もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ パター

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはスコアに与える影響も多いということになります。ということで今回のお題は「パットの極意」です。

1ラインの読み方

まず苦労するのがここです。どっちに曲がるのだろか、上りなのか下りなのか。迷って答えが出ないまま打つこともあると思います。まずは基本的な考え方から。
グリーンというのは山から谷に向かって傾斜しています。これは水はけを考えての構造です。なのでグリーンに乗る前に山はどちらの方向にあるのかを確認しておくとおおよその傾斜は予想することができます。そして、グリーンに乗り、ラインを読みますがここでのポイントはできるだけ多くの方向からグリーンを読むことです。

ですが、アマチュアの方がこの行為をするとスロープレーにつながってしまい、同伴者、後続組に迷惑をかけてしまうかもしれません。なので、おおよその傾斜をグリーンに乗る前にあらかじめ確認しておき、 グリーンに乗って一方向からラインを読んであとは自分を信じて打ちましょう。

芝目ももちろん影響してきますが、そこまで読む必要はないのかなと思います。そして大事故にならないために大事なことがもうひとつ。距離感です。

 

距離感

ラインが読めなくてもとりあえず距離感が合えば大事故にならなくて済みますが、距離感はどのようにして合わせればよいのでしょうか。センス?いえいえ違います。

練習グリーンであることをすると距離感が合う確率が高まります。あることとは…まず練習グリーンでパターを打つときに足幅の広さと同じふり幅で何球か打ちます。

で、打ったところから歩いて何歩のところにボールが集まったか歩数を把握します。すると基準ができます。

たとえば足幅と同じふり幅でパターを打ったら大体6歩目のところにボールが集まったとします。

そしたら、今日のグリーンでは足幅分のふり幅で打てば6歩の距離が出るという基準ができます。あとは応用です。ホールごとにカップからボールの距離を歩いて 基準に足し引きする。これだけで距離感があってきます。

 

ルーティン

うまい人ほど毎回同じ行動を同じ前にします。横に立って二回素振りをしてから打つ人、後方で一回素振りをして、横でもう一度素振りをしてから打つ人、ルーティンは決まっていません。

人それぞれです。いつもと同じ行動を事前にすることで自然と落ち着き、無駄なことを考えずに打てる傾向があります。

今ルーティンがない方はぜひ取り入れていただけたらと思います。

 

ストロークタイプ

ここからはスイングの話になってきます。パターの際はスイングと言わず、ストロークといいますが、このストロークというのは3つのタイプに分けることができます。まっすぐ引いてまっすぐ打ち出しに行くストレートタイプ。

やや内側にひいて打ち出していくセミアークタイプ。セミアークタイプより内側にひいて打ち出していくアークタイプの3種類になります。

どのストロークが良くてどのストロークが悪いという話ではありません。ただ、それぞれのストロークタイプごとに適したパターがあるので自分のストロークタイプを見極めてパターを判断してみてください。

ストロークタイプの診断はゴルフショップで計測してくれるはずです。IPingやM-Tracerなどを用いて測定してくれるはずです。

また、パターというと想像するのはピン型のパターだと思いますが、ピン型のパターはセミアークタイプの人と相性がいいです。

といったようにパターにも相性があります。もちろん構えて見て入りそうだな。という直感も必要ですし、大事ですが、自分のストロークタイプにあっているパターを使用することで裏付けができます。

悩みが一つ消え、余計なことを考えないでいいようになるためにも是非自分のストロークタイプにあったパターを使用して見てください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフはパット数によってスコアがかなり変わりますよね。 アイアンでは慎重になるのに、パターとなると簡単に3パットしてしまうことも。 それなのに、つい練習でもドライバーやアインに力を注いでしまいます。 …

2020/01/06|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

つては奇抜なイメージだったパターの「ツノ型」も、今では多くのメーカーが最新モデルの形状として採用しています。 どうしてここまでツノ型が定番化できたのか。 それは、パターに必要なあらゆる要素がツノ型には …

2021/12/30|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターの選び方!ゴルフの初心者にオススメな方法はこれだ!

パターはグリーンの上でボールを転がすだけの道具。 ですが、実際は上手く使えばスコアで大きな助けになるクラブです! 他のクラブより種類が様々なので、ゴルフを始めたばかりでは選ぶのもとまどいますよね。 そ …

2019/10/31|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドの飛距離を伸ばすためのコツ

フェアウェイウッドの飛距離を伸ばすためのコツ

ゴルフのコースはショートホール、ミドルホール、ロングホールの3種類に分けられます。フェアウェイウッドが活躍するのはやはりロングホールの2打目になります。 女性でもミドルホールの2打目で上手にフェアウェ …

2017/11/23|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

アマチュアがパッティングラインを読むには

アマチュアがパッティングラインを読むには

最近はセルフプレーのゴルフが主流で、多くの方がセルフでラウンドをなさっていることと思います。コースの各種の情報はカートに積まれているナビシステムであったり、GPSタイプのナビで見ることができます。また …

2020/04/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフをしていると、1打目というプレッシャーなどで、ドライバーの調子が悪くなることは頻繁に起こります。コース中にその不調が出てしまえば、早急に対処しなければ、みるみるスコアが下降線になってしまいます。 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

「自分にはどのウッドが合うんだろう」と悩んでいないでしょうか。ドライバーに次いで飛距離を稼げるウッドは、距離が出る分、扱うのが難しいクラブです。「曲がってしまう」「飛距離が出ない」「弾道が低い」このよ …

2017/12/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ