もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

2020/12/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われますね。
待ち時間が多くを占める、ゴルフならではの競技性がメンタルテクニックを求めています。
やることがないと人は余計なことを考えてしまいネガティブになることも。

待ち時間と実際のショットの時間にしっかり集中する方法をご紹介します。

ゴルフとメンタルテクニック

ゴルフの95%は待ち時間と言われています。
全体のプレー時間のたった5%がショットの時間ということです。
ショットで集中するために、95%の時間に力を温存するメンタルトレーニングが必要になります。
そのメンタルの基本をみていきましょう。

【ルーティーン】
思考と行動を一定の順序とテンポで遂行することで集中力を高めるのがルーティーン。
同じフォーム、同じタイミングで動くことで動作の再現性を高める技術です。
ルーティーンを正確に実行できると緊張や不安を感じにくくなり、集中出来るのです。

打つ前のプレショットルーティーンだけでなく、打った後のポストショットルーティーンも有効です。
どんなショットでもその後の行動を一定にすることで次打に集中できるということ。
プレショットルーティーンでは「ターゲットを見る、素振り、アドレス」を、時間誤差をできるだけ少なくして行います。
ポストショットルーティーンではいつも「打った後は10歩大股で歩く」などと決めるとその後は次打に集中できます。

【リフォーカス】
ミスやアクシデントがあった際、気持ちを切り替え集中力をキープするためのルーティーンがリフォーカスです。
自分の状態を客観視するように「青→調子いいね、黄→ヤバいかも、赤→もう駄目だ」と信号に置き換えてみましょう。
そしてその自分の状態を認識して「帽子を被り直す」などでリフォーカスします。
切り替える行動は何でもよいのですがルーティーン化するのが重要です。

【セルフトーク】
やりたいことを声に出すことをセルフトークといいます。
頭に浮かんだ言葉を声にすることで、思考と行動が同時に行われ、緊張状態でもプレッシャーなどを感じにくく、目の前のやることに集中できるテクニック。

その際「○○しない」ではなく「○○したい」と肯定の言葉を使うのがコツです。
「バンカーに入れないようにしよう」ではなく「トップしてもバンカーまでとどかない番手で打とう」などです。

ラウンドで使えるメンタルテクニック

ラウンドで使えるテクニックについてご紹介します。

【スタートホールでのティショット】
緊張しがちなティショット。
ルーティーンに入る前に、グリップをぎゅっと握ってから緩める。
鼻から息を吸いながらグリップをやや強くにぎり3~5秒キープし、口から息を吐きながら一気に力を抜きその状態を10秒以上キープしてみてください。
緊張からリラックスを感じられます。

そしてプレショットルーティーンに入る前に、プロになったつもりで自分のプレーを解説してみましょう。
第三者的に自分を客観的に見る「メタ認知」の意識を持つと、過度な緊張や不安が抑えられて集中しやすくなります。

【次のショットとの合間の移動】
ミスショットや悪いスコアのせいで無口になったり必死な形相になる人も多いですよね。
ネガティブな感情をひきずらないためにしたい行動。
反省は最小限にして、同伴者とゴルフとは関係ない楽しい雑談をしてリラックスします。
過度の緊張が緩んで、次のショット時には集中できるようになります。
大きい歩幅で手を振り歩くのもポイントです。

【どうしても決めたいパッティング】
パターはストロークを意識しすぎて、逆に正確性が損なわれがち。
これを避けるには、ボールをぼーっと見て体の動き意外に注意を向けるとよいです。
ルーティーンも長くなりがちなので、いつものテンポを意識して強気で打ちましょう。

まとめ

メンタルのスポーツといわれるゴルフでは、ルーティーン化とポジティブでいることが大切になります。
人間だれしも考え事をするとネガティブになりがちなので、意識して取り組んでみましょう。
意外なことに、移動時間に楽しく雑談をすることはとても有効なので試してみてください!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチで、微妙な距離の打ち分けはどのようにしたらよいでしょうか。 ついスイングを緩めてしまう30~80ヤード。 そういった距離でも上手にコントロールしたいですよね! ポイントはショットのス …

2020/07/13|ゴルフウィズ編集部

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

絶対入れたいパター!真っ直ぐ強めではなくて斜めに狙おう!

ゴルフで絶対入れたいパター。 パッティングは真っ直ぐ強めのタッチが鉄則のようですが、50㎝を越える距離なら真っ直ぐ強めに打つのは意外と外れやすいです。 絶対入れたいパットはカップの正面ではなく斜めに狙 …

2020/12/22|ゴルフウィズ編集部

シャフトのねじれ具合を示す「トルク」とはどのようなもの?

シャフトのねじれ具合を示す「トルク」とはどのようなもの?

ねじりの強さを表す「トルク」はゴルフ用語では「シャフトのトルク」という表現で用いられます。 レディースゴルファーの間でも耳にすることがあるかもしれませんね。 なんだか難しそうですが、トルクを知ることで …

2020/09/16|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/09/01|ゴルフウィズ編集部

アプローチの打ち方を「効き目」で変えてみるとダフらない!

アプローチの打ち方を「効き目」で変えてみるとダフらない!

ゴルフのラウンド中、アプローチでどうもダフってばかり。 そのような経験がある方は効き目によるアプローチの打ち方を考えてみましょう。 効き目が右か左かでボールの見え方が違うので、打ち方も変えてみましょう …

2021/08/23|ゴルフウィズ編集部

久しぶりのゴルフのラウンド!ブランクを埋める方法はこれだ

久しぶりのゴルフのラウンド!ブランクを埋める方法はこれだ

久しぶりのゴルフとなると、楽しみな反面思うようにプレーができない心配もあります。 そしてメンタル面でのプレッシャーを感じることもありますね。 大事なことは、ブランクがあっても焦らないことです。そこで久 …

2020/12/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフはボールで変わる!弱点カバーのエースボールの選び方

ゴルフで弾道を変えたいと思った時。 クラブを変えるよりボールを変えた方が即効性があります。 ゴルフボールには様々な要素があるので、選びきれない部分もありますね。ボールを選ぶには、今の弱点を知って何を第 …

2020/12/09|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

体が動かない朝のゴルフ!スタートホールで無事発進するコツ

体が動かない朝のゴルフ!スタートホールで無事発進するコツ

ゴルフの朝イチのスタートホール。 気持ちよく始めたいのに、まだ体が目覚めていないのと緊張で、いきなり大叩きをしてしまうこともありますよね。 無事にスタートホールを発進するには準備が必要です。 大叩きし …

2021/03/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

ゴルフで一打の集中力を高めるには視線を一転集中させること

一打一打の高い集中力が求められるゴルフ。 移動や待つ時間は多く、実際ボールを打つ時間はわずかとなると、プレッシャーもかかりますよね。 その場面ではプレーの技術も大切ですが、どう集中するかのメンタルにも …

2021/11/08|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ