もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

松山プロのように「ローアマ」その後のマスターズ優勝は6人

2021/07/19|ゴルフウィズ編集部

2021年マスターズ・トーナメントを制覇し、グリーンジャケットに袖を通した松山英樹プロ。
彼の偉業の知らせと共に「ローアマ」という言葉を耳にしたのではないでしょうか。
ローアマを成し遂げて、その後優勝した人物はたったの6人といいます。
彼らを追ってみましょう。

ローアマのその後優勝する選手は少ない

マスターズ・トーナメントで松山英樹プロも達成したことがある「ローアマ」。
アマチュアの時に何か成し遂げたということは想像できますね。

【ローアマとは】
「ローアマチュア」の略であるローアマ。
これは、プロゴルフのオープン競技に参加したアマチュア選手の中で、最も成績が良かった選手のことをいいます。
松山プロはマスターズ・トーナメントでローアマを2011年に成し遂げています。

ローアマを達成すれば、プロになってそのままトントン拍子に優勝へ近づく気もしますよね。
ところが意外にもマスターズ・トーナメントにおいて、ローアのその後プロとなってから優勝したことがある選手はたったの6人といいます。

【マスターズでローアマと優勝を成し遂げた選手】
マスターズ・トーナメントにおいて、ローアマを成し遂げた年と優勝した年、その6人は次の通りです。

2011年 松山英樹(日本)→ 2021年
1999年 セルヒオ・ガルシア(スペイン)→ 2017年
1995年 タイガー・ウッズ(アメリカ)→ 2019、2005、2002、2001、1997年
1991年 フィル・ミケルソン(アメリカ)→ 2004年
1972年 ベン・クレンショー(アメリカ)→ 1995年、1984年
1960年 ジャック・ニクラス(アメリカ)→ 1986、1975,1972,1966,1965,1963年

たった6人のローアマ後の優勝者

マスターズ・トーナメントでローアマと優勝を成し遂げた6人についてご紹介します。

【松山英樹】
初出場した2011年。
初めての参戦にもかかわらず安定したプレーを見せて、27位タイに入って日本人史上初めてのローアマに輝きました。
プロになってから悔しい試合をいくつも経験し、今回の偉業を成し遂げたことは記憶に新しいですね。

【セルヒオ・ガルシア】
19歳で「神の子」と呼ばれたスペイン出身のガルシア。
そう呼ばれながらも、メジャー出場74試合目でやっと悲願の初制覇。それがマスターズ・トーナメントでした。

【タイガー・ウッズ】
言わずと知れたゴルフ界の英雄タイガー・ウッズ。
過去5回の優勝経験がありますが、なかでも2019年の優勝は人々を感動の渦に巻き込みました。
そしてタイガーは歴代2位のメジャー選手権優勝15回(1位はジャック・ニクラス)を誇ります。
さらに史上2人目(1人目はジャック・ニクラス)のトリプルグランドスラムを達成しています。

【フィル・ミケルソン】
愛称「フレディ」のフィル・ミケルソン。
2004年のマスターズ・トーナメントでの優勝がメジャー大会の初優勝。
2021年、50歳で出場した「全米プロゴルフ選手権」において全米プロを史上最年長で制したことは多くの人に感動を与えました。
タイガー・ウッズと共に一時代を築いてゴルフ界を盛り上げ、人気を二分しています。

【ベン・クレンショー】
マスターズ・トーナメントでは84年、95年の2度の優勝を含め11度のトップ10入りがあります。
1995年の優勝の際に、死去した恩師を想って発言した「私のバッグには15本のクラブが入っていた」という言葉は名言として語り継がれています。

【ジャック・ニクラス】
ライバルのアーノルド・パーマーとゴルフ界を牽引し、ゴルフをメジャースポーツに引き上げたジャック・ニクラス。
日本では「ゴルフの帝王」とも呼ばれ、メジャー大会通算18勝を掲げ史上最高のゴルファーと称されています。

まとめ

2011年のローアマを達成した松山プロ。
そのまま一気に突っ走るかと思いきや、その後マスターズ優勝するのに10年かかりました。
長い道のりだったなと思えてしまいますが、ローアマを達成してその後優勝した人物はたったの6人しかいません。
それを知ると松山プロの凄さがわかりますね。

タイガー・ウッズ、ジャック・ニクラウス・・・。その中に松山英樹プロがいます。
松山プロのその後の活躍にも注目ですが、7人目が誰になるのかも気になるところですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

イ・ボミ笑顔で復活!今季初優勝でスランプ脱出なるか?!

イ・ボミ笑顔で復活!今季初優勝でスランプ脱出なるか?!

キャンディスマイル復活!イ・ボミが今季初優勝 待ちに待ったスマイル・キャンディこと、イ・ボミ選手の笑顔が復活しました。 2017年8月18日から20日、神奈川県箱根町の大箱根CCで行われた国内女子ツア …

2017/09/08|ゴルフウィズ編集部

【プレジデンツカップ】米チームはトランプ大統領に抗議せず

【プレジデンツカップ】米チームはトランプ大統領に抗議せず

男子ゴルフの世界選抜vs米国選抜の対抗戦、ザ・プレジデンツカップが現地28日に開幕する。 戦いの地、リバティナショナルGCはマンハッタンに至近しており、多くの選手が人気番組に出演。 その中で、どのメデ …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

【松山英樹】2017年プレーオフが終わったら?年内の予定が知りたい

【松山英樹】2017年プレーオフが終わったら?年内の予定が知りたい

プレーオフが終了すると、今年のPGAツアーも一区切りの感があるが、そのあとの松山英樹の出場予定はどうなっているのだろう?  今年のプレーオフは、9月21日から始まる「ザツアーチャンピオンシップ」で決着 …

2017/09/17|ゴルフウィズ編集部

驚異の19歳。笹生優花選手について

驚異の19歳。笹生優花選手について

2020年のLPGAツアーは若い選手の台頭が目覚ましい年でした。2019年も黄金世代といわれる選手が活躍し、とりわけ渋野日向子選手の全英女子オープンの優勝はそのハイライトといえる出来事でした。そしてそ …

2020/12/15|ゴルフウィズ編集部

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

第50回日本女子プロゴルフ選手権は李知姫(イ・チヒ)が優勝

国内女子メジャーの今季2戦目、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は、日本ツアー参戦18年目のベテラン、李知姫(イ・チヒ)が制した。 岩手県で25年ぶり開催の地、安比高原ゴルフクラブは朝から濃霧と雷雨が …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

<国内男子>どうなる賞金ランキング?ここからが勝負!

<国内男子>どうなる賞金ランキング?ここからが勝負!

明日から岐阜県岐阜関カントリー倶楽部東コースで開催される「日本オープンゴルフ選手権競技」。この名を聞くと、今シーズンの賞金ランキングもそろそろ終盤戦で、面白くなってくる頃だと感じる人も多いだろう。これ …

2017/10/14|ゴルフウィズ編集部

女子ゴルファーのプロ最強のアニカ・ソレンスタムは凄かった

女子ゴルファーのプロ最強のアニカ・ソレンスタムは凄かった

2008年に37歳の若さで引退した女子プロゴルファーのアニカ・ソレンスタム。 2020年、トランプ大統領からゴルフ界で米国人以外ではじめてゲーリー・プレーヤーと共に大統領自由勲章という米国において最高 …

2020/06/11|ゴルフウィズ編集部

アメリカツアー挑戦中!新世代のニューヒロイン畑岡奈紗選手

アメリカツアー挑戦中!新世代のニューヒロイン畑岡奈紗選手

畑岡奈紗選手は17歳で伝統あるメジャー大会において、史上初のアマチュア優勝を果たし大きな話題となりました。 その後プロ転向と同時にアメリカツアー挑戦のために渡米し、周りをさらに驚かせています。 奈紗( …

2018/04/20|ゴルフウィズ編集部

宮里藍の米国最終戦は5位タイ。優勝ルイスは賞金全額寄付へ。

宮里藍の米国最終戦は5位タイ。優勝ルイスは賞金全額寄付へ。

【海外女子】2017 キャンビア ポートランドクラシック 最終日 結果速報 キャンビア ポートランドクラシックの最終ラウンドが現地3日に行われた。13位タイからスタートした宮里藍は、2010年に同大会 …

2017/09/04|ゴルフウィズ編集部

国内女子メジャー 畑岡奈紗が独走で連覇 2週連続優勝の快挙

国内女子メジャー 畑岡奈紗が独走で連覇 2週連続優勝の快挙

国内女子メジャー、日本女子オープンの最終日が千葉県の安孫子ゴルフ倶楽部で行われた。 13アンダーのトップからスタートした畑岡奈紗が差を広げて独走。 最終日7アンダーのトータル20アンダー。 宮里美香が …

2017/10/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ