もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ 好きなら知っていたい歴史的名選手達

2020/06/18|ゴルフウィズ編集部

どんなスポーツでも、歴史的に名前の残る選手というのがいます。それはゴルフも然りです。ページの制限があるのであまり大勢を載せることはできませんが、そんな名選手、名プレイヤーのうち何人かをピックアップしてみたいと思います。

ボビー・ジョーンズ

ゴルフの歴史の中で唯一年間グランドスラム(その年に開催されたメジャー大会すべてに優勝する)を達成した選手で「球聖」と呼ばれています。
生涯プロに転向することなくアマチュアで通した選手で引退後にマスターズトーナメントを創設、またマスターズが開催されるオーガスタナショナルゴルフクラブの設計にも関与しています。

ジャック・ニクラス

1960年代から80年代に活躍した選手で、史上最高のプロゴルファーとも言われています。同時代のアーノルド・パーマーらと共に大活躍をしてプロゴルフをメジャーなスポーツにした功績は大変なものがあります。
メジャー通算優勝18回という記録はいまだ破られていませんが、特に有名なのは1986年のマスターズの優勝でしょう。年齢的な衰えもあり1980年を最後にメジャーでの優勝がなかったニクラスが8年ぶりに息子さんをキャディに従えて史上最年長で成し遂げたこの優勝の時にはオーガスタナショナルに「Jack is back!」の歓声が響き渡ったと言われています。

アーノルド・パーマー

ジャック・ニクラスと同じ時代のスターで、どちらかというと緻密で神経質なイメージがあるニクラスに対して豪放磊落で超攻撃的なゴルフをするキャラクターで庶民層に人気が高かった選手です。熱狂的なファンが多く、今でいう「追っかけ」的な彼のファンは「アーニーズ・アーミー」と呼ばれていました。
彼が好きだったアイスティーとレモネードを混ぜたノンアルコールドリンクが「アーノルド・パーマー」という呼称で定着していることなどからも、その人気がうかがわれます。

アニカ・ソレンスタム

全米女子で通算72勝をあげゴルフ殿堂入りを果たしたスゥエーデンの選手です。日本で唯一開催される全米女子プロゴルフの公式戦TOTOジャパンクラッシック(当時はミズノクラッシック)で、なんと5連覇を達成しており、そのことからも特に日本での知名度が高い選手でもあります。

岡本綾子

最近ではテレビのゴルフ中継の解説者として知っている人も多いのではないでしょうか。日本人の女子としてははじめてアメリカのLPGAに正式に参戦した選手で、アメリカでは通算17勝をあげ1987年に、はじめてLPGAでアメリカ人以外で賞金女王になった選手です。驚くほど柔らかい流れるようなスイングリズムが特長です。

タイガー・ウッズ

現代のゴルフ界のカリスマ中のカリスマ。2019年に日本で開催されたZOZOチャンピオンシップで、サム・スニードが1965年に達成したPGAツアー通算82勝に並びました。年間グランドスラムこそないもののメジャー優勝はジャック・ニクラスの18勝につづく15勝で2位、生涯獲得賞金も1億ドルを突破して1位です。
1987年にマスターズで優勝してから2008年までにメジャーを15勝する神がかり的な強さを見せていましたが、その後度重なる故障やスキャンダルでツアーから遠ざかってしまいます。しかし見事復活を果たし2019年にマスターズを制しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。名前くらいは聞いたことがある選手が多かったのではないかと思います。
日本の選手も特に女子は渋野日向子プロがメジャー制覇するなど若い選手で力のある選手が出てきていますので、いつの日か歴史に名前が残るような活躍をしてもらいたいと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

【米国男子】松山英樹プレーオフ第三戦!上位70人による「BMW選手権」

【米国男子】松山英樹プレーオフ第三戦!上位70人による「BMW選手権」

米国男子プレーオフ第三戦となる「BMW選手権」は、今年はイリノイ州のコンウェイファームズGCで開催される。この大会に参加するのは、第二戦の「デルテクノロジーズ選手権」を終えた時点のフェデックスカップポ …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

タイガーウッズの復活スィングをお手本にしよう!

タイガーウッズの復活スィングをお手本にしよう!

40代という年齢で復活優勝を達成したタイガーウッズは、本当にすごいの一言が似合います。スランプを脱出できた道のりは、決して平坦ではありませんでしたが、復活した新しい技術は2度と忘れないので、今後も楽し …

2019/05/20|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】入替戦3戦目 石川遼は33位で最終戦へ

【米国男子】入替戦3戦目 石川遼は33位で最終戦へ

来期のPGAツアー出場権をかけたウェブドットコムツアー・ファイナルズ。 全4戦の3試合目、DAP選手権の最終日が現地24日にオハイオ州のカンタベリーGCで行われた。 今期のPGAフェデックスランク、1 …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

エビアン初日 宮里藍は6ホールプレー後に悪天候で仕切り直し

エビアン初日 宮里藍は6ホールプレー後に悪天候で仕切り直し

フランスの南東部、エビアンの天候は荒れていた。 エビアン・リゾートGCで行われた海外女子第5のメジャー、エビアン選手権初日は悪天候のため、半数の組がスタートできない波乱の幕開けに。 9ホール消化できた …

2017/09/15|ゴルフウィズ編集部

小倉彩愛はアマ史上最少スコア!JK旋風から目が離せない

小倉彩愛はアマ史上最少スコア!JK旋風から目が離せない

10月1日に最終日を迎えた「日本女子オープンゴルフ選手権」は優勝した畑岡奈紗の歴史的な活躍で話題になっているが、この大会ではもう一人すごい10代がいる。しかも18才の畑岡より若い17才。現役女子高校生 …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

【石川遼】アメリカで勝つために!とりあえずコーチはどうする?

【石川遼】アメリカで勝つために!とりあえずコーチはどうする?

もともと父親がコーチとして石川遼を育てたわけだが、最近は石川がコーチをつけずに独自のやり方でゴルフをしている。現在たまたまコーチが不在なわけではなく、石川にとってコーチは不要なので、コーチをつけていな …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】畑岡奈紗が宮里藍を抜き最年少で2勝目

【国内女子】畑岡奈紗が宮里藍を抜き最年少で2勝目

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最終日が宮城県の利府ゴルフ倶楽部で行われた。 2日目、8バーディー、ノーボギーの大爆発で永峰咲季と並び首位に躍り出たホストプロの畑岡奈紗。 この日も8バーディー1 …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】入替戦2戦目 石川遼は9位で次戦に望み

【米国男子】入替戦2戦目 石川遼は9位で次戦に望み

来期のPGAツアー出場権をかけたウェブドットコムツアー・ファイナルズ、全4戦の2試合目。 今期のPGAフェデックスランク、125位以内であれば来期の出場権が確保されるが、石川遼は175位で終了。 この …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

【石川遼】入れ替え戦で勝ち取れ!来年のPGA出場権

【石川遼】入れ替え戦で勝ち取れ!来年のPGA出場権

石川遼に関するニュースで、最近入れ替え戦という言葉をよく聞きます。この入れ替え戦とは何なのでしょう? これは来年のPGA出場権をかけた戦いです。PGAツアーはメジャー4戦も含めて大きな大会が36戦もあ …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】最終戦の優勝はシャフリー 年間王者はJ.トーマス

【米国男子】最終戦の優勝はシャフリー 年間王者はJ.トーマス

米国男子のシーズン最終戦、プレーオフ4戦目のツアー選手権最終日が現地24日にジョージア州のイーストレイクゴルフクラブで行われた。 トップで出たポール・ケーシーがスコアを伸ばせず、年間王者がホールごとに …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ