もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

シーズンの初めを飾るメジャー、マスターズ

2020/03/11|ゴルフウィズ編集部

その年の最初のメジャートーナメント、マスターズ。4月の開催ですので、日本でもマスターズが始まると本格的なゴルフシーズンが始まったように感じます。他のメジャーとは一味違う魅力あふれる大会マスターズの楽しさをお話してみたいと思います。
特に今回は競技面以外のトピックを拾ってみたいと思います。

予選のない招待大会。開催コースも毎年同じ

マスターズが他のトーナメントと大きく違う点は、予選というものが無い点でしょう。もともとボビー・ジョーンズが世界の名手(マスター)達を招待して開催した大会ですので、今でもその伝統は守られています。もちろん基本的には前年の成績何位まで、といったような決まりごとがありますので、出場できるかどうかは事前にわかりますが、いずれにせよ世界のトップの選手が一同に会する大会になっています。
また、他のメジャー大会にないもうひとつの大きな特徴は開催コースが毎年同じコースだということです。ジョージア州にあるオーガスタナショナルは、まさにマスターズのためにあるコースといっても過言ではないコースです。
厳格なメンバーシップコースで、会員数はわずか300名と言われており、1年の大半はクローズされマスターズのためにコースが整備されます。
世界のトッププロといえどもおいそれとラウンドできるコースではありませんから、当然マスターズの出場回数の多い選手が経験値として有利になる大会でもあります。

パー3コンテスト

ゴルフの祭典、マスターズにふさわしい行事として親しまれているのが、大会に先だって開催されるパー3コンテストです。
オーガスタで開催されるわけではなく隣接する9Hのショートコースで開催されます。
選手の家族などがキャディとして帯同するのがならわしとなっており、帯同する家族はマスターズのキャディと同じウエアと帽子を着用することができます。
さらに、最終の9番ではキャディである家族がショットすることが許されています。
日本の宮里優作プロが出場した時は、引退した宮里藍さんがキャディを務め、9番でショットしています(ちなみに結果は池ポチャでした)
なかなか手に入らないマスターズ本戦のチケットを持たない人たちが世界最高の選手たちを見ようと、このパー3コンテストにやってきます。
また、マスターズは一度優勝すると生涯の出場権が獲得できます。往年の名選手たちは、もちろん年齢的に本戦で上位にくることはありませんが、このパー3コンテストにお子さんやお孫さんを帯同して参加したりしますので、ファンにはたまりませんね。
パー3コンテストには実はジンクスがあり、パー3コンテストに優勝した選手は本戦では優勝できないと言われています。そういった逸話があるのも歴史を感じさせますね。

チャンピオンズディナー

マスターズウィークの火曜日には毎年開催されるチャンピオンズディナーという催しがあります。文字通り過去の優勝者が一同に会するディナーでタイガーウッズは怪我でマスターズに参加が出来なかった時でも、チャンピオンズディナーには出ていたということです。
このディナー、なんとメニューは毎年前年のマスターズチャンピオンが考えることになっています。
ちなみにタイガーウッズが初めてマスターズを制した翌年のチャンピオンズディナーは、ハンバーガーだったそうです。

美しい花が咲き誇る18ホール

テレビ観戦していると、マスターズがもっとも美しく映るかもしれません。各ホールにはそれぞれ花の名前のニックネームがついており、その花が美しく咲き誇っていて、美しい緑、木々と見事に調和しています。
17番ホールにはアイクズツリーと言われる木がティーショットのときに目に入ります。この木は、かつてオーガスタナショナルのメンバーだったアイゼンハワー大統領がティーショットで、この木にぶつけるため切ってくれ!と理事会に頼んだという逸話のある木です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。高速グリーン、アーメンコーナーなど競技面でももちろん興味のつきないマスターズトーナメントですが、まさにゴルフの祭典と呼ぶにふさわしいさまざまな伝統があります。
そういったことも頭の片隅にいれて、マスターズ観戦されると楽しみも倍増するかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

【海外男子】2017 ザ・ノーザントラスト 事前情報 松山英樹がランキング1位で出場

【海外男子】2017 ザ・ノーザントラスト 事前情報 松山英樹がランキング1位で出場

2017年もこの季節がやって参りました。 2017年レギュラーシーズンも終わり、プレーオフシリーズ初戦 2017 ザ・ノーザントラストが今月24日に開幕されます。 まず簡単にプレーオフシリーズについて …

2017/08/23|ゴルフウィズ編集部

マスターズ勝利でグランドスラム!ローリー・マキロイに注目

マスターズ勝利でグランドスラム!ローリー・マキロイに注目

ゴルフのグランドスラムに挑む北アイルランドのローリー・マキロイ。 男子ゴルフの世界ランキング1位に返り咲きした勢いで、達成すれば史上6人目となる、6度目の挑戦となります。 マスターズの開催の時期がスラ …

2020/07/16|ゴルフウィズ編集部

【石川遼】入れ替え戦で勝ち取れ!来年のPGA出場権

【石川遼】入れ替え戦で勝ち取れ!来年のPGA出場権

石川遼に関するニュースで、最近入れ替え戦という言葉をよく聞きます。この入れ替え戦とは何なのでしょう? これは来年のPGA出場権をかけた戦いです。PGAツアーはメジャー4戦も含めて大きな大会が36戦もあ …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

【プレジデンツカップ】米チームはトランプ大統領に抗議せず

【プレジデンツカップ】米チームはトランプ大統領に抗議せず

男子ゴルフの世界選抜vs米国選抜の対抗戦、ザ・プレジデンツカップが現地28日に開幕する。 戦いの地、リバティナショナルGCはマンハッタンに至近しており、多くの選手が人気番組に出演。 その中で、どのメデ …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

松山英樹、世界ランク3位をキープ!先週今季初Vの小平は78位

松山英樹、世界ランク3位をキープ!先週今季初Vの小平は78位

10月2日付けの最新の世界ランキングが発表された。前週の「トップ杯東海クラシック」で今季初優勝を飾った小平智が19人抜きで78位に浮上した。松山英樹は、三位で変わらず。一位はダスティン・ジョンソン、二 …

2017/10/04|ゴルフウィズ編集部

マスターズはレフティーが有利?

マスターズはレフティーが有利?

マスターズの歴代優勝者を見てみるとレフティー選手の優勝者を見かけることが多いです。 多いというのは比率で見た話なのですが…プロゴルファーの多くは右打ちであることが多く、レフティーの選手は珍しい傾向にあ …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

【海外男子】松山英樹、年間最優秀選手の候補に選ばれる!

【海外男子】松山英樹、年間最優秀選手の候補に選ばれる!

今週末に世界選抜対米国選抜の夢の競演と言われる「プレジデンツカップ」を控える松山英樹は、今年米メジャーで活躍した選手に贈られる年間最優秀選手の候補に挙げられた。 年間最優秀選手に贈られる「ジャック・ニ …

2017/09/26|ゴルフウィズ編集部

松山英樹 結婚そしてパパに

松山英樹 結婚そしてパパに

松山英樹選手が全米プロゴルフ選手権終了後に各メディアに「結婚」と「第1子誕生」の報告をされていることが分かりました。 とにかく本当におめでとうございます! 全米プロゴルフ選手権では5位Tに終わりました …

2017/08/18|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】入替戦3戦目 石川遼は33位で最終戦へ

【米国男子】入替戦3戦目 石川遼は33位で最終戦へ

来期のPGAツアー出場権をかけたウェブドットコムツアー・ファイナルズ。 全4戦の3試合目、DAP選手権の最終日が現地24日にオハイオ州のカンタベリーGCで行われた。 今期のPGAフェデックスランク、1 …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

タイガーウッズの復活スィングをお手本にしよう!

タイガーウッズの復活スィングをお手本にしよう!

40代という年齢で復活優勝を達成したタイガーウッズは、本当にすごいの一言が似合います。スランプを脱出できた道のりは、決して平坦ではありませんでしたが、復活した新しい技術は2度と忘れないので、今後も楽し …

2019/05/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ