もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

09181

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢やスイングで打つこととなります。当然ミスしやすく、難易度は相当高いです。

私自身、こういった傾斜のキツイラフに何度も苦しめられてきました。現在は、なんとか打てるようにはなっています。そこで、今回はゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することを紹介していきます。

 

無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをやっていると、傾斜のキツイラフで打たなければいけない場面が出てきます。普段打つ感じとは全く違い、ミスが起きやすいです。そこで、ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは、

・重心の位置を把握する
・姿勢を固定して打つようにする

の2点です。どう対策していけば良いのかなどを説明していきます。

 

重心がズレないようにする

傾斜になると、平坦で打つ場合とくらべて、重心がかかとかつま先の方に寄ってしまいます。これまでとは全く違う位置に重心が寄ってしまうので、スイングの際の重心移動が困難になってきます。

さらに、体勢自体も芸短で打つ場合と比べて変わってきます。結果として、重心がぐちゃぐちゃのままスイングすることとなってしまいます。そうなると、スイングがままならなくなり、上手くゴルフボールに当たってくれなくなります。

せっかくの1打が無駄になってしまい、スコアが崩れていくのはもちろん、慣れていない重心でスイングするため、重心移動が狂い、スイングの途中でコケて、そもそもスイングができない可能性もあります。

私自身、こういった状況でショットしたことがあります。コケるまではいかなかったのですが、コケかけることはよくありました。それによって、危なさが自分の中で勝ってしまい、力のないショットを打ってしまうことも多々あります。

そうならないために、まずは構えた際に重心がどこにあるのかをしっかり確認しましょう。そして、スイングした際に重心がどう移動しているのかを素振りで試し、飛ばすことよりもフェアウェイに戻すことを意識してショットを打ちましょう。距離は稼げないですが、ミスをして1打無駄にするよりもマシと言えるでしょう。

 

姿勢を固定して打つようにする

傾斜では平坦とは違い、ゴルフボールが胸部あたりにある状態で打たなければいけない場合もあります。もしくは、自分の経っている位置よりも下で打つなんて時も。

そうなれば平坦で打つ時のようなフォームでショットできません。腰を思いっきり上げたり、下げたりする必要があります。こんな無理な体勢で打つことなんてないですから、実際にスイングすると体が自然と元の体勢で打とうとしてしまい、体勢がズレてしまいます。

そうすると、盛大にダフりや空振りをしてしまいます。しかもゴルフボールは1ミリも動いていないなんて状況もありえます。

そうならないためにも、姿勢が元に戻ってしまわないように意識しておく必要が大切となってきます。打ち慣れていないだけにかなり難しいですが、スイングをする時は、体勢が動かないように、グッとこらえてショットをしましょう。

 

気をつけて無理な体勢でショットしよう

以上がゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することとなっています。普段慣れている平坦とは勝手が違い、難易度はかなり高いです。さらに足場も悪いので、少しでも重心がずれれば、コケてしまうこともありえます。

そうならないためにも、今回紹介した部分を意識して、確実にフェアウェイにゴルフボールを戻すようにしましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

どこを見てる?ゴルフのプレーでボールを打つ時の目線に注目

どこを見てる?ゴルフのプレーでボールを打つ時の目線に注目

ゴルフでボールを打つ時の目線はどこが正解でしょうか。 「ボールをよく見る」「ぼんやり見る」などと言われますがそれは正反対でもあります。 例えば似たようなことで、文字を書く時にじっとペン先を見ているわけ …

2022/01/27|ゴルフウィズ編集部

あれ?今何打だっけ?ゴルフスコアカウンターはオススメ

あれ?今何打だっけ?ゴルフスコアカウンターはオススメ

ゴルフでは、プレーしながらスコアを記録しなければなりませんね。 夢中でプレーしていると何打か忘れてしまいそうなことも! そのような場面で「ゴルフスコアカウンター」を用意していれば、安心してプレーができ …

2019/12/16|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

ゴルフ小物の中でもレディースゴルフグローブは、スコアアップにも影響してくる、重要なゴルフアイテムです。自分に最適な商品を使用できれば、クラブをスィングする際のサポートになり、握力が弱い女性におススメで …

2019/02/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛んだ方が良いのか?

ゴルフは飛んだ方が良いのか?

少しでもボールを遠くに飛ばしたい。ゴルファーなら例外なく誰しもが思うことでしょう。自分より飛ぶ人を見てうらやましく思ったことの無い人はいないのではないかと思います。しかし飛べば良い、というものでもない …

2020/01/23|ゴルフウィズ編集部

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。 ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね! ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中 …

2020/05/14|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

スイング理論に振り回されていませんか?

スイング理論に振り回されていませんか?

今は昔と違いYouTubeに沢山のレッスン動画があがっています。それ以外にもSNSで簡単に多くのレッスンプロと繋がることができます。雑誌や書籍でしか情報が得られなかった時代に比べてはるかに簡単にスイン …

2020/11/24|ゴルフウィズ編集部

大叩きを避けたい!ラウンド中のアプローチミス修正法はこれ

大叩きを避けたい!ラウンド中のアプローチミス修正法はこれ

ゴルフのラウンドでドライバーやアイアンで気持ちよくナイスショット! ところが、その先グリーン周りからのアプローチでミスを連発すると、大叩きの可能性が高まってしまいます。 これからご紹介するアプローチの …

2022/08/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ