もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

2打罰でバンカーの外に! 2019年のゴルフ新ルールを上手く活用しよう

2019/07/08|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットが苦手なゴルファーにとっては、自分のボールがバンカーに入っているのを見るとなんとも憂鬱な気持ちになっちゃいますよね。「はぁ…うまく出せるかなぁ…」といったショットに対する不安だけでなく、「周りに迷惑をかけてしまったら嫌だなあ…」という気疲れもあるかと思います。

そんな方に朗報です!2019年から適用されたゴルフの新ルールでは、憂鬱なバンカーから打たずに脱出できるようになりました。この記事ではバンカーでの新ルールを使いこなす方法を解説していきます。ぜひ、お役立てください。

まずは、バンカーでの基本ルールをおさらい

バンカーに入れてしまったとき、2018年まで適用されていた従来ルールでは3つの選択肢がありました。

選択肢①バンカー内からそのまま打つ

これは一番多くの人が選ぶ選択肢ですね。そのままバンカーショットを打って脱出できるに越したことはありません。でも、砂ごと打たなきゃいけないバンカーでは、ヘッドを入れる位置やスイングの強さの調節が本当に難しい…。バンカーショットは初心者ゴルファーの悩みの種の代表格ですよね。

選択肢②アンプレヤブルで元の場所に戻って打ち直し(1打罰)

バンカー内から打ちたくない場合、アンプレヤブルを宣言して前打地点から打ち直すという選択肢もあります。プロの試合では、ボールがどうしても打てない位置に止まったときに、1打罰を受けての打ち直しをする光景も珍しくありません。しかし、プライベートなラウンドでは後ろの組も迫ってきていますし、戻って打ち直しをする暇なんてないですよね…。

選択肢③アンプレヤブルでバンカー内の別の場所からプレー再開(1打罰)

アンプレヤブルのもうひとつの選択肢として、1打罰でバンカー内の別の場所にドロップすることもできます。球がアゴに刺さって打てない時によく使われる処置です。

・ボールのあった位置から2クラブレングス以内のバンカー内にドロップしてプレー再開
・ボールとピンの後方線上の基点から1クラブレングスのバンカー内にドロップしてプレー再開

のいずれかを選べます。いくらか打ちやすいライにはなりますが、バンカー内から打たなければならない点は変わりません。そもそもバンカーショットを打ちたくない方にとっては無意味なルールです。

バンカーから2打罰で脱出する新ルールを使う方法

2019年からはバンカーでのプレーの選択肢が1つ増えました。それが、「2打罰でバンカー外からプレーできる」というルールです。早速、この神ルールを使う手順を3ステップで解説していきます。

ステップ①アンプレヤブルを宣言する

まずは、アンプレヤブルの処置を受けることを同伴者に宣言します。簡単に言えば、「2打罰でバンカーの外からプレーするルールを使います」と一緒にラウンドしているプレイヤーに伝えるということですね。

アンプレを伝えずにいきなり球を拾い上げてしまうと、同伴者はびっくりしますし、ルール上では1打罰の対象となってしまいます。バンカーから2打罰で脱出するルールを使うときは、必ず同伴者に伝えるようにしてくださいね。

ステップ②バンカー外に救済の基点を決める

アンプレを宣言したら、救済の基点を決めます。まずは球があった位置とピンを直線で結びます。その直線の後方線上かつバンカーの外に救済の基点を設定し、ティーなどでマークします。

ステップ③基点から1クラブレングス以内の範囲にドロップ

マークした基点に向けて膝の高さから球をドロップします。基点から1クラブレングスの範囲内に球が止まれば、そのままプレーを再開。球が1クラブレングスの範囲外に出た場合は、もう一度ドロップします。それでも1クラブレングス内に球が止まらない場合は、ドロップしたときに球が最初に接地した点に球をそっと置いてプレーを再開します。

まとめ

今回はバンカーから2打罰で脱出できる新ルールについて解説してみました。もしかしたら、「手順が複雑で面倒くさいな」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

確かに文章で解説されると難解に感じるものですが、実際にコースでやってみると大したことはありません。プライベートなラウンドでは「1クラブレングスがどうのこうの…」なんて言う方はいないでしょうから、ぜひ気軽に新ルールを使ってみて下さいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

雨の日のラウンドに対応するポイントは?

雨の日のラウンドに対応するポイントは?

ゴルフは自然を相手にするスポーツなので、雨の日救済のゴルフルールがあります。自分で雨の日用のスィングを工夫したり、レイングッズを上手く活用するなどして、晴れの日と同じぐらい良い状態で、ラウンドできると …

2019/02/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフをしていると、ゴルフボールが林に入ってしまうがよくあります。林の中はフェアウェイやラフとは違い、悪条件のオンパレードです。整っていない地面はもちろん、根っこが飛び出していたりしており、厄介です。 …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に誰かが打っている時にやってはいけないこととは

ゴルフ中に誰かが打っている時にやってはいけないこととは

ゴルフ中は他人のショットを見ている時間があります。ただ見ているだけなら問題ないのですが、気をつけないと妨害行為をしてしまうかも知れません。初心者の場合だと、ついつい気がつかずに妨害をしてしまうこともあ …

2017/09/17|ゴルフウィズ編集部

紫外線が気になる季節こそサングラスが大切!マナーとは?

紫外線が気になる季節こそサングラスが大切!マナーとは?

日本人の目は比較的紫外線にも強いと言われていますが、眉付近のくぼみが少ないので入ってくる紫外線も多いと言われています。長時間外でプレーを続けるゴルフでは、目を保護するのも病気を防ぐためにもとっても大切 …

2018/05/15|ゴルフウィズ編集部

実は大切なマナー!バンカーの正しいならし方を覚えよう!

実は大切なマナー!バンカーの正しいならし方を覚えよう!

できれば入りたくないけどゴルフをしている限りは避けられないバンカー。 実はそのバンカーには打った跡のならし方や、砂をならす道具であるレーキの置き方にマナーがあるのはご存知でしょうか。 初心者の方は周り …

2018/05/24|ゴルフウィズ編集部

グリーン上のマナー?お先にとオッケーを再確認しましょう

グリーン上のマナー?お先にとオッケーを再確認しましょう

グリーンでプレーしていると遠い人から順番に打つはずなのに、近い人が「お先に」と言って打つことがあります。 また「それオッケーでいいよ」とカップインまであと少しだけども、入ったことにしてくれる場合もあり …

2018/03/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中覚えておいたら尊敬されるマナーとは?

ゴルフ中覚えておいたら尊敬されるマナーとは?

ゴルフは紳士のスポーツです。ルールと同様にマナーを守ることも重要とされています。そのため、ゴルフ場にはさまざまなマナーが存在しています。マナーを守るのもゴルフの1つです。しっかり守りましょう。 ただ、 …

2017/09/20|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!他人が1打目を打つ際のマナーとは?

初心者必見!他人が1打目を打つ際のマナーとは?

ゴルフで最も緊張する1打目。ここでミスするとスコアに影響が出てしまう上に、そこから先のメンタル面でのコンディションを悪化させてしまう可能性があります。そのため、ミスをしないようかなりの集中力を使って打 …

2017/10/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでコースを回る際やっては行けないマナー違反は?

ゴルフでコースを回る際やっては行けないマナー違反は?

ゴルフとは紳士のスポーツです。そのため、ルールを守る以上に、マナーを守ることも大切とされています。 それほど、マナーはゴルフにとって大きな意味を持ちます。プレー中のマナー、そして来る際の格好も指定され …

2017/09/01|ゴルフウィズ編集部

名門コースでのファッションマナーを事前に理解しておこう!

名門コースでのファッションマナーを事前に理解しておこう!

ゴルファーにとって憧れである、名門コース。 TPOに合わせて、コースを選ぶ人も増えています。 以前は接待専門だったゴルフ場も、ビジター客を歓迎してくれるようになってきています。 今回は名門コースを訪れ …

2017/11/12|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ