もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

あらためてマスターズ優勝がどれほどの快挙なのか振り返る

2021/07/01|ゴルフウィズ編集部

2021年最初のメジャートーナメントで松山英樹選手がついに日本人としてはじめてグリーンジャケットに袖を通しました。ゴルフに精通している方であれば、これがどれほどの快挙であるかはおわかりかと思います。
優勝決定後に実況席が全員泣いていたくらい日本のゴルフの歴史に残る大快挙であるのですが、あまりお詳しくない方のために、あらためて少しご説明してみたいと思います。

絶対にありえないと思えるほどの難関

筆者がマスターズの中継を見るようになったのはいつのことだったか、もう覚えていませんが30年くらいは経っているかと思います。
筆者にとってマスターズというのは世界のトップ中のトップの選手の激闘を楽しむものであって、日本人選手の活躍を応援するというものではありませんでした。
もちろん活躍を願いはしますが、こと優勝となるとあまりにも非現実的でした。
筆者はサッカーを見るのも好きなのですが、自分が生きている間に日本がワールドカップで優勝することとマスターズで日本人選手が優勝することを見ることはかなわないだろうと思っていました。
松山が優勝するまで日本人の最高位は伊沢利光選手と片山晋呉選手の4位ではありましたが、正直優勝の可能性を感じさせるものではなく、伊沢選手はタイガー・ウッズと6打差片山晋呉選手はアンヘル・カブレラと2打差でした。

日本人選手の挑戦の歴史

日本人選手がはじめてマスターズに出たのは1936年ですので優勝まで85年かかったことになります。日本の男子ツアーの全盛期の青木功、ジャンボ尾崎、中嶋常幸といった選手たちは日本国内では無類の強さを見せていましたがマスターズではまったくといっていいほど歯が立ちませんでした。
また最近10年では松山選手を除くと予選通過して3日目まで進めた選手は15人中6人のみ。メジャートーナメントがあるたびに日本人選手を外国の選手のレベルの差を見せつけられ続けたことが日本の男子ツアーの人気の凋落の原因のひとつになっていることは間違いないでしょう。

世界のトッププロも簡単には攻略できないオーガスタ

オーガスタナショナルはそう簡単にラウンドできるコースではありませんので日本のアマチュアゴルファーでプレーしたことがある人はほとんどいないと思いますが、良く言われるのが日本で平均スコア70台くらいのトップアマチュアやレッスンプロクラスの人が回っても、まず100は切れないだろうというくらいの難しさです。
テレビで見ると美しいフェアウェイでわかりにくのですが(ちなみに最終日でもフェアウェイが全面緑に見えるのは、緑色に着色された目土を使っているからです)平らライはほとんどないといわれるくらいうねっていて常に微妙な傾斜からグリーンへのショットを要求されます。グリーンは硬く速いので高い球で適度なスピンでグリーンに打たないと止まりません。落とし場所や高さだけでなくバックスピンの回転数もコントロールする必要があるのです。

プロならば一番勝ちたいメジャー

マスターズは歴史的にも立ち位置的にも他のメジャー大会とは一線を画する大会で、メジャーの中のメジャーと言われます。世界のトッププロがどうしても勝ちたいトーナメントであり、どの選手も最高の準備をして臨みます。
つまりそれだけ勝つのが大変な大会であるといえます。そんなトーナメントを日本人選手が制したというのは本当に素晴らしい出来事でしょう。

まとめ

コロナの影響で秋に延期になった2020年の大会とは違い、パトロンも入場しての2021年大会でしたが人数制限があるため最終日の18番のグリーン周りが少し寂しかったのが唯一残念でした。満員の中万雷の拍手に迎えられて18番グリーンに上がって欲しかったな、と思いました。
マスターズチャンピオンになったという自信はとてつもないものでしょうから、これからの松山選手、まだまだメジャーに勝ってくれそうな気がします。期待して見ていきたいと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

日本初の米シニア、JAL選手権はモンゴメリー優勝で幕を閉じた

日本初の米シニア、JAL選手権はモンゴメリー優勝で幕を閉じた

米国シニア(PGAチャンピオンズツアー)の日本初開催、JAL選手権の最終日が10日、千葉県の成田ゴルフ倶楽部で行われ、コリン・モンゴメリーが初代優勝者となった。 モンゴメリーは、「日本で初めての米国シ …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

【国内男子】2017年 ISPSハンダゴルフマッチプレーの王者は44才の片山晋呉!

【国内男子】2017年 ISPSハンダゴルフマッチプレーの王者は44才の片山晋呉!

千葉県市原市の浜野ゴルフクラブで開催された「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、14年ぶりに復活したマッチプレーの大会だ。国内ツアー最高賞金2億1,000万円の大会で、優勝するまでに全7試合という長 …

2017/09/12|ゴルフウィズ編集部

米国男子の来シーズンスケジュールが発表 過去最多賞金に

米国男子の来シーズンスケジュールが発表 過去最多賞金に

USPGAの来期シーズンが発表された。 主なポイントは、韓国とドミニカ2試合の追加。 済州島で2017年10月19日から行われるCJカップは韓国初開催のPGA公式試合となる。 ドミニカで行われるCor …

2017/09/20|ゴルフウィズ編集部

松山英樹 結婚そしてパパに

松山英樹 結婚そしてパパに

松山英樹選手が全米プロゴルフ選手権終了後に各メディアに「結婚」と「第1子誕生」の報告をされていることが分かりました。 とにかく本当におめでとうございます! 全米プロゴルフ選手権では5位Tに終わりました …

2017/08/18|ゴルフウィズ編集部

松山プロのように「ローアマ」その後のマスターズ優勝は6人

松山プロのように「ローアマ」その後のマスターズ優勝は6人

2021年マスターズ・トーナメントを制覇し、グリーンジャケットに袖を通した松山英樹プロ。 彼の偉業の知らせと共に「ローアマ」という言葉を耳にしたのではないでしょうか。 ローアマを成し遂げて、その後優勝 …

2021/07/19|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】最終戦の優勝はシャフリー 年間王者はJ.トーマス

【米国男子】最終戦の優勝はシャフリー 年間王者はJ.トーマス

米国男子のシーズン最終戦、プレーオフ4戦目のツアー選手権最終日が現地24日にジョージア州のイーストレイクゴルフクラブで行われた。 トップで出たポール・ケーシーがスコアを伸ばせず、年間王者がホールごとに …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

エビアン初日 宮里藍は6ホールプレー後に悪天候で仕切り直し

エビアン初日 宮里藍は6ホールプレー後に悪天候で仕切り直し

フランスの南東部、エビアンの天候は荒れていた。 エビアン・リゾートGCで行われた海外女子第5のメジャー、エビアン選手権初日は悪天候のため、半数の組がスタートできない波乱の幕開けに。 9ホール消化できた …

2017/09/15|ゴルフウィズ編集部

アプローチ重視のセッティングで奇跡の復活!比嘉真美子選手

アプローチ重視のセッティングで奇跡の復活!比嘉真美子選手

比嘉真美子選手は沖縄県出身の女子プロゴルファーです。 プロデビューをした年に早速初優勝を飾り大物ルーキーとして注目を浴びます。 ところがその後まさかの大スランプでシード権を失いどん底をへ。 普通はその …

2018/06/15|ゴルフウィズ編集部

引退の宮里藍、エビアン選手権の公式会見で心境を語る

引退の宮里藍、エビアン選手権の公式会見で心境を語る

14日に開幕する海外女子メジャー、エビアン選手権。この試合が現役最後となる宮里藍。 公式会見で今の心境を述べた。 「この前の(米国最後の)ポートランドのように最高の気分です。いいプレーができる準備はで …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

シーズンの初めを飾るメジャー、マスターズ

シーズンの初めを飾るメジャー、マスターズ

その年の最初のメジャートーナメント、マスターズ。4月の開催ですので、日本でもマスターズが始まると本格的なゴルフシーズンが始まったように感じます。他のメジャーとは一味違う魅力あふれる大会マスターズの楽し …

2020/03/11|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ