もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

2017/12/01|ゴルフウィズ編集部

苦手とする方が多いウッド。「思うように当たらないからウッドを使わない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、ウッドが当たらないという悩みを、ちょっとした変化で解決できる方法をご紹介します。

ウッドが当たらない原因や改善すべきポイント、練習方法を知ることで思い通りのウッドショットが打てるようになります。思い通りのウッドショットはスコアアップにも大きく関わってきますので、ウッドが当たらないと悩んでいる方は、よくチェックするようにしてください。

ウッドが当たらない原因

ウッドが当たらない原因の多くは、スイングにあります。飛距離を出すことを意識したスイングは、下から上へ打ち出す、すくうようなスイングになってしまいます。すくうようなスイングをしてしまうことで、ボールの上を叩いてしまったりダフってしまったりしてしまうのです。

ウッドが当たらないと悩まれている方の多くは、ウッドをドライバーの仲間だと勘違いしていますが、ウッドはドライバーの仲間ではありません。ウッドはアイアンの仲間であるため、ドライバーのようにスイングするのではなく、アイアンのようにスイングするのが適したスイングです。

また、ウッドが当たらない原因には、純粋な練習不足も影響しています。アイアンやドライバーよりも使用する機会の少ないウッドは、練習を後回しにしがちです。しかし、クラブとしての難易度が高いウッドは、それなりの練習量を必要とします。

アイアンやドライバ―よりも少ない練習量で使いこなしたい、と考えるのは少し無理があります。ウッドはクラブの中で最も難易度が高いといっても過言ではないクラブですので、ウッドの技術を高めたいのであれば、それ相応の練習量を積みましょう。

ウッドが当たらないときに意識すべきポイント

ウッドが当たらないときに意識すべきポイントは3つあります。「インパクト」「左ひざ」「グリップ」この3つを意識することで、理想のウッドショットが打てるようになります。それぞれのポイントについて說明しますので、自分の場合はどうか、ということを考えながら見ていきましょう。

まず、1つ目のポイントは「インパクト」です。ウッドが当たらないという方の多くは、スイングの最下点でボールを捉えようとしますが、ウッドはアイアンと同様、ダウンブロー気味にインパクトするのがボールに当てるためのコツです。すくい上げるのではなく、打ち込むようにしてスイングしましょう。

2つ目のポイントは「左ひざ」です。ボールの上を叩いてしまう方に多く見られるのが、インパクト時に左ひざが伸びてしまっていることです。左膝が伸びてしまうことで、ヘッドの軌道が上がってしまい、アドレスのときよりも高い位置でボールを叩いてしまいます。ボールが転がったり低弾道だったりする方は、左膝を意識してスイングしてみましょう。

3つ目のポイントは「グリップ」です。グリップに関しては、単純に短く持つことをおすすめします。ウッドが当たらないのであれば、まずは遠くに飛ばすことよりも、短く持ってミートさせることだけを考えましょう。

ウッドが当たらないときの練習法

ウッドが当たらないときの練習法は2つあります。まず1つ目が「左足9:右足1」の割合で体の重心位置をとりスイングする練習です。ほとんどの体重が左足に寄せられるため、自然と左足を意識したスイングができます。

2つ目の練習法は、グリップを短く持ってダウンブローで打つ方法です。イメージとしては、7番アイアンを振るのと同じようにスイングしましょう。始めのうちはダフってしまうと思いますが、一定の練習量をこなすと急にウッドが打てるようになります。

もちろん、一度練習でコツを掴んだからといってすぐに身につくものではありません。ウッドが打てたという感覚を大切にして練習を重ねることで、大きく上達することが可能です。

ウッドを苦手とする方は多くいますが「少しだけスイングを変える」「少しだけ意識を変える」だけで見違えるほど打てるようになります。ウッドが当たらないと悩んでいるのであれば、この記事を参考に練習を重ねてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。 初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。 全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることがで …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

ショットがうまくないからコースマネジメントなんて関係ない、は本当か

ショットがうまくないからコースマネジメントなんて関係ない、は本当か

コースマネジメントという言葉を聞いたことがありますでしょうか。簡単にいえば目の前のホールをどうやって攻めていくかを考えるということです。 しかし、これはきちんと考えた通りにボールを打てるレベルの人が考 …

2021/07/29|ゴルフウィズ編集部

ウエッジで遊ぼう

ウエッジで遊ぼう

スコアメイクはカップに近い位置ほど重要になってくるといわれています。一番はパッティングですが、同じくらい重要なのはアプローチでしょう。そんなアプローチに使うことが多いウエッジ。スコアメイクの上では非常 …

2020/04/30|ゴルフウィズ編集部

話題のクラブが続々、キャロウェイってどんなメーカー?

話題のクラブが続々、キャロウェイってどんなメーカー?

ゴルフクラブのメーカーは多数ありますが、アメリカのメジャーメーカーといえばテーラーメード、タイトリスト、ピン、そしてキャロウェイを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今や日本でもアメリカのメーカ …

2020/09/10|ゴルフウィズ編集部

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

ドライバーの飛距離をまだまだ伸ばしたいゴルファーは、この方法で限界突破! ゴルフのスコアは飛距離だけではないとはいえ、飛べばゴルフはもっと楽しくなります。 もっと強く飛ばせる打ち方をマスターすると、飛 …

2022/06/09|ゴルフウィズ編集部

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

ゴルフはボーリングと並んで自分が使うボールを自分で選ぶことができるスポーツです。しかしいざ選ぼうとするとメーカーの説明を読んでいるだけでちょっと眩暈がしてきます。いくつかのボールの説明を読んでいるとも …

2020/09/15|ゴルフウィズ編集部

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ