もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アウトサイドインというのはどういうことなのか?

2018/02/26|ゴルフウィズ編集部

アウトサイドインというのはどういうことなのでしょうか? みなさんよく耳にするゴルフ用語だとは思いますが、意味はご存知でしょうか?
アウトサイドインとは?~アウトサイドインのメリット・デメリットなどについて説明していきます。
自分のスイングの確認にもなりますので、ぜひ理解してくださいね。

アウトサイドインとはスイング軌道のことです。

アウトサイドインとは、スイングの軌道を指しています。
ゴルフスイングをする上で軌道が大事になってきますが、アウトサイドインとはその軌道の中の1つの種類になります。
スイングの軌道は大きく分けて3種類あります。
アウトサイドイン
インサイドイン
インサイドアウト
の3種類になります。
細かく分類するともっとありますが、基本的にはこの3種類を理解してもらえればスイングの知識の基礎としては充分になります。
基本的に、アドレス時のシャフトラインとホーゼルから首筋のラインを結んだものがスイングプレーンになります。
その2つのラインの間を常にクラブヘッドが通っていることをインサイドイン軌道といいます。またはオンプレーンスイングともいいます。
ダウンスイング時にシャフトラインよりも下側からヘッドが来て、フォローでは首筋のラインよりも上からヘッドが降りぬいていることをインサイドアウト、その反対に、首筋のラインより上側から下りてきて、シャフトラインよりも下から振り抜いていることをアウトサイドインということになります。

アウトサイドインスイングのメリット

アウトサイドインスイングのメリットの1つとしては、左にボールが引っかからないということです。チーピンや、フックに悩んでいる人に適しています。
左にボールが飛んで困っている人は試してみると良いです。
理屈としては、クラブがアウトサイドから下りてくると、手首を返しにくくなるために、フェースローテーションが弱くなります。
左に引っ掛けている人の特徴としては、フェースを返しすぎていることが多いために、こちらのスイングにすれば直りやすいということになります。
続いてのメリットは、つま先下がり、左足下がりの傾斜地です。
アウトサイドインということは、クラブが鋭角的に上から降りてきているので、ダウンブローの軌道と類似します。
そのため、体側が高いつま先下がりと、ダウンスイング側の左足下がりで有効になります。
上からクラブヘッドが下りてこないとそれぞれ手前の地面に当たり、ダフってしまいます。
普段からアウトサイドインのスイングをしていない人でも、この2つの場面ではあえてアウトサイドインに打つようにして、攻略しましょう。
次は、アプローチです。アプローチはグリーンでボールを止めなくてはなりません。
そのために、バックスピン量が多い方が止まるわけなのです。
アウトサイドインから振った方が、インパクト~フォローにかけてボールがフェースに乗る時間が長くなり、フェース面をボールが駆け上がります。その量が多ければ多いほどバックスイング量が多くなるのです。
ボールを止めたい場合には必要な打ち方になります。

アウトサイドインのデメリット

アウトサイドインの一番のデメリットはスライスになるということです。
体が先に開きやすくなり、クラブヘッドが遅れてきて、フェースも返りにくいのでそのままスライス回転がかかってしまうのです。
もちろん、フェードを打つためにはアウトサイドイン軌道が必要なので、度合いが大きすぎなければもちろん全然問題ありません。
次のデメリットは、フェアウェイウッドです。
地面から打つ長いクラブのため、しっかりヘッドを走らせないといけません。アウトサイドインは、ヘッドが走りにくいために、振り遅れてダフったりしてしまいます。
ヘッドを走らせるように振った方が払いやすいので覚えておきましょう。
最後は、飛距離が落ちてしまうことです。
どうしてもフェースローテーションを交えた方が飛距離がでます。アウトサイドインでは、他のスイング軌道に比べて飛距離がおちてしまいますが、その分、距離感は安定しやすくなりますし、方向性も安定しやすいので、飛距離に悩んでいなければ問題ありません。

まとめ

最後に、アウトサイドインスイングはフェードを打ちたいと思っている人や上級者以外には個人的にはお勧めしていません。
アウトサイドスイングのデメリットでも記載したとおり、スライスになりやすく、初心者の7割が右にボールが飛んでいくことで悩んでいます。まずはオンプレーンを目指しつつ、スコア90くらいから軌道を自分のやりたいようにイジる方が良いかと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

風の日のゴルフ はどうプレーする?

風の日のゴルフ はどうプレーする?

ゴルフは自然の中でおこなうスポーツですから天候の影響は非常に大きいものになります。中でも雨はいろいろと注意が多いのですがスコアということだけを考えればむしろ風のほうが注意点が多いと言っても良いでしょう …

2020/06/25|ゴルフウィズ編集部

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

ゴルフの一番の魅力は何ですか?「仲間と楽しくワイワイできる」「年をとってからも続けられる」「大自然の中でボールを打つ感覚が最高」などなど。人によって色々あると思います。 私の場合は、「自分で考えて、攻 …

2017/11/26|ゴルフウィズ編集部

キャディバッグのネームタグは必要?

キャディバッグのネームタグは必要?

ゴルフ場に行くのに必ず必要なキャディバッグ。非常に目立つものなのでオシャレしたいアイテムでもあります。新品を買うとキャディバッグにネームタグがついていますが、これは必ずつけておかなければならないものな …

2020/03/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

ゴルフの上達には、スイングの精度だけでなく、プレッシャーに対するメンタルの強さも欠かせません。朝一番のティーショットやバーディーがかかったパターなど、ゴルフのプレーの多くにはメンタルの強さを必要としま …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

レディースのシャフトは今の女性には物足りないかもしれない

レディースのシャフトは今の女性には物足りないかもしれない

ゴルフクラブではシャフトの硬さが選べます。 ところが男性用は種類があるのに、女性用は相変わらず「L」が中心のようです。 遅めのスイングスピードに合わせたシャフト、細めのグリップのレディース用のクラブ。 …

2019/12/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も …

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

クラブのグリップについての基礎知識

クラブのグリップについての基礎知識

たかがグリップ、されどグリップ。言うまでもなくグリップは身体とクラブの唯一の接点です。なんとなく最初からついているグリップを使い続けている、という方も多いでしょうが、使っているうちにグリップは摩耗しま …

2020/01/16|ゴルフウィズ編集部

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

ゴルフクラブを選ぼうと思った時、意識しているにせよ無意識にせよメーカー、ブランドである程度絞り込むという作業を皆さんしているのではないかと思います。無数にあるクラブを横一線で比較することは事実上不可能 …

2020/12/10|ゴルフウィズ編集部

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

冬場はラウンドを控えて少し暖かくなるのを待つ方も多いのではないでしょうか。 トップシーズンにはできないスイングの改造などとともに道具のメンテも冬場にやってしまいたいですね。 そんな冬メンテの定番といえ …

2021/01/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ