もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

【衣替え】冬物ゴルフウェアの型崩れを防止するしまい方!コツをご紹介!

2019/05/10|ゴルフウィズ編集部

暖かいゴルフシーズンがやって来れば、冬物ゴルフウェアの衣替えの季節です。この衣替えの時に綺麗にしまっておかないと、次のシーズン時には「シワシワ」になってしまったりする原因にも繋がります。

また、梅雨時期から夏ごろに活発になる「虫食い」にも注意が必要です。

普段着よりも着用回数が少なくなりがちなゴルフウェア、長く着用するにはしまう時のケア方法にも注目しておきましょう!

素材によって「ハンガーにかける」「たたむ」を分ける

型崩れの原因となりやすいのが「保管方法」です。特に冬物衣類は、ボリュームがあるものが多いので押し込む保管方法になりがちです。

そこで型崩れをしないように保管するには、まず素材によって「ハンガーにかける」のか「たたむ」のかを分けるのがポイントとなります!
素材とは言っても、どうするべきかの見分け方もとっても簡単ですよ。以下にまとめてみました。

・ハンガーにかける素材…「生地がしっかりしている」「コートやワンピースなどの長いアイテム」
・たたむ素材…「ニットなどの柔らかく伸びやすい」「アイテムが重い」

このようなポイントをチェックして「ハンガーにかける」のか「たたむ」のかを決定していきましょう。

もちろん保管前には、しっかり洗濯をして汚れは落としておきましょう。
冬物ウェアのお手入れ方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。こちらも併せてご覧になってくださいね。
秋冬ウェアの素材はデリケート?毎回のお手入れで長く使う方法

また、除湿剤や防虫剤も忘れずに使用しておきましょう。梅雨時期は湿気が溜まりやすいです。梅雨明け頃に空気の入れ替えも兼ねて、一度取り出し乾燥させておけば一層良いですよ。

普段着よりも保管場所が「余った場所」になりがちなゴルフウェアですが、ぜひスペースを作って素材に合った場所へ保管しましょう。

冬物ゴルフウェアは立てて収納する!

たたむ場合に注意しておきたいのが「立てて収納する」という点です。
底の方から上に積み上げていくのではなく、横から横へ何が収納されているのか見える状態にします。

そうすることで、底の方のゴルフウェアが重みでペチャンコになるのを防げますし、虫食いの被害も防ぎやすくなります。(虫は下へと進んでいくことが多く、底から上へ収納していると全て食べ進められやすくなります)

立てた状態で、重みによるシワや型崩れを防止しましょう!

小物類は中に「あんこ」を入れて型崩れを防止!

バックや帽子などの小物類は、中に「あんこ」を入れるのがおすすめです。つまり、潰れ防止のために、内側に「新聞紙を丸めたもの」や「不要な服」などを丸めて入れておきましょう。

このあんこを入れておけば、バックが自立しやすくなりますし、帽子を重ねた時にも潰れにくくなります。

バックはかさばりやすくなってしまいますが、シワシワにはなりません。また重ねても潰れにくいのでぜひ試してみてくださいね。

クリーニングに出したゴルフウェアも注意!「乾燥が重要」

クリーニングから帰って来たアイテムたちは、ビニールのまま収納へしまうのではなく、半日程度は乾燥させておくのがおすすめです。

アウターや家では洗濯ができないニット類など、冬物はクリーニングに出すことも多くあります。
そんな時大量のクリーニングから帰って来たアイテムは、すぐに収納したくなりますがもしかしたらスチームの水分が完全に乾燥しきってはいない可能性があります。

ですので、一度ビニールを外した状態で乾燥させておきましょう。日陰の風通しの良い場所がベストです。

完了したら、ビニールを戻して収納しましょう。少し手間がかかってしまいますが、ぜひ対策しておきましょう!

まとめ

衣替え自体、手間がかかってしまうものです。ですがしまう時のケア方法によって、ゴルフウェアが長く着れるかどうかも変わります。

ぜひ、型崩れなどが起きないようバッチリケアしておいて、お気に入りのウェアを長く着用しましょう!
参考にしてみてくださいね。

夏物ウェアのしまい方に関することは以下の記事で詳しく紹介しています。こちらも併せてご覧になってみてください。

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

飛距離について考える

飛距離について考える

2020年、R&AとUSGAが年々伸び続ける飛距離についての懸念を表明しました。普段ドライバーの飛距離に悩む我々アマチュアにとっては縁の無い話に思えるかもしれませんが、そうでもありません。 …

2020/03/19|ゴルフウィズ編集部

みんなの憧れ?シングルプレイヤーってどんな人?

みんなの憧れ?シングルプレイヤーってどんな人?

ゴルフの超上級者の代名詞「シングル」これはハンディキャップが一桁のゴルファーのことを指します。プラスハンデというのもありますが、それを除けばハンデ0から9までの人たちです。一般のアマチュアにはなかなか …

2019/09/11|ゴルフウィズ編集部

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

ゴルフは、力や身長の差があるため断然男性が有利なスポーツです。 そのため、女性をレクチャーできるゴルフは男性の良い面を一気に見せられるデートになります。 今回は女性の目線から、女子がときめくゴルフデー …

2017/12/24|ゴルフウィズ編集部

TVでも良く出てくる難解な用語を解説!

TVでも良く出てくる難解な用語を解説!

テレビのゴルフ中継を見ていると、時々難しい専門用語が出てくることがあります。良くわからなくてもなんとなく見ていることはできますが、理解できればもっと楽しいかもしれません。ルール上の用語だったり、独特の …

2020/01/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフキャディの仕事をプロとして就業するには

ゴルフキャディの仕事をプロとして就業するには

実際ゴルフキャディになるには、どうすれば就業できるのか解説致します。体力とやる気さえあれば、専門的な資格は必要ありませんので、誰でも仕事にできます。特に接客業が得意な方は、向いている職業と言えます。 …

2018/11/05|ゴルフウィズ編集部

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

キャディーをつけてラウンドすると、今まで自己判断で気付くことができなかった、戦略方法やコースの状態など、答えを教えてもらうように、良く理解できるのでおススメです。有名選手のノウハウも知っているので、上 …

2018/10/02|ゴルフウィズ編集部

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ドライバーショットでは、地面に直接ゴルフボールを置いて、ショットしてもいいですし、ティーアップしてショットしてもいいですが、高さをどれぐらいにすれば、飛距離が出るショットになるのでしょうか?疑問を解説 …

2019/05/16|ゴルフウィズ編集部

まるで別天地!リゾート感溢れる関東のゴルフ場

まるで別天地!リゾート感溢れる関東のゴルフ場

ゴルフの魅力はたくさんありますが、広大な緑に囲まれた自然の中で1日が過ごせるのもその魅力のひとつでしょう。そんな中でも特にラグジュアリー感を強く演出したリゾートタイプのゴルフ場はまさに別天地!今回はそ …

2019/12/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

トップシーズンのゴルフ場に行くと、その緑の美しさに思わず息をのむことがあります。この自然の中を1日歩けるだけでも来たかいがあったと感じるほどですが、そのゴルフ場の芝生にはいくつか種類がありいろいろな工 …

2020/01/24|ゴルフウィズ編集部

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

暑くなりますと脱水症で、突然倒れてしまう人もいます。誰でも自分が倒れるなんて思っていませんが、ゴルフコースは交通不便な自然の中に作られていると、救急車もすぐ到着しません。自分で行う脱水症対策が必要です …

2019/03/05|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ