もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

大事なのは発想の転換!考え方を変えるだけで100は切れる

2019/06/18|ゴルフウィズ編集部

00切りできれば一人前。そんな言葉もあるくらい初心者の方にとって100切りはひとつの大きな目標といえるのではないでしょうか。
しかし、何年やっても100が切れないという方も少なくありません。
十分練習する時間が取れないから。毎週コースに行く余裕が無いから。
本当にそうでしょうか?今の実力でも発想を変えるだけでも実は100は切れるかもしれないのです。

100を切れないのはなぜか?

スコア100の壁を切る、というゴルフはどんなゴルフなのでしょうか?
ドライバーはまっすぐ飛んで、パー3ではワンオンして、たまに道中ミスがあって95くらい。
そんなイメージでしょうか?
実は、100を切れない一番の原因はこのイメージにあるのです。

もちろんある程度ボールは打てなくてはいけません。
毎回ダフリやチョロでは、どう頑張っても100は切れません。
しかし、そこそこに打つことができれば100は切れます。
にも関わらず毎回100を超えてしまうのは、コース攻略の考え方が悪いからなのです。

例えばドライバーのティーショットをフェアウェイに打って、パー5なら2打目をスプーンで、というのはドライバーやスプーンが打てる上級者の方の攻め方です。
初心者の方の多くは残り距離だけでクラブを決め、うまく打てないクラブを無理に振って、OBに打ち込んだり池にいれたりしてしまいます。
場合によっては中上級者でも選択しないようなクラブ選択をする初心者の方もいます。
そういったことを繰り返すために1ホールで9回、10回と打ってしまいスコアが崩れるのです。
ではもう少し具体的に考えてみましょう。

ティーショットはドライバーでなくても良い


スコアのことだけを考えるのであれば、実は初心者のうちはドライバーは不要です。
バックから抜いてしまっても構いません。
クラブの難しさは長さとロフトの量で決まります。
すべてのクラブの中で一番長く、一番ロフトの少ないドライバーはいうまでもなく一番難しいクラブです。
かんたんにいえば一番当たらず、一番曲がるクラブなのですから初心者の方がうまく打てないのは当たり前です。打てなければ打たなければ良いのです。
ひとつの例ですが、350ヤードのパ-4のホールでティーショットに7番アイアンを使ったとします。
150ヤード飛べば残りは200ヤード。次に120ヤードくらい打てば3打目はウエッジの距離です。
乗せて2パットならボギー。
これを続けて行けば90で回れます。
少し極端な例ですがパーオンではなくボギーオンで構わないとなれば、ティーショットはずいぶん気楽になると思いませんか?

<H2> 危険は徹底的に避けよう
初心者の方が大たたきしてしまう、もうひとつの原因はハザードでしょう。
ペナルティのある池はもちろんのことバンカーに入れてしまい出すのに2打3打とかかってしまうということもありますね。
「池のほうに曲げるのが悪い」「バンカーショットがうまくいかないのが悪い」と言ってしまえばそれまでなのですが、初心者の方は曲がるのが当たり前、バンカーもうまくいかないのが当たり前なのです。
ですから、ハザードに入れない工夫をすれば良いということになります。
そのためには「ハザードに届かないクラブを持つ」というのが大事です。
方向を間違えても、曲げてしまっても、そもそも距離が届かないクラブを持っていればハザードに入ることはありません。
女性であれば150ヤードくらい、男性なら180ヤードくらいの距離はうまくいけばグリーンに乗ることもある距離です。
花道が開けていれば狙っても良いかもしれませんが、手前にガードバンカーがあるようなケースでは潔く刻みましょう。
1打損するように感じるかもしれませんが、3回に1回成功するかしないかというショットをコースでやってしまうのはスコアを崩す大きな原因になります。
まずは安全に、という考え方でクラブを選びましょう。

まとめ


安全に自信のあるクラブだけを使って回るだけでスコアは確実に良くなります。
100切りもけして難しくはありません。
今の技術でも発想を変えるだけでスコアを良くすることはできます。
ただ、ゴルフはスコアがすべてではありません。
何発OBが出ても、ドライバーの会心の一撃が出た時の快感にはかえられない、というのも、もっともです。
自分が一番楽しめるゴルフを目指して、がんばってみてくださいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

キャディーをつけてラウンドすると、今まで自己判断で気付くことができなかった、戦略方法やコースの状態など、答えを教えてもらうように、良く理解できるのでおススメです。有名選手のノウハウも知っているので、上 …

2018/10/02|ゴルフウィズ編集部

イメージトレーニングに最適!家庭用ゴルフゲーム

イメージトレーニングに最適!家庭用ゴルフゲーム

ゴルフコースをラウンドした人も、まだコースデビューをしていない人も、コースをリアルに再現してあるゲームなので、ゲームですが勉強になります。この場面で使用する番手はこれがいいなど、イメージトレーニングに …

2018/12/13|ゴルフウィズ編集部

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

紫外線の影響があると目が悪くなりますし、皮膚が日焼けにより皮膚病になるかもしれません。UVカットアイテムを使用すれば、熱中症や脱水症状を、軽減するにも役立ちます。UVカットアイテムで、上手く防ぎます。 …

2018/07/06|ゴルフウィズ編集部

池ポチャにならない越えるための練習方法

池ポチャにならない越えるための練習方法

何故池を越えられないのか原因としては、池の大きさがどれぐらいか分からず、越えるために何ヤードのショットを打てばいいか、正確に判断できないことによります。池幅の距離を掴んで、越えられるショットを練習して …

2019/04/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフキャディの仕事をプロとして就業するには

ゴルフキャディの仕事をプロとして就業するには

実際ゴルフキャディになるには、どうすれば就業できるのか解説致します。体力とやる気さえあれば、専門的な資格は必要ありませんので、誰でも仕事にできます。特に接客業が得意な方は、向いている職業と言えます。 …

2018/11/05|ゴルフウィズ編集部

バーディーゴルフでスコアアップ!

バーディーゴルフでスコアアップ!

バーディーを取るために、必須で大事なゴルフプレイは、パッティングになってきます。簡単のように見えて実際やってみると、意外に難しく何回も転がしてしまい、カップインせずスコアを落とす、悪い原因になっていま …

2019/05/29|ゴルフウィズ編集部

プレッシャーに負けないゴルフメンタルトレーニング

プレッシャーに負けないゴルフメンタルトレーニング

練習では飛距離も出せて、スィングもいい感じでも、試合本番でスコアを落としてしまうのは何故でしょう。ゴルフボールを打つ前に、緊張して体が硬くなってしまったからです。メンタルが強い人であれば、筋肉も柔軟性 …

2018/09/25|ゴルフウィズ編集部

愛犬同伴で回れるゴルフ場が人気を集めているって本当?

愛犬同伴で回れるゴルフ場が人気を集めているって本当?

ゴルフは長時間家を空けることとなり、愛犬家の人なら心配に思うこともありますよね。 実はゴルフ場には、愛犬を預かってくれるシステムや、同伴でプレー出来るゴルフ場があるのです。 今話題沸騰中の、愛犬と回れ …

2018/01/01|ゴルフウィズ編集部

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

みなさんはショートコースは利用したことはありますか? その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。 普通のコースと比べると短く …

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

最初は遊びで始めたゴルフが、本格的なスポーツとして発展してきた歴史は、勉強すると面白い印象を受け、考え深いものがあります。子供の頃誰でも行うような遊びが、高額賞金をかけた競技に発展した、ゴルフの歴史を …

2018/12/06|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ