もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

女子プロゴルファーになるため必要な費用

2018/11/12|ゴルフウィズ編集部

趣味としてゴルフを楽しむのは、最初にゴルフ用品を揃えてしまえば、思ったほど費用はかかりませんが、プロのゴルフ選手を目指すなら、ある程度予算は必要です。かけたお金と技術が伴うとは言えないので、努力で上達する姿勢が大事です。

幼い子供の頃より始めると1000万円以上

プロのゴルフ選手になるには、なるべく幼い子供の頃より、始める方が習得も早いですし、遊び感覚で楽しくゴルフをするので、上達もできます。お金をかければその費用に比例して、必ず上手くなるとは言えませんが、試合に強くなるためには、なるべく多くコースをラウンドする必要があり、国内だけでなく海外にも行って練習となると、それなりに費用はかかります。

普段は自宅でスィングの練習をしたり、打ちっぱなし練習場で練習することになりますので、ゴルフ用品を揃えてゴルフウェアなども、定期的に買い換えていけば、年間約10万円以上は費用として用意する方がいいでしょう。これは自分で練習を行う場合で、親がゴルフの上手い人であれば、親にコーチになってもらえるので、費用もあまりかかりません。

ゴルフスクールには、専属契約でプロのゴルフ選手が、在籍している場合も少なくないので、このような本格的ゴルフスクールに通うとなると、もう少し費用はかかってきます。やはりプロゴルファーを目指したいなら、現役のプロ選手に指導してもらう方法は、確実に上達できいいでしょう。コースごとのスコアアップのための、戦略も立てることができるので、強いゴルファーに育ててもらえることが期待できます。

プロになるためのテスト費用も含めますと、1000万円以上は費用がかかります。ですがいきなり最初に、1000万円用意しなければいけないわけではないので、なんとかなる予算と言えるのではないでしょうか。費用がかかるので、高校生になったら本格的に始めようと考えるより、女子プロゴルファーになると決意したら、すぐ始めた方がいいでしょう。

遠征練習のための交通費や宿泊代などが意外にかかる

いつも同じゴルフコースで、練習ラウンドするわけにはいかないので、遠い県のゴルフコースにも行くことになります。なるべくいろんなゴルフコースをラウンドすることで、本番の試合に、強い人にならなければいけません。遠征すれば交通費や宿泊費などが、何十回も回数を重ねますと、経費として意外にかかるなと気付きます。

月1回はコースをラウンドするとして、親も一緒に付き添うとなると、年間約60万円ぐらいは、準備しておくといいかもしれません。年に1回は海外のゴルフコースを、ラウンドする予定として計画すると、年間約100万円は用意しておくといいでしょう。外国選手に対して強くなるためには、海外ゴルフコースを、ラウンドするのは必須となってきます。

少しずつ英会話も学習できますので、外国の方と簡単でもいいので、コミュニケーション力を身に付けますと、現地の雰囲気を掴めますし、度胸もついていい意味で海外慣れしてきます。海外の選手より技術を、見て学ぶチャンスもありますので、将来女子プロゴルファーになったら、子供の頃の海外での経験が活かせて、良いプレイを発揮できます。

まとめ

自宅より近い打ちっぱなしの練習場で練習するだけなら、それほど費用はかかりません。ですが、本番に強い女子プロゴルファーになるためには、国内と海外のゴルフコースでラウンドする必要があり、交通費や宿泊費が意外にかかってきます。海外での練習ラウンドは、確かに費用がかかってしまいますが、経験としてはなるべく多い方がいいでしょう。海外のゴルファーより、習得できる技術もあり勉強になるかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

女子プロゴルフ界のファッションリーダー!上田桃子選手

女子プロゴルフ界のファッションリーダー!上田桃子選手

上田桃子選手は21歳の史上最年少で賞金女王に輝き、アメリカの女子ツアーに宮里藍選手らと挑戦した実力派です。 またオシャレ女子プロゴルファーの先駆者であり、ファッションリーダーの一面もあります。 201 …

2018/03/26|ゴルフウィズ編集部

【国内男子】大混戦の末 片岡大育が涙の逆転優勝

【国内男子】大混戦の末 片岡大育が涙の逆転優勝

アジアンツアーとの共同開催になるアジアパシフィックダイヤモンドカップの最終日が千葉県のカレドニアンGCで行われた。 優勝すると日本ツアーとアジアンツアーの両方のシード権が得られる今大会は、アジアンツア …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】畑岡奈紗が宮里藍を抜き最年少で2勝目

【国内女子】畑岡奈紗が宮里藍を抜き最年少で2勝目

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最終日が宮城県の利府ゴルフ倶楽部で行われた。 2日目、8バーディー、ノーボギーの大爆発で永峰咲季と並び首位に躍り出たホストプロの畑岡奈紗。 この日も8バーディー1 …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

国内女子メジャー 畑岡奈紗が独走で連覇 2週連続優勝の快挙

国内女子メジャー 畑岡奈紗が独走で連覇 2週連続優勝の快挙

国内女子メジャー、日本女子オープンの最終日が千葉県の安孫子ゴルフ倶楽部で行われた。 13アンダーのトップからスタートした畑岡奈紗が差を広げて独走。 最終日7アンダーのトータル20アンダー。 宮里美香が …

2017/10/01|ゴルフウィズ編集部

史上初の父娘優勝 川岸良兼の娘 川岸史果が逆転でツアー初優勝

史上初の父娘優勝 川岸良兼の娘 川岸史果が逆転でツアー初優勝

日本列島が台風の中、国内女子ツアー第28戦 マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日 が行われました。 場所は愛知県の新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6397yd(パー72)で行われ、悪天候 …

2017/09/17|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】最年少でツアー初優勝!18才の畑岡菜紗ってどんな子?

【国内女子】最年少でツアー初優勝!18才の畑岡菜紗ってどんな子?

大型新人、畑岡奈紗はミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで早速見せてくれた。宮城県の利府ゴルフクラブで開催されたこの大会で、二位と4打差の13アンダーでツアー2勝目を決めた。畑岡は18歳と254日。プ …

2017/09/26|ゴルフウィズ編集部

小倉彩愛はアマ史上最少スコア!JK旋風から目が離せない

小倉彩愛はアマ史上最少スコア!JK旋風から目が離せない

10月1日に最終日を迎えた「日本女子オープンゴルフ選手権」は優勝した畑岡奈紗の歴史的な活躍で話題になっているが、この大会ではもう一人すごい10代がいる。しかも18才の畑岡より若い17才。現役女子高校生 …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】最終日まで混戦!日本女子プロを制したのは?

【国内女子】最終日まで混戦!日本女子プロを制したのは?

9月7日に始まった第50回「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円)は9月10日に最終日を迎えた。三日目を終わった時点で、李知姫は通算3アンダーで首位タ …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

ドライバーもキャラも男前!かわいこちゃんハンター成田美寿々選手

ドライバーもキャラも男前!かわいこちゃんハンター成田美寿々選手

成田美寿々選手は持ち前の鍛えられた体で放つドライバーショットを得意とし、しかも今年はどんなドライバーを選ぶのか?と話題になる選手です。 一般の方には馴染みの無い小さな地方メーカーのクラブを使ったり、サ …

2018/05/01|ゴルフウィズ編集部

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

国内女子メジャーの今季2戦目、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は、日本ツアー参戦18年目のベテラン、李知姫(イ・チヒ)が制した。 岩手県で25年ぶり開催の地、安比高原ゴルフクラブは朝から濃霧と雷雨が …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ