もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

松山プロのように「ローアマ」その後のマスターズ優勝は6人

2021/07/19|ゴルフウィズ編集部

2021年マスターズ・トーナメントを制覇し、グリーンジャケットに袖を通した松山英樹プロ。
彼の偉業の知らせと共に「ローアマ」という言葉を耳にしたのではないでしょうか。
ローアマを成し遂げて、その後優勝した人物はたったの6人といいます。
彼らを追ってみましょう。

ローアマのその後優勝する選手は少ない

マスターズ・トーナメントで松山英樹プロも達成したことがある「ローアマ」。
アマチュアの時に何か成し遂げたということは想像できますね。

【ローアマとは】
「ローアマチュア」の略であるローアマ。
これは、プロゴルフのオープン競技に参加したアマチュア選手の中で、最も成績が良かった選手のことをいいます。
松山プロはマスターズ・トーナメントでローアマを2011年に成し遂げています。

ローアマを達成すれば、プロになってそのままトントン拍子に優勝へ近づく気もしますよね。
ところが意外にもマスターズ・トーナメントにおいて、ローアのその後プロとなってから優勝したことがある選手はたったの6人といいます。

【マスターズでローアマと優勝を成し遂げた選手】
マスターズ・トーナメントにおいて、ローアマを成し遂げた年と優勝した年、その6人は次の通りです。

2011年 松山英樹(日本)→ 2021年
1999年 セルヒオ・ガルシア(スペイン)→ 2017年
1995年 タイガー・ウッズ(アメリカ)→ 2019、2005、2002、2001、1997年
1991年 フィル・ミケルソン(アメリカ)→ 2004年
1972年 ベン・クレンショー(アメリカ)→ 1995年、1984年
1960年 ジャック・ニクラス(アメリカ)→ 1986、1975,1972,1966,1965,1963年

たった6人のローアマ後の優勝者

マスターズ・トーナメントでローアマと優勝を成し遂げた6人についてご紹介します。

【松山英樹】
初出場した2011年。
初めての参戦にもかかわらず安定したプレーを見せて、27位タイに入って日本人史上初めてのローアマに輝きました。
プロになってから悔しい試合をいくつも経験し、今回の偉業を成し遂げたことは記憶に新しいですね。

【セルヒオ・ガルシア】
19歳で「神の子」と呼ばれたスペイン出身のガルシア。
そう呼ばれながらも、メジャー出場74試合目でやっと悲願の初制覇。それがマスターズ・トーナメントでした。

【タイガー・ウッズ】
言わずと知れたゴルフ界の英雄タイガー・ウッズ。
過去5回の優勝経験がありますが、なかでも2019年の優勝は人々を感動の渦に巻き込みました。
そしてタイガーは歴代2位のメジャー選手権優勝15回(1位はジャック・ニクラス)を誇ります。
さらに史上2人目(1人目はジャック・ニクラス)のトリプルグランドスラムを達成しています。

【フィル・ミケルソン】
愛称「フレディ」のフィル・ミケルソン。
2004年のマスターズ・トーナメントでの優勝がメジャー大会の初優勝。
2021年、50歳で出場した「全米プロゴルフ選手権」において全米プロを史上最年長で制したことは多くの人に感動を与えました。
タイガー・ウッズと共に一時代を築いてゴルフ界を盛り上げ、人気を二分しています。

【ベン・クレンショー】
マスターズ・トーナメントでは84年、95年の2度の優勝を含め11度のトップ10入りがあります。
1995年の優勝の際に、死去した恩師を想って発言した「私のバッグには15本のクラブが入っていた」という言葉は名言として語り継がれています。

【ジャック・ニクラス】
ライバルのアーノルド・パーマーとゴルフ界を牽引し、ゴルフをメジャースポーツに引き上げたジャック・ニクラス。
日本では「ゴルフの帝王」とも呼ばれ、メジャー大会通算18勝を掲げ史上最高のゴルファーと称されています。

まとめ

2011年のローアマを達成した松山プロ。
そのまま一気に突っ走るかと思いきや、その後マスターズ優勝するのに10年かかりました。
長い道のりだったなと思えてしまいますが、ローアマを達成してその後優勝した人物はたったの6人しかいません。
それを知ると松山プロの凄さがわかりますね。

タイガー・ウッズ、ジャック・ニクラウス・・・。その中に松山英樹プロがいます。
松山プロのその後の活躍にも注目ですが、7人目が誰になるのかも気になるところですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

【プレジデンツ・カップ】久々のタイガーウッズ登場!今後はどうなる?

【プレジデンツ・カップ】久々のタイガーウッズ登場!今後はどうなる?

松山英樹が世界選抜の選手として出場しているプレジデンツ・カップ(リバティ・ナショナルGC)は、男子ゴルフの世界選抜×米国選抜によるチーム対抗戦だ。米国選抜ではタイガー・ウッズ(41)が副主将となって久 …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

【世界ランキング男子】松山英樹3位でトップ3変わらず。100位以内の日本人は?

【世界ランキング男子】松山英樹3位でトップ3変わらず。100位以内の日本人は?

2017年9月4日付けの男子ゴルフのワールドランキングでは、松山英樹が三位となった。一位はダスティン・ジョンソン、二位はジョーダン・スピースで、トップ3の顔ぶれと順位は前回と変わらずという結果になった …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

世代交代が進むPGAツアーで注目したいのはこのプレーヤー達

世代交代が進むPGAツアーで注目したいのはこのプレーヤー達

最近ゴルフ界で進む世代交代。 特に男子、国内より海外ツアーの方がその傾向が見られているのではないでしょうか。 急速に世代交代が進むPGAツアーとそれを象徴するかのようなライダースカップの結果。 そこで …

2022/03/03|ゴルフウィズ編集部

【石川遼】入れ替え戦で勝ち取れ!来年のPGA出場権

【石川遼】入れ替え戦で勝ち取れ!来年のPGA出場権

石川遼に関するニュースで、最近入れ替え戦という言葉をよく聞きます。この入れ替え戦とは何なのでしょう? これは来年のPGA出場権をかけた戦いです。PGAツアーはメジャー4戦も含めて大きな大会が36戦もあ …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

<国内女子>賞金ランキングは韓国女子パワーが吹いている

<国内女子>賞金ランキングは韓国女子パワーが吹いている

国内女子の賞金ランキングが面白くなってきた。首位は韓国のキム・ハヌルで、すでに1億円を越えている。今季はワールドレディスサロンパス杯など既に3勝を挙げている。イ・ボミとも大の仲良しのスマイルクィーンだ …

2017/10/14|ゴルフウィズ編集部

ドライバー飛距離No.1!指原似の飛ばし屋!葭葉ルミ選手

ドライバー飛距離No.1!指原似の飛ばし屋!葭葉ルミ選手

葭葉ルミ選手は2017年の国内女子プロ選手のドライバー平均飛距離ランキング1位に輝いたプロゴルファーです。 その飛距離は男子並みで彼女の大きな武器になっていますが、一体どんなドライバーを使っているのか …

2018/05/18|ゴルフウィズ編集部

米国男子の新シーズン開幕 PGAは松山英樹のメジャー勝利を予想

米国男子の新シーズン開幕 PGAは松山英樹のメジャー勝利を予想

米国男子の2017 – 18シーズンが早くも現地10月5日に始まる。 初戦はセーフウェイ・クラシック(カリフォルニア州ナパ)。 松山英樹をはじめ世界ランク上位の選手は参戦しないものの、PGAツアー・イ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

女子プロゴルフ界のファッションリーダー!上田桃子選手

女子プロゴルフ界のファッションリーダー!上田桃子選手

上田桃子選手は21歳の史上最年少で賞金女王に輝き、アメリカの女子ツアーに宮里藍選手らと挑戦した実力派です。 またオシャレ女子プロゴルファーの先駆者であり、ファッションリーダーの一面もあります。 201 …

2018/03/26|ゴルフウィズ編集部

アメリカツアー挑戦中!新世代のニューヒロイン畑岡奈紗選手

アメリカツアー挑戦中!新世代のニューヒロイン畑岡奈紗選手

畑岡奈紗選手は17歳で伝統あるメジャー大会において、史上初のアマチュア優勝を果たし大きな話題となりました。 その後プロ転向と同時にアメリカツアー挑戦のために渡米し、周りをさらに驚かせています。 奈紗( …

2018/04/20|ゴルフウィズ編集部

2020年東京オリンピック「ゴルフ競技情報」

2020年東京オリンピック「ゴルフ競技情報」

2020年は東京でオリンピックが開催されますので、ゴルフ競技を見ることができるのは、なかなか無い希少なチャンスです。観戦に良い場所はすぐ取得されて、席が埋まってしまうことも予測されるため、こまめな情報 …

2018/10/16|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ