もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

マスターズ最終日勝負が決した16番ショートホールについて

2021/07/05|ゴルフウィズ編集部

松山選手の歴史的快挙で終わった2021年のマスターズですが、勝負がほぼ決まったのは16番のショートホールでした。
松山選手を猛追していたシャウフェレ選手が池に入れてしまった16番。なぜ池に入る危険がある左サイドいっぱいのピンを狙ったのでしょうか。
それを考えることでアマチュアの我々に必要なマネジメントのヒントも得られると思います。
中上級者の方であればなにを今更という内容かもしれませんが、あえて考察してみたいと思います。

16番ショートはどんなホール?

練習ラウンドでは、ギャラリーの前で水切りショットを披露するのが習わしになっている16番のショートホール。
ティーイングエリアからグリーンまでは池で、グリーンの左サイドも池があるホールです。マスターズは稀に例外もありますが、最終日のピン位置というのは伝統的に決まっています。2021年の16番も例年通りの左奥でした。
サンデーバックナインの上がり3ホールの最初のホールで、ドラマが生まれやすいホールといえます。

布石は15番

16番を考えるのには、その布石として15番でなにが起こったのかを考える必要があります。
14番までバーディーを重ねて追い上げ体制に入っていたシャウフェレ選手ですが、松山選手に追いつくとは思っていなかったのではないでしょうか。4打差で残り4ホールというのは普通に考えればノーチャンスです。
しかし、もはや独走態勢かと思われた松山選手が15番でセカンドショットを奥の池に入れてしまいます。
このホール、シャウフェレ選手バーディー、松山選手ボギーで一気に差が2打に縮まります。
もしも15番で松山選手が池に入れていなかったとしたらシャウフェレ選手は16番は安全に狙い池に入っていなかったのではないかと思います。

勝負に出る16番

一気に差が縮まったとはいえ残り3ホールで2打差は小さい差ではありません。
相手のボギーを待つ余裕は無い状態ですので、シャウフェレ選手としては残り3ホール全部バーディー狙いにいく必要があります。
もちろん突風で流されたのか、ただのミスなのか、その辺は打った本人にしかわからないことではありますが、少なくとも右サイドの広いほうに安全に逃げるという選択肢はなかったのではないかと思います。

16番は右サイドからピン方向に強烈な傾斜がありますので、右サイドに打って傾斜を使ってピンに寄せるのが定石ではあります。
しかし、松山選手の最終日の16番のように右サイドでボールが止まってしまうとバーディーはほとんどチャンスがありません。
また、シャウフェレ選手にしてみれば実際にバーディーが取れなくてもピンにピタリと寄れば次に打つ松山選手に強烈なプレッシャーをかけることができます。
あくまでタラレバではありますが、もしシャウフェレ選手のピンについていれば松山選手もかなりデッドに狙わざるを得ず、逆に池に入って優勝はなかったかもしれません。

アマチュアがショートホールを狙うには

最終日のシャウフェレ選手のショットだけを見れば、ただピンを狙っただけのように見えますが、どうしてもバーディーが欲しい局面でなければあそこには打たないでしょう。
もし松山選手が15番で池に入れずに16番でオナーだったとしたらかなり右に打ったと思います。
アマチュア、特に初心者初級者の方ほどショートホールでピンしか見ていません。しかしピンをデッドに狙うのはシャウフェレ選手の最終日のように、どうしてもバーディーが狙える位置に打たなければならない、という時だけです。
アマチュアの普段のラウンドではそんな状況はありません。我々は必ず外すならどこに外すか、を考えてショートホールは狙うべきでしょう。

まとめ

今回の考察はあくまでも筆者の個人的な意見ですので事実がどうなのかはわかりません。また最終日といえど上位が入り乱れている状態でしたらシャウフェレ選手の選択は違ったものになっていたかもしれません。
そんなことを考えながら見ているとゴルフの奥深さに少し触れることができてトーナメント観戦がより楽しいものになると思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

引退の宮里藍 選手、関係者、ファンからの感謝ツイートが止まらない

引退の宮里藍 選手、関係者、ファンからの感謝ツイートが止まらない

2003年、アマチュアの18歳で日本のミヤギテレビ杯をアマチュアで優勝して、一人の女子高生プロゴルファーが誕生した。 それから14年以上、日本の女子ツアー、そして世界のゴルフ界は、宮里の背中を追いかけ …

2017/09/20|ゴルフウィズ編集部

こだわりのクラブ選びで優勝18回!ベテラン大山志保選手

こだわりのクラブ選びで優勝18回!ベテラン大山志保選手

日本女子ツアーのベテラン、大山志保選手を紹介したいと思います。 大山選手は優勝回数18回を誇るトップ中のトップ選手であり、しかも現在でも頻繁に優勝争いを演じています。 選手のピークが年々早まってきてい …

2018/06/29|ゴルフウィズ編集部

ドライバー飛距離No.1!指原似の飛ばし屋!葭葉ルミ選手

ドライバー飛距離No.1!指原似の飛ばし屋!葭葉ルミ選手

葭葉ルミ選手は2017年の国内女子プロ選手のドライバー平均飛距離ランキング1位に輝いたプロゴルファーです。 その飛距離は男子並みで彼女の大きな武器になっていますが、一体どんなドライバーを使っているのか …

2018/05/18|ゴルフウィズ編集部

宮里藍もビックリ!初日のスコアがなかったことに?!

宮里藍もビックリ!初日のスコアがなかったことに?!

宮里藍の現役最終戦となったエビアン選手権は14日に初日を迎えた。この日は滅多にない珍事が発生した。午前に回った選手のスコアがすべて無効となったのだ。宮里もポーラ・クリーマー、ツェン・ヤニと共に既に6ホ …

2017/09/17|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】松山英樹プレーオフ第三戦!上位70人による「BMW選手権」

【米国男子】松山英樹プレーオフ第三戦!上位70人による「BMW選手権」

米国男子プレーオフ第三戦となる「BMW選手権」は、今年はイリノイ州のコンウェイファームズGCで開催される。この大会に参加するのは、第二戦の「デルテクノロジーズ選手権」を終えた時点のフェデックスカップポ …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

松山英樹は世界ランク3位をキープ、プレーオフ第3戦へ

松山英樹は世界ランク3位をキープ、プレーオフ第3戦へ

10日に発表された世界ゴルフランキングで、松山英樹は前回同様3位をキープしています。ダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピースなど上位10位の選手の順位変動もありません。松山英樹以外で出場している日 …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

タイガーが涙した、プレジデンツカップって??

タイガーが涙した、プレジデンツカップって??

2019年の12月15日、アメリカチームの勝利が決まった瞬間、キャプテンを務めるタイガーウッズがうっすらと涙を浮かべていたように見えたプレジデンツカップ。 普通のトーナメントとは明らかに違う、このプレ …

2020/01/22|ゴルフウィズ編集部

【国内男子】大混戦の末 片岡大育が涙の逆転優勝

【国内男子】大混戦の末 片岡大育が涙の逆転優勝

アジアンツアーとの共同開催になるアジアパシフィックダイヤモンドカップの最終日が千葉県のカレドニアンGCで行われた。 優勝すると日本ツアーとアジアンツアーの両方のシード権が得られる今大会は、アジアンツア …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

国内女子メジャーの今季2戦目、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は、日本ツアー参戦18年目のベテラン、李知姫(イ・チヒ)が制した。 岩手県で25年ぶり開催の地、安比高原ゴルフクラブは朝から濃霧と雷雨が …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

日本初の米シニア、JAL選手権はモンゴメリー優勝で幕を閉じた

日本初の米シニア、JAL選手権はモンゴメリー優勝で幕を閉じた

米国シニア(PGAチャンピオンズツアー)の日本初開催、JAL選手権の最終日が10日、千葉県の成田ゴルフ倶楽部で行われ、コリン・モンゴメリーが初代優勝者となった。 モンゴメリーは、「日本で初めての米国シ …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ