もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか?
パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。
しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていない長さのまま使ってミスをしてしまっている方を見かけます。
そこで今回は長さが合っていないパターを使うとどんなミスが起きるのか、そして適した長さの選び方やオススメのパターメーカーをお伝えしたいと思います。 

まずは優しく真っすぐ打てる構えを再確認

まず最初にいくつかあるパターの打ち方の中で、優しく真っすぐに打ちやすい構えを再確認しておきましょう。
まず真上からボールを見るように上半身を前傾させ、左目の真下にボールがくるようにします。
そして脇を軽く締め、シャフトの延長線がへそやみぞおちを指すようにパターをセットし軽く握ります。
この時パターをボール側から見るとフェースが地面と平行になっていることも大切です。
こうすることでシンプルで優しい打ち方の「真っすぐ引いて真っすぐ出す」がやりやすい構えとなります。

長過ぎるパターで出てしまうミスとは?

それではパターが長いとどんなミスが出てしまうのでしょう?
まずグリップ位置が高くなるため前傾が起き上がり先ほどの「真っすぐヘッドを引いて出す」がやりにくくなってしまいます。
するとボールが右へ左へとバラけて方向性が悪くなります。
もちろんその構えでも打てるので、いつの間にか慣れてプレイしている方もいるでしょう。
しかし身体を起こし気味に打つのはプロや上級者に向いた打ち方で、かなりの練習量が必要です。

逆に前傾を維持したまま長いグリップを握ろうとすると、グリップの先の方を持つことになります。
しかしこの場合パターを軽く感じ身体ではなく手先で打つようになり、方向、距離ともに打つたびにバラバラの再現性が低い状態になってしまいます。
特にカップにボールが届かないショートをしてしまう人に多い傾向です。

では最適なパターの長さの選び方

一般的には女性用パターは32インチがスタンダードとされていて、国内メーカーのレディースパタ―の多くもこの長さです。
しかし32インチは身長が160cm以下の方を想定してあり、160センチ以上の方は33インチでも合う可能性が十分にあるので試してみましょう。
わずか1インチ=2.54センチの違いですが実際に構えてみると結構違うものです。
ただしその人のしっくりくる前傾の深さでも適した長さは変わるので、実際にお店で長さを確認しながら構えてみるのがオススメです。

自分に合った長さを選びやすいパターメーカーは?

最後に長さを考えながらパターを選ぶ上でオススメのパターメーカーをご紹介します。
2社とも海外メーカーですが、国内メーカーのパターは種類も限られ長さもほぼ32インチ一択なので、多くのラインナップの中から選びたいという方はチェックしてみて下さい。

オデッセイ
パターの売り上げ、プロの使用率ともに世界でナンバーワンのトップメーカーです。
以前よりレディースモデルを多く発売していてその豊富なバリエーションでもトップクラス。
しかも2018年からメインモデルでオーダーが出来るようになり、レディースモデルではなくても長さが32インチ、33インチと選べるようになりました。
またグリップも変えることが出来るので好みの色にするのも楽しいですね。
基本的にオーダー料はかからないのでぜひ利用してみましょう。

PING
2017年の賞金女王、鈴木愛選手も愛用するメーカーです。
PINGはフィッティングと言って最初からオーダーを前提としており、こちらも無料で頼めます。
全モデルで32インチから設定があるので、レディースかどうか関係なく豊富なラインナップから自由に選べます。
またグリップやライ角なども自分に合わせてオーダーできるので、よりフィットしたパターを手に入れることができます。
オーダーなのに値段も手頃なので、ぜひ検討してみて下さい。

まとめ

パターは1回のラウンドで最も使い、スコアアップに重要なクラブとも言われます。
しかし繊細なクラブでもあるので、長さやヘッドの形など少しの違いで打ちやすさが大きく変わります。
ぜひ自分に合ったパターをしっかり選んで、頼もしいパートナーにしましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフのスイング中によく「軸を保って振ること」などと「軸」について言われることがあると思います。 昔からレッスンなどで耳にすることですが、その軸というのは実際には目に見えないものですよね。 自分で感じ …

2022/04/07|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

バンカーやラフなどから脱出する際に使用するウェッジは、リカバリーしやすいものを選ぶことが大切です。リカバリーしづらいウェッジを使い続けたりバンカーやラフに合っていないクラブを使い続けたりすると、失敗経 …

2017/12/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフをしていると当然、ミスが起こります。1回だけならいいのですが、何回も続くと徐々にイライラが積もってきてしまいます。すると、周りの空気も悪くなってしまい、せっかくのゴルフが楽しめません。 さらに、 …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

トラブル対応。トリッキーなショット

トラブル対応。トリッキーなショット

林の中に打ちこんでしまって、簡単に出せそうなところにボールが無い時。池に打ちこんでしまった時などなど、トラブルに見舞われたとき、プロは時々信じられないようなショットをします。 アマチュアが真似できるも …

2020/09/08|ゴルフウィズ編集部

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

ゴルフのグリーン上で、パターを吊るす行動をプロがやっているのを見たことがあると思います。 気になるけれど自分には関係なさそうですよね。 読み解くのが難しい芝目。 もしかしたら私たちにも参考になることが …

2021/10/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルファーなら誰しも少しでも遠くに飛ばしたいと思うもの。これは初心者からプロまで変わることはありません。特に日本のゴルファーは飛ばしに対する欲求が強いようで、ドライバーやボールの宣伝文句は「飛びます」 …

2021/06/03|ゴルフウィズ編集部

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

女性ゴルファーのみなさんはボールはどんなものを使っていますか? 男性用の色がかわいいものを使ったり、あるいは気にしたことが無いという方もいるかもしれませんね。 しかしレディースボールには女性に合わせた …

2018/03/28|ゴルフウィズ編集部

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

タイトルでもある「ワンレングスアイアン」(もしくはシングルレングスアイアン)こういった言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。現在密かに話題になっているアイアンです。まだまだプロで使用している選手は …

2017/10/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ