もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで怪我をしやすいのはどこの部分?その予防法を考える

2020/03/12|ゴルフウィズ編集部

スポーツの中でも、ゴルフは年齢を重ねてもできるというイメージがありますね!
体に負担も少なく怪我もしづらい印象があります。

テニスやサッカーなどのようにダッシュしたり、バスケットボールのように人とぶつかるスポーツではないですが、実はゴルフで怪我や故障はよくあることです。
どのような怪我があるのか、予防法も考えます。

ゴルフではどのような怪我や故障がある?

初心者かベテランかによっても怪我や故障は違いますが、大まかにどのような怪我が多いのか例をあげてみます。

【手のひらのマメ】
ゴルフを始めた方ならどなたも経験する、手のひらや指のマメ。
グリップの握り方に慣れていない状態で練習を重ねると、柔らかかった手のひらにマメができて、つぶれてしまうことも。
深刻な怪我ではありませんがとても痛いですよね!

【肘や手首】
肘や手首は初心者からベテランまで痛めやすい部位です。
特に初心者の場合、ボールが当たる衝撃に慣れていないところでダフってしまうと、肘や手首に負担がかかります。
そのまま続けると炎症を引き起こすこともありますね。
ベテランの方だとテニス肘や野球肘のように「ゴルフ肘」となる危険があります。

【首から腰までの痛み】
前傾姿勢を保って体を捻るゴルフでは、首から腰への負担がかかりやすいです。
特に痛めやすいのが、動きが多く要となる腰で、酷い場合はぎっくり腰や椎間板ヘルニアを引き起こすことも。

【膝や足首も】
肘や手首ほどでないにしろ、膝や足首も要注意です。
スイングで膝をキープする場面でしっかり支えられていないと膝下に負担がかかることも。

【肋骨にヒビ】
意外ですが、頑張って練習するあまり肋骨にヒビが入ることもあります。
繰り返し体を回転する動きによるのですが、筋肉痛ではないかと放置したり、レントゲンを撮っても骨折ではないので診断が難しかったりします。
ヒビが入ることもある、と認識しておく必要がありますね。

怪我や故障の予防と対処はどうする

【練習前とラウンド前の準備運動は入念に】
怪我をしないために、準備運動、特にストレッチはとても大切です。
ラウンドなどの朝早いゴルフでは、体が温まっていないと怪我をするばかりか良いスコアも生まれませんね。

ちょっとしたことですが、ゴルフの前にストレッチで体をほぐすのを習慣にしてください。
首から背中、腰、腕や手首足首、そしてアキレス腱などを特にほぐしておきましょう。
そしてラウンドの途中でも体が固まらないよう意識してほぐすようにしてみてください。

【日頃のストレッチと休息】
ゴルフは体の回転を使う動きをするので、体が柔らかいに超したことはありません。
怪我をしづらいですし、プレーの動きに幅が出ます。
一方体が硬いと回転の動きがやりづらく負荷がかかり、筋を痛めてしまいます。
日頃の生活の中でストレッチを取り入れて、体を少しでも柔らかく、可動域を広げるようにしましょう。

そして過度の練習やラウンドによって体を壊さないように適度に休息を入れましょう。
スコアアップのための練習はたくさんしたいところですが、練習と体のメンテナンスのバランスをとることで怪我のリスクを減らせます。

【無理をしないで病院へ】
入念なストレッチと休息を取り入れても、ゴルフ経験が長くなるとある程度の故障が避けられずつきものになってしまいますね。

もしラウンド後、違和感や痛みを感じた場合はためらわず病院に行くようにしましょう。
様子を見すぎると、症状が慢性化して故障とずっと付き合うことになることも。
スポーツ専門の外来などもあるので、あらかじめ調べておくと安心です。

まとめ

ゴルフで怪我を防ぐには、ストレッチがとても有効です。
ゴルフは他のスポーツと比べて、上達するのにある程度の経験を積まなければなりません。
そのため、練習が過度になったりラウンドを重ねて経験を積もうと頑張ってしまいます。

一歩足をとめて、練習とボディメンテナンスのバランスを上手くするよう努めてみてください。
そして違和感があればすぐ病院に足を運ぶようにしてくださいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

世界を驚かせた大谷翔平選手の飛ばしはゴルフでも参考になる!

世界を驚かせた大谷翔平選手の飛ばしはゴルフでも参考になる!

二刀流での活躍だけでなく、特大ホームランを量産して世界を驚かせている大谷翔平選手。 彼のバットの振りを見るとゴルフに通じるものがたくさんありそうですね! 特に、どうしたらあんなに飛ばすことができるのか …

2021/11/04|ゴルフウィズ編集部

もしもゴルフの会員権を買うなら押さえるべきポイントがある

もしもゴルフの会員権を買うなら押さえるべきポイントがある

密にならないスポーツとしてブーム再燃となったゴルフ。 その証拠に会員権の問い合わせも増えているそうです。 今や女性が会員権の購入をするというのもめずらしいことではないですね。もし購入を考えたなら押さえ …

2022/06/30|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ゴルファーの中には、ドライバーでもっと真っ直ぐ、そして飛距離を出すためにリシャフトを検討する方もいるでしょう。 工賃が高いのもあって、自分でリシャフトが出来るならば、やってみたいですよね。 そこで、気 …

2019/11/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンドで必要な水分や栄養は中身ととり方が大事!

ゴルフのラウンドで必要な水分や栄養は中身ととり方が大事!

ゴルフはテニスやサッカーのように激しく動くスポーツではないので、水分や栄養補給もつい後回しになってしまいますよね。 熱中症を防ぐためにも水分を意識してとる必要があります。 水だけをとればよいというわけ …

2020/08/26|ゴルフウィズ編集部

よく分からない「ゴルフ場利用税」を解説

よく分からない「ゴルフ場利用税」を解説

「ゴルフ場利用税」は基本的に、ゴルフ場を使用する人は支払う必要はありますが、非課税対象の方もいますし、課税されても軽減してもらえる都道府県もあります。課税される人と課税されない人と、違いは何か覚えてお …

2019/01/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブの種類と呼び方についてあらためて見てみよう!

ゴルフクラブの種類と呼び方についてあらためて見てみよう!

ゴルフコースでは14本までゴルフクラブを持ち運ぶことができます。 クラブの1本1本は顔も長さも様々ですね。 その中で、例えば1番長いものは1番ウッドで「ドライバー」と呼び、他にもそれぞれ違った呼び名が …

2020/10/02|ゴルフウィズ編集部

女性へのプレゼントに人気があるゴルフクラブ

女性へのプレゼントに人気があるゴルフクラブ

プレゼントに最適なゴルフクラブは、短い距離のショットで使用場面が多い、ウェッジがおススメです。これからゴルフを始める人にも、現在ゴルフを趣味にしている人にも、プレゼントとして、どちらにも最適な贈り物で …

2019/01/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブお手入れの仕方

ゴルフクラブお手入れの仕方

お手入れ用品はお金もかからないので、打ちっぱなしの練習をした後や、ラウンドした後すぐ綺麗にすることを、習慣づけて行います。日付が経過しますと、汚れが落ちなくなるかもしれません。早めのお手入れを心掛けま …

2018/11/30|ゴルフウィズ編集部

新型コロナウイルスの影響を受けたゴルフはその後どうなった

新型コロナウイルスの影響を受けたゴルフはその後どうなった

コロナ渦のゴルフシーンを振り返ると、ゴルフ場は安全で気分転換にもなることから、他のスポーツやレジャーに比べてあまり影響を受けなかったかもしれません。 それ以上にゴルフ人口は増えているといいます。 これ …

2022/02/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーの梅雨時のお悩みのひとつ「手足のむくみ」解消法

ゴルファーの梅雨時のお悩みのひとつ「手足のむくみ」解消法

ゴルフで気になることで「むくみ」がありますよね。 クラブを握る手がパンパンになったり、ラウンド後に靴下の跡がついたり帰りの靴がきつくて履きづらかったり。 むくみを感じるのは梅雨時は特に多いかもしれませ …

2020/07/08|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ