もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。そこで今回はそんなキャディバッグの選び方についてお話します。

サイズについて

キャディバッグを選ぶ場合、やはり最初にサイズに目が行きます。キャディバッグのサイズは通常口径という口の部分の大きさで表されます。
ゴルフショップで目にするのはだいたい8.5インチから10インチの間くらいでしょう。この範囲のサイズであれば14本のクラブは入りますが、8.5ではサイズ的にはギリギリで仕切りによっては中でグリップが絡んで出し入れにつっかかってしまうかもしれません。
では、おおきければ良いのかというと10インチになるとバッグそのものも相当大きいので重量も重くなりますし、第一カートに乗せると邪魔です。実際に(普通あり得ませんが)10インチが4人集まったらカートには乗りません。
このサイズはプロモデルのサイズなので、競技に出るような方向けです。はたから見ても、そんなバッグを持っていたらめちゃくちゃに上手い人だと思われますので、90も100も叩いたら失笑されてしまいます。
ですので、8.5か9インチくらいが一般的なアマチュアの現実的な選択肢になります。
14本入れない人も多いでしょうから、そういった場合は8.5でも全然問題ありません。
背袋なども8.5や9では小さいものもありますが、この背袋ってほとんど使わないのではないでしょうか?せいぜいレインウェアを入れる程度です。着替えにしても、通常はハーフで休憩が入るのでロッカーに置いておけば済みますし、水切りショットのために池に入るなんてこともアマチュアではあり得ませんから、あんまり必要ではありません。

重量について

だいたい3kg~4kgが一般的な重さです。この重量というのはプレイスタイルで選ぶべきものがずいぶんと変わってきます。
競技に出る学生さんでもなければセルフでバッグを担いで歩いてラウンドすることはありませんから、ラウンドのことだけ考えれば重さを気にする必要はありません。
問題になるのは「ゴルフ場に行く交通手段はなんなのか?」「家や普段行く練習場で車へバッグを積むまでどれくらい歩くのか」などです。
電車でキャディバッグを担いでゴルフに行く可能性がある場合は、とにかく軽くないといけません。宅配便で送るにしても重量があまり重いと高くなってしまいます。
車を使うにしても大きな練習場で日曜にしか行けない方などは駐車場から打席まで結構な距離歩きます。そういった点も加味して重さを選びましょう。
ただし、軽ければ良いのかというと軽いバッグにはそれなりの欠点もあります。
まず一般的に耐久性が重いものに比べて劣るということです。そして、一番問題になるのは持ち上げてショルダーベルトで肩にしょったときにバランスが崩れてクラブのヘッド側が下がってしまうということです。これは運ぶ時にものすごいストレスになりますし、バランスを崩さないように運ぶのは疲れます。

カートタイプとスタンドタイプ

機能的には、スタンドタイプを選ぶ理由はほとんどありません。コースに行こうが練習場に行こうがスタンドを使わないと困る場面というのは、ほぼありません。
家に置いておくにしてもスタンドタイプのほうが場所をとってしまうので邪魔です。
普段行く練習場の打席のとことにキャディバッグを立てかける場所がまったく無いといった特異な環境の方以外はスタンドを使うことはないでしょう。
ですので、単純にデザインの好き嫌いだけで決めてしまった構いません。
スタンドタイプの中にはダブルストラップタイプのショルダーベルトがついているものがあり、電車でキャディバッグを持ち運ぶ可能性がある方には非常に便利な機能ですので、そういった方はぜひ選択肢として考えてみてください。

まとめ

キャディバッグというのは意外と長く使うものです。しっかりした作りのものを選びたいところです。またデザインはよく考えて選びましょう。筆者も若い頃にハデなデザインのものを買ってしまい、年とともにだんだん恥ずかしくなってきたという経験があります。
こまかな機能や、ポケットなどはだいたいどんなバッグを買っても必要なものがついていますので、そういったことはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

スコアが100を切るまでは使わない方が良いなんて意見もあるウッドは、ゴルフクラブのなかでも特に扱うのが難しいクラブです。ドライバ―並みのシャフトでありながらドライバーよりも小さいヘッドであるため、苦手 …

2017/12/18|ゴルフウィズ編集部

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

みなさんはアプローチは得意ですか? アプローチはスコアアップする上で大切だと言われますが、グリーン周りから打つ練習はなかなか機会が少なく、どうしてもミスしてしまう方は多いのではないでしょうか。 そこで …

2018/07/02|ゴルフウィズ編集部

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

ドライバ―ショットの飛距離に悩んではいないでしょうか。「ドライバーが飛ばないから、後に続くプレーがきつい」「2打目を最初に打つのはいつも自分だ」などなど、ドライバ―の飛距離が出ないことで抱えているその …

2017/12/14|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のスライスボール克服法

ゴルフ初心者のスライスボール克服法

ゴルフでラウンドする時に一番はじめに使うのは、だいたいドライバーですよね。朝イチのショットでビシッとナイスショットを決めたいところが、いざ打ってみると右へ右へとボールが飛んで行ってOBなんて悩みありま …

2018/01/16|ゴルフウィズ編集部

ウエッジで遊ぼう

ウエッジで遊ぼう

スコアメイクはカップに近い位置ほど重要になってくるといわれています。一番はパッティングですが、同じくらい重要なのはアプローチでしょう。そんなアプローチに使うことが多いウエッジ。スコアメイクの上では非常 …

2020/08/17|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

2008年に登場し、多くのゴルファーに愛されツアーでも実績があるテーラーメイドの「スパイダーパター」。 今では他メーカーからもその特徴をいかしたパターが発売されています。 「スパイダー型」とも言われ定 …

2020/10/09|ゴルフウィズ編集部

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古のゴルフクラブは、ポイントを押さえ売りに行けば、高価査定で買い取ってもらえます。売ったお金を基にして、新しいゴルフクラブや他のゴルフ用品など購入できます。趣味でゴルフをしている人が多いため、買取も …

2018/08/10|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ