。 ここでは労せずに飛ぶと噂される飛距離アップの …

2021/08/26|ゴルフウィズ編集部

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

キャディーをつけてラウンドすると、今まで自己判断で気付くことができなかった、戦略方法やコースの状態など、答えを教えてもらうように、良く理解できるのでおススメです。有名選手のノウハウも知っているので、上 …

2018/10/02|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ゴルファーの中には、ドライバーでもっと真っ直ぐ、そして飛距離を出すためにリシャフトを検討する方もいるでしょう。 工賃が高いのもあって、自分でリシャフトが出来るならば、やってみたいですよね。 そこで、気 …

2019/11/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの前夜は楽しみすぎて眠れない!どうしたらよいのか

ゴルフの前夜は楽しみすぎて眠れない!どうしたらよいのか

明日はゴルフで早く寝たいのに、眠れない! あれこれ考えてしまったり、早く起きなければと緊張してしまったり。 万全の体調でゴルフに臨みたいのにこのような状況は困ってしまいますね。 どうしたらよいのか対策 …

2020/01/08|ゴルフウィズ編集部

初心者が上手くなるゴルフ練習方法

初心者が上手くなるゴルフ練習方法

初心者がゴルフを上達するためには、やはり基本に忠実ということが重要です。ある程度ゴルフの経験を積みますと、どうしても基本を忘れてしまい、スィングのフォームが崩れ悪い癖がつきます。基本練習が、ポイントで …

2018/07/09|ゴルフウィズ編集部

女子プロゴルファーのルーティーンはアマチュアの良いお手本

女子プロゴルファーのルーティーンはアマチュアの良いお手本

練習場では良いのにゴルフコースに出ると全然ダメになる。 そのような悩みを抱えるアマチュアゴルファーは多いですよね。 解決には一定のルーティーンを取り入れることです。 そこで女子プロゴルファーを参考にし …

2020/12/18|ゴルフウィズ編集部

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

暑くなりますと脱水症で、突然倒れてしまう人もいます。誰でも自分が倒れるなんて思っていませんが、ゴルフコースは交通不便な自然の中に作られていると、救急車もすぐ到着しません。自分で行う脱水症対策が必要です …

2019/03/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

日本におけるゴルフの歴史を知ろう

日本におけるゴルフの歴史を知ろう

ゴルフは日本発祥のスポーツではなく、発祥地イギリスより日本に伝えられたスポーツです。最初はゴルフコースを手造りしたため、大変だったみたいです。現在私達が気軽に楽しめるのも、先人の苦労あってのことと実感 …

2018/12/12|ゴルフウィズ編集部

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

最初は遊びで始めたゴルフが、本格的なスポーツとして発展してきた歴史は、勉強すると面白い印象を受け、考え深いものがあります。子供の頃誰でも行うような遊びが、高額賞金をかけた競技に発展した、ゴルフの歴史を …

2018/12/06|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ