もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アイアンのカーボンシャフトのメリットは?スチールと比較!

2019/11/25|ゴルフウィズ編集部

アイアンのシャフトは力がある男性ならスチール、女性や非力な男性ならカーボン。
そのようなイメージを持つことが多いでしょう。

しかし、今でもそれは正しいのでしょうか?
女性がスチールを使っても良いですし、力のある男性がカーボンでもおかしくありません。
ここでは、非力なゴルファー用とされていたカーボンシャフトのメリットなど取り上げていきます。
 PHOTO:アスリスタゴルフ

アイアンのシャフトのカーボンはどのようなもの

【カーボンシャフトの歴史】
昔のシャフトは木材で、現在の重量級のシャフトより約70グラムも重いものでした。
その後100年経ちスチールシャフト、さらに技術の進歩によりカーボンシャフトが生まれたのです。

シャフトの歴史は軽量化の歴史でもあります。
昔は女性でもスチールを使用していましたが、軽量に仕上げられたカーボンが登場したことで、男性はスチール、女性はカーボンという図式が成り立ちました。
そしていまだにメーカー純正シャフトのラインナップは変わっていません。

【スチールとカーボンではここが違う】
スチールは金属で、カーボンは設計されたカーボンシートを軸に巻き付けて製造されるものです。

スチールは、剛性が高くスイング中のシャフトのねじれる力に強いので、力強く振ってもヘッドがぶれにくいです。
一方カーボンは、自由設計ができることからボールが上がりやすい特性などが生まれ、ゴルファーのスイングを助けるのが得意となりました。

簡単に言うと、スチールは自分でクラブをコントロールしたい方、カーボンはクラブに助けてもらいたい方に合うようです。

【カーボンシャフトのメリット】
・ 上がりやすく飛距離が出る
・ ボールを打ったときの衝撃が少ない
・ カーボンの種類や巻き方などによって色々な特性が作れる

繊維状のカーボンを編み込むようにシート状にし、それを巻くようにしたのがカーボンシャフトです。
カーボンの種類や巻き方によって、設計の自由度が高くなるのです。

素材自体も軽いため、ボールを上がりやすくくしたり、力がなくても飛距離を出しやすいなどの特徴を持ったシャフトを作り出します。

スチールにするかカーボンにするか

【カーボンと比較されるスチールシャフトのメリット】
・ 芯で当たったかどうかの打感が伝わりやすい
・ 常に芯で打てるなら、番手通りの距離の打ち分けが容易
・ 小さいトルクのおかげでインパクトでのヘッドの開閉が少なく済み、方向性が安定する
・ クラブのねじれが出にくく、打点のミスに強くて曲がりにくい

一打を争うプロの間では、ボールの曲がりは命取りです。
方向性が特に求められる場面では、スチールシャフトは安心ですね。
現在では軽いスチールシャフトも登場しています。

【スチールからカーボンに替えた場合のメリット】
カーボンシャフトがしなるからと固めを選ぶとハードに感じてしまいます。
カーボンの場合はインパクトのあたりでシャフトがしなるので、ヘッドが戻る感覚がします。
それをふまえて柔らかものにしてみれば、ボールが上がりやすく感じます。

そしてロングアイアンの苦手意識がなくなるという声があります。
スチールと違ってボールが出た先から高くなるので、耐空時間と落下の角度でボールがピタっと止まってくれます。

【カーボンシャフトにした場合のデメリット】
カーボンが「軽すぎる」「柔らかすぎる」というのはもう過去の話です。
もしカーボンのデメリットをあげるとしたら、それは開発コストの高さで、スチールの5倍ほどかかります。

シャフトの理想というのは、硬くて軽いもの、ともとれます。
スチールのようなしなりを実現した軽いカーボンもありますが、とても高いのです。
今後安くなるのを期待したいですね。

まとめ

アイアンのカーボンシャフトにはメリットがたくさんあります。
従来の、軽すぎてシニアや女性専用というイメージはもうありません。

昔からスチールを使用しているゴルファーでも、一度ものにしてしまえば、カーボンシャフトは大きな助けになりそうです。
ラインナップもたくさんあるので、是非試してみてください!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ルーティンを取り入れているか

ルーティンを取り入れているか

ゴルフスイングにおいて、理想は「ロボットになることだ」と、言われることがあります。この言葉の意味は毎回同じスイングができることがよいとされていることからきている言葉かと思います。 しかし、打つのは人間 …

2017/09/30|ゴルフウィズ編集部

初中級者のボール選びアドバイス

初中級者のボール選びアドバイス

数ある球技の中でも、自分で自分の使うボールを選ぶことができるスポーツはそれほど多くありません。特にゴルフはボールの重要性が高く、プロはめったにボールを変えませんし、変える場合はオフシーズンに何度も何度 …

2020/11/09|ゴルフウィズ編集部

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

自宅でゴルフのパターの練習するのに役立つパターマット。 スコアアップに欠かせない練習道具ですね! パターの練習は、ドライバーやアイアンのように思いっきりスイングする練習とは違いますね。、地味ですがとて …

2019/12/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの集中を阻害する雑念に「擬人」と「擬音」がオススメ

ゴルフの集中を阻害する雑念に「擬人」と「擬音」がオススメ

ゴルフのミスを大きく占めるのは集中力の欠如です。 その集中力を阻害するのが様々なノイズによる雑念です。 ノイズは風や傾斜、池越えなどの状況や、自分のスイングについて考えてしまうことなど。 プレーの集中 …

2020/11/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフ初心者の基本に忠実なアドレスとは

ゴルフはアドレスが重要だといわれます。アドレスとは「構え」のことです。ゴルフのスコアアップのためには理想的なスイングを安定してリピートできることが大切です。スイングを安定させるうえで欠かすことができな …

2017/10/28|ゴルフウィズ編集部

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

初心者、初級者の方は最初100切りを目指して練習を続けられることと思います。はじめてコースに出るとだいたい120くらいは打ってしまうでしょうが、そこから経験を積んでいくと少しスコアが良くなっていきます …

2021/04/08|ゴルフウィズ編集部

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

ショットがうまくないからコースマネジメントなんて関係ない、は本当か

ショットがうまくないからコースマネジメントなんて関係ない、は本当か

コースマネジメントという言葉を聞いたことがありますでしょうか。簡単にいえば目の前のホールをどうやって攻めていくかを考えるということです。 しかし、これはきちんと考えた通りにボールを打てるレベルの人が考 …

2021/07/29|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ