もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

2017/12/14|ゴルフウィズ編集部

ドライバ―ショットの飛距離に悩んではいないでしょうか。「ドライバーが飛ばないから、後に続くプレーがきつい」「2打目を最初に打つのはいつも自分だ」などなど、ドライバ―の飛距離が出ないことで抱えているその悩みは、弾道を高くすることで解決できるかもしれません。

今回の記事では、ドライバーの飛距離を伸ばすポイントを「弾道」に絞ってご説明します。飛距離を伸ばすための重要な要素である弾道は、スイングの練習に時間を費やす以外にも、クラブを変えることで理想的な弾道を生み出すことが可能です。飛距離が出ずに悩んでいるのであれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ドライバ―で飛距離を出すために必要な高弾道

まず始めに、ドライバ―が飛ばないと悩んでいる方の中には、ランで飛距離を稼ごうとしている方がいますが、ランで飛距離を稼ごうとするのは間違いです。単純な話、地面の抵抗と空気の抵抗では明らかに地面の抵抗の方が強いため、抵抗の弱いキャリーの方がドライバーの飛距離は出ます。

もちろん、アゲインストや打ち下ろしのティーショットの場合は、低い弾道の方が有利ですが、平均的な飛距離で見た場合にはキャリーで飛距離を稼ぐ方が圧倒的に有利です。ホールによっては林を超えなければいけなかったり、池を超えなければいけなかったりするので、その部分についても弾道は高い方が良いといえます。

次に、使用するドライバーについてです。高弾道の打球を生み出すうえで最も注目すべきポイントは、フェースの角度であるロフト角です。クラブの軽さや重心位置、シャフトの長さなども大切な要素ではありますが、弾道に限っていえばロフト角ほど大切な要素とはいえません。

具体的な変え方については、現在使用しているドライバーのロフト角よりも1°大きなロフト角を選ぶようにしましょう。「押しだす力が弱くなるのではないか」と考える方もいると思いますが、上記でも説明したように、低弾道のランで飛距離を稼ぐよりも高弾道のキャリーで飛距離を稼ぐ方が有利です。

人によっては20yd以上も飛距離が伸びる可能性もありますので、ドライバーの飛距離に悩んでいるのであれば、ぜひロフト角を大きくすることを検討してみてください。

理想的な弾道で打てるドライバ―

今回ご紹介するドライバーは「ダンロップ XXIO9」です。「8.5、9.5、10.5、11.5、12.5」と5つのロフト角があるこちらのドライバーは、高弾道で飛距離を出せるのがその特徴。クラブの重量が272gと軽いので、ヘッドスピードが遅い方には特におすすめです。

重心が深く低く設計されていることに加え、構えたときにややフックフェースになるため、スライサーの方にも適しています。ヘッドの容積は限界値の460ccでありフェースにシャロ―フェースを採用していることから、ヘッドの投影面積が広く、アドレス時には大きな安心感を与えてくれます。

ドライバ―で飛距離を出したいのであれば、弾道を意識するようにしましょう。ロフト角を大きくすることで弾道を高くできますので、ドライバ―を選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください。ただし、ロフト角を大きくする場合は、1°ずつ変えていくようにしましょう。ロフト角の変更は弾道を大きく変えてしまうため、1°ずつ変えてチェックしていくことが大切です。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のベテランキャディーさんも驚いた!ニコンの距離測定器

ゴルフ場のベテランキャディーさんも驚いた!ニコンの距離測定器

手振れ機能を搭載したレーザー測定器は世界初! 測定する距離が長ければ長い程、照準を合わせにくくなりますが、この「ニコンCOOLSHOT 80i VR」は、扱いやすいコンパクトサイズなのに手振れ補正機能 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

【初心者必見】コースを回るのに最低限必要な4本のゴルフクラブとは?

【初心者必見】コースを回るのに最低限必要な4本のゴルフクラブとは?

ゴルフクラブの種類は多いです。初心者だと何を使えばいいのかわからず悩んでしまいますよね。だからといって全部使おうとすれば、使い方を覚えなくてはならず、全部使えるように夏までにかなりの時間がかかってしま …

2017/02/17|ゴルフウィズ編集部

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

ゴルフをしていると意外と使用頻度の高い3番ウッド。形はドライバーの縮小版のような見た目となっています。ただ、ドライバーと違うのは、重心がヘッドの後ろに寄っているため、高い弾道のショットが打てるのも魅力 …

2017/08/21|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのボール位置について

ドライバーのボール位置について

すべてのクラブの中で基本的にティーアップすることが前提のドライバー。そのドライバーを打つときのボールの位置は正しい位置にセットされているでしょうか? 正しい!と思っている方でも実はボール位置が狂ってい …

2019/10/25|ゴルフウィズ編集部

球を左右に打ち分けてみよう

球を左右に打ち分けてみよう

ついつい追い求めてしまうのが一切曲がらない真っすぐなボール。1度打ててしまうと、再現しよう、一度打てたのだからもう一度打てたはず。と、欲はどんどん高まっていきます。 しかし、一方のプロはどうなのでしょ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

ゴルフの上達には、スイングの精度だけでなく、プレッシャーに対するメンタルの強さも欠かせません。朝一番のティーショットやバーディーがかかったパターなど、ゴルフのプレーの多くにはメンタルの強さを必要としま …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

スコアが100を切るまでは使わない方が良いなんて意見もあるウッドは、ゴルフクラブのなかでも特に扱うのが難しいクラブです。ドライバ―並みのシャフトでありながらドライバーよりも小さいヘッドであるため、苦手 …

2017/12/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ