もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか?
パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。
しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていない長さのまま使ってミスをしてしまっている方を見かけます。
そこで今回は長さが合っていないパターを使うとどんなミスが起きるのか、そして適した長さの選び方やオススメのパターメーカーをお伝えしたいと思います。 

まずは優しく真っすぐ打てる構えを再確認

まず最初にいくつかあるパターの打ち方の中で、優しく真っすぐに打ちやすい構えを再確認しておきましょう。
まず真上からボールを見るように上半身を前傾させ、左目の真下にボールがくるようにします。
そして脇を軽く締め、シャフトの延長線がへそやみぞおちを指すようにパターをセットし軽く握ります。
この時パターをボール側から見るとフェースが地面と平行になっていることも大切です。
こうすることでシンプルで優しい打ち方の「真っすぐ引いて真っすぐ出す」がやりやすい構えとなります。

長過ぎるパターで出てしまうミスとは?

それではパターが長いとどんなミスが出てしまうのでしょう?
まずグリップ位置が高くなるため前傾が起き上がり先ほどの「真っすぐヘッドを引いて出す」がやりにくくなってしまいます。
するとボールが右へ左へとバラけて方向性が悪くなります。
もちろんその構えでも打てるので、いつの間にか慣れてプレイしている方もいるでしょう。
しかし身体を起こし気味に打つのはプロや上級者に向いた打ち方で、かなりの練習量が必要です。

逆に前傾を維持したまま長いグリップを握ろうとすると、グリップの先の方を持つことになります。
しかしこの場合パターを軽く感じ身体ではなく手先で打つようになり、方向、距離ともに打つたびにバラバラの再現性が低い状態になってしまいます。
特にカップにボールが届かないショートをしてしまう人に多い傾向です。

では最適なパターの長さの選び方

一般的には女性用パターは32インチがスタンダードとされていて、国内メーカーのレディースパタ―の多くもこの長さです。
しかし32インチは身長が160cm以下の方を想定してあり、160センチ以上の方は33インチでも合う可能性が十分にあるので試してみましょう。
わずか1インチ=2.54センチの違いですが実際に構えてみると結構違うものです。
ただしその人のしっくりくる前傾の深さでも適した長さは変わるので、実際にお店で長さを確認しながら構えてみるのがオススメです。

自分に合った長さを選びやすいパターメーカーは?

最後に長さを考えながらパターを選ぶ上でオススメのパターメーカーをご紹介します。
2社とも海外メーカーですが、国内メーカーのパターは種類も限られ長さもほぼ32インチ一択なので、多くのラインナップの中から選びたいという方はチェックしてみて下さい。

オデッセイ
パターの売り上げ、プロの使用率ともに世界でナンバーワンのトップメーカーです。
以前よりレディースモデルを多く発売していてその豊富なバリエーションでもトップクラス。
しかも2018年からメインモデルでオーダーが出来るようになり、レディースモデルではなくても長さが32インチ、33インチと選べるようになりました。
またグリップも変えることが出来るので好みの色にするのも楽しいですね。
基本的にオーダー料はかからないのでぜひ利用してみましょう。

PING
2017年の賞金女王、鈴木愛選手も愛用するメーカーです。
PINGはフィッティングと言って最初からオーダーを前提としており、こちらも無料で頼めます。
全モデルで32インチから設定があるので、レディースかどうか関係なく豊富なラインナップから自由に選べます。
またグリップやライ角なども自分に合わせてオーダーできるので、よりフィットしたパターを手に入れることができます。
オーダーなのに値段も手頃なので、ぜひ検討してみて下さい。

まとめ

パターは1回のラウンドで最も使い、スコアアップに重要なクラブとも言われます。
しかし繊細なクラブでもあるので、長さやヘッドの形など少しの違いで打ちやすさが大きく変わります。
ぜひ自分に合ったパターをしっかり選んで、頼もしいパートナーにしましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ユーティリティの飛距離を伸ばすためのコツ

ユーティリティの飛距離を伸ばすためのコツ

クラブ選択でユーティリティを入れるべきか悩んでいるゴルファーは多いでしょう。比較的最近開発されたクラブで、改良も続けられているので、必要なのかどうかを検討されているゴルファーもいると思います。 ユーテ …

2017/11/24|ゴルフウィズ編集部

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

飛ばすウッド!「キャロウェイ GBB EPIC STAR」

スコアが100を切るまでは使わない方が良いなんて意見もあるウッドは、ゴルフクラブのなかでも特に扱うのが難しいクラブです。ドライバ―並みのシャフトでありながらドライバーよりも小さいヘッドであるため、苦手 …

2017/12/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

タイトルでもある「ワンレングスアイアン」(もしくはシングルレングスアイアン)こういった言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。現在密かに話題になっているアイアンです。まだまだプロで使用している選手は …

2017/10/31|ゴルフウィズ編集部

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

最近流行のパターといえばテーラーメイドから発売されているスパイダーツアーパターです。 流行り始めたきっかけは当時世界ランキング1位のジェイソンデイ選手が使用していたことから徐々にツアー内で使用選手が増 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフでラウンドすると一番使用頻度の高いクラブはどれになるのでしょうか。ドライバーは14回くらいでしょうか。ピッチングウェッジやサンドウェッジだってそれぞれ10回くらいかもしれません。そんな中でパター …

2017/11/05|ゴルフウィズ編集部

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

ゴルフクラブを揃える方法は、新品で買うのか中古品を手に入れるかの2つあります。これから本格的に始めようというなら先行投資の意味も含めて新品で買うのもアリですが、新品だとアイアンを1本買うだけでも相当な …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ