もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

2017/10/31|ゴルフウィズ編集部

タイトルでもある「ワンレングスアイアン」(もしくはシングルレングスアイアン)こういった言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。現在密かに話題になっているアイアンです。まだまだプロで使用している選手は少ないですが、今後、アイアンの新しい上司位になるかもしれないのが今回紹介するワンレングスアイアンになります。

すでに知っている方も初めてこのワードを聞いた方もいらっしゃると思いますが、今回はワンレングスアイアンについて特徴をまとめて行きたいと思います。

ワンレングスアイアンとは

引用 http://edelgolfjapan.com/singlelength-iron.html

このワンレングスアイアンの特徴は名前の通り一つの長さでアイアンが製造されていることです。全ての番手が同じ長さで製造されているのです。今までのアイアンの常識を覆すのがワンレングスアイアンになります。

米国PGAツアーで最初に使用を始めたのはブライソン・デシャンボー選手になります。ブライソン・デシャンボー選手はアマチュア時代に文句のつけようのない実力を残し、注目されていましたが、注目されているのはゴルフの腕だけではありません。今までの常識を覆すスタイルにも注目が集まっています。塩水にボールを浸してボールの性能を自らチェックし、選別したり、パターのヒッティングスタイルの一つであるサイドサドルスタイルを試してみたりと、常識にとらわれないゴルフへの取り組みが多く、非常に魅力のある選手です。

そのような選手が考えのすえにたどりついたのがワンレングスアイアンになります。

ワンレングスアイアンのメリット

今までとはまるっきり違ったアイアンですが、注目を浴びるには何かしらの理由があります。

ワンレングスアイアンのメリットは…

■同じスイングですべての番手が打てる
■ロングアイアンが簡単に
■スイングづくりに一役かってくれる

このようなメリットが存在します。

すべての番手が同じ長さなので、ボールとの距離が全番手おなじになります。ということは前傾具合もすべて同じになるので、スイングプレーンが揃うので必然的にミスショットが少なくなります。
また、全番手が同じ長さといいましたが、6番もしくは7番アイアンの長さに揃えられているので通常のロングアイアンよりワンレングスアイアンのロングアイアンは短くなります、

ロフト角はそのままですが、長さが短くなる分飛距離が落ちるかもしれません。しかし、アイアン自体の長さが短くなったことでミート率が上がり、今までよりも飛距離が伸びる可能性も秘めています。

メリットの最後はスイングづくりに一役買ってくれるということですが、これはどういう意味なのでしょうか。

すべてのアイアンが同じ長さということはすべての番手でボールとの距離が同じということになります。すると、アイアンは全番手同じスイングでよいのです。

長さが異なる従来のアイアンを使用していると、同じスイングをしているつもりでもすべての番手がわずかにスイングが異なってきます。

しかし、ワンレングスアイアンであればスイングは一つでいいので、練習も効率化できます。

ワンレングスアイアンのデメリット

こういった優れた物にもデメリットは存在します。
■ショートアイアンの飛距離調整
■重量のフロー
■使いこなせるかわからない不安
■製造メーカーが少ない

以上がワンレングスアイアンのデメリットとして挙げられます。まず最初のショートアイアンの飛距離調整ですが、今までのショートアイアンよりアイアンが長くなるので、必然的に飛距離が今までより出てしまいます。今までとの飛距離のギャップに苦しむ可能性があります。

セッティング次第ではウェッジを充実させ、今までよりロフト角を刻んでクラブセッティングを行うことになるかもしれません。

現在ワンレングスアイアンはコブラとイーデルの2社でしか取り扱っておりません。
どうしても選択肢が少なく、ゴルフ界に普及していないので体験談や本当の性能の評価が分かりません。

通常販売されているアイアンを特注でワンレングスにすることも可能ですが、その際に注意したいのはクラブの重量フローです。販売されているワンレングスアイアンは全番手重量が統一されていますが、従来のアイアンをカスタムしワンレングスに変更した際は重量に注意することが必要です。

最後は精神論のようになってしまいましたが、今までの常識を覆すものを使用し始めるのには勇気がいります。また、買ってすぐに結果が出ないと「やっぱりあっていなかったんだ」と次のクラブに目移りしてしまうこともあるかと思います。根気よく使い続ける覚悟が必要となるでしょう。

しかし、現在ワンレングスアイアンを販売しているお店はそう多くありません。入手しづらい商品ではありますが、非常に魅力のある商品なので、興味のある方はぜひ試してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

繊細なタッチが要求されるパターには、さまざまな形をしたクラブがあります。それぞれには違った特徴があり、初心者の方が選ぶには最低限の知識をもっておくことが必要です。 この記事では、大きく3つの形に分けら …

2017/12/12|ゴルフウィズ編集部

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方次第で、ビギナープレイヤーの方も、飛距離を出せます。ゴルフボールのタイプは2種類あり、「ディスタンス系」と「スピン系」になります。初心者の方の場合、どちらのゴルフボールを選べばいい …

2018/06/20|ゴルフウィズ編集部

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

さあ、待ちに待ったラウンド。張り切ってドライバーを振り回したら、朝一いきなりのOB。次のホールでも思うようなショットが打てずにスコアも気分も最悪…トラブル続きのドライバーを何とかしたいと思っている初心 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフはアドレスが重要だといわれます。アドレスとは「構え」のことです。ゴルフのスコアアップのためには理想的なスイングを安定してリピートできることが大切です。スイングを安定させるうえで欠かすことができな …

2017/10/28|ゴルフウィズ編集部

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

ゴルフの一番の魅力は何ですか?「仲間と楽しくワイワイできる」「年をとってからも続けられる」「大自然の中でボールを打つ感覚が最高」などなど。人によって色々あると思います。 私の場合は、「自分で考えて、攻 …

2017/11/26|ゴルフウィズ編集部

一番長くて難しいドライバーを打つコツ

一番長くて難しいドライバーを打つコツ

ドライバーで悩みを抱えている方は多いと思います。「もっと飛ばしたい」「もっと捕まった球を打ちたい」もっと多様な悩みがあるかもしれませんが今回はこの2つの悩みについて改善のコツを話していきます。 &nb …

2017/10/01|ゴルフウィズ編集部

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。こ …

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

芝や砂などの障害物ごとショットする機会も多いウエッジは、苦手とする方が多いクラブの1つです。「可能であれば使用したくない」と思う方もいるかもしれませんが、コースでのウェッジ使用率は高く、スコアを縮める …

2017/12/08|ゴルフウィズ編集部

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

皆さんクラブのグリップは交換したことがありますか? 買ってかたそのまま、という方も結構いるのではないでしょうか。 グリップは体とクラブの唯一の接点なので意外とデリケートなパーツです。 劣化していると滑 …

2018/04/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ