もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

何度ラウンドしても緊張してしまう池越えショットの対策はこれ

2022/09/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの池越えショットで緊張してしまい、いつも池ポチャ。
練習場では上手くいくのにラウンドでのショットに苦手意識を持ってしまうと、スコアにも悪影響を及ぼしかねませんね。
そんな心配のあるゴルファーに向けて対策をご紹介していきます。参考にしてみてください。

池ポチャしてしまう理由と対策

池越えで緊張するのはよくあることです。
実際池ポチャしてしまうと本当に落ち込んでしまいますよね。

【池越えの何に緊張するのか】
最初に、池越えで何に対して緊張してしまうのかを確認しましょう。
それは池ポチャの結果になのか、スコアをロスしてしまうことに対してなのか。
それとも、恥をかいてしまうことに対してなのか。

ナイスショットをしてもし池に入れたとしても、同伴者たちが「ナイストライ!」と称えてくれるでしょうし、強烈なバックスピンでも打ってそれで入ってしまったなら「おーっ!すごい!」となるでしょう。

ナイスショットではなく、大ダフリで池に入れてしまったら、それは恥ずかしく思うかもしれませんね。
実は恥をかかないためにといつもと違うスイングで打とうとして、失敗が怖くなってしまうのです。
これが緊張の正体で、朝イチのティーショットでも似たようなことが言えます。

【落としどころに意識を向ける】
ゴルフで緊張する場面、池越えだけでなく例えばバンカーでも、「どのような球をグリーン上のどこに落とすか」ということに意識を向ければ上手くいきます。
そう考えると、ボールは空中を飛んでいくので、池やバンカーは障害になりませんよね。

池越えが苦手な人は、以前の失敗がトラウマになっているのかもしれません。
その時の記憶が鮮明に残ってしまって、成功した時のことはほとんど記憶に残っていないのでしょう。
それでネガティブな発想になってしまうとも言えます。

【スイングはフォロースルーに意識を向ける】
池に入れてしまうのは打ち損じですから、対策としてはなんとか打ち損じないようにするのが一番です。
例えばバックスイングはコンパクトでもいいので、フォロースルーを大きめにしっかり振り抜きましょう。
ただフォロースルーに集中さえできれば、ミスのことは考えなくなるので、案外いいショットが打てます。
マイナス思考をプラス思考に転換するような形で結果も大きく変わります。

ルールをしっかり覚えておくのも必要

いつものこととはいえ、やっぱりがっかりする池ポチャ。
その場合基本的には1打罰で打ち直すのですが、他にも方法があります。
開き直って、罰のやり方をしっかり覚えよう!と思えば気が楽になるかもしれません。

【無罰:ウォーターショット】
ゴルフボールが浮いていて、岸に近いなら水の中から打てます。
その場合バンカーと同じで、スイング前にゴルフクラブが水面に触れてしまうと2打罰になるので気をつけましょう。

【1打罰:打ち直し】
プレーした場所に戻ってもう一度打ち直す。
次のショットは3打目からとなります。
もしくは、境界線を横切った地点とホールを結ぶ後方線上にドロップすることが出来ます。
そしてボールが池に入ったところから、カップに近づかないように2クラブレングス以内のところにドロップして打つのもOKです。

【特設ティー:前進3打目】
OBのように特設ティーを設けているゴルフ場もあるので、それを活用するのも手です。
大叩きせずに済みますね。

まずこの3つを覚えておけば十分です。
選び方によってはミスを最小限に抑えられるので、冷静に自分にとって有利になる選択をしましょう。

まとめ

池越えショットで緊張してしまい、いつも池ポチャ。
それを少しでも緊張しないショットにするには、一点集中がオススメです。

例えばスイングだったら、あれこれ考えずにフォロースルーだけに集中すれば、意外とナイスショットが打てます。
また思い切って開き直り、池に入ることを前提に次にどうすればよいのかということをしっかり覚えていることも大切です。
中でも1打罰の方法もいくつかあるので、自分にとって有利になる方法を冷静に見られるようにしっかり準備して臨みましょう!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

初心者向けのボール選びの記事は必ずといっていいほど同じスタンスで記事が作られています。初心者はディスタンス系の飛ぶボールを使いましょう、スピン系は上級者向けです、といったスタンスです。 これ自体ある意 …

2021/04/22|ゴルフウィズ編集部

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

新しいパターの定番となった「ツノ型」はどのようなもの?

つては奇抜なイメージだったパターの「ツノ型」も、今では多くのメーカーが最新モデルの形状として採用しています。 どうしてここまでツノ型が定番化できたのか。 それは、パターに必要なあらゆる要素がツノ型には …

2021/12/30|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

美しくかっこいいスイングでもっとドライバー飛距離を伸ばす

美しくかっこいいスイングでもっとドライバー飛距離を伸ばす

ゴルフで理想のティショットが打てた時の爽快感! 他のクラブでは味わえない気持ちよさがあるのがドライバーショットですね。 でも上手く打てないと、とたんに気分が下がることも。 そこで美しくかっこいいスイン …

2022/09/05|ゴルフウィズ編集部

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

最近、ゴルフをはじめたけどなかなか100が切れない。自分は向いていないのかも…と自信喪失している方はいませんか?実は100を切るというのはそんなに簡単なことではないのです。 多くのゴルファーが100の …

2017/11/27|ゴルフウィズ編集部

スイング理論に振り回されていませんか?

スイング理論に振り回されていませんか?

今は昔と違いYouTubeに沢山のレッスン動画があがっています。それ以外にもSNSで簡単に多くのレッスンプロと繋がることができます。雑誌や書籍でしか情報が得られなかった時代に比べてはるかに簡単にスイン …

2020/11/24|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

今大流行、IOMICって?

今大流行、IOMICって?

ひと昔前はゴルフクラブのグリップといえば黒が定番でした。最近とてもカラフルなグリップをみかけるようになりました。その多くはIOMICというグリップです。 ゴルフクラブのグリップのシェアはゴルフプライド …

2020/06/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ