もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

代表パターの一つはピン型!上手く打つにはメリットを知ろう

2019/09/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのパターのヘッドの形状で、最近種類が増えているのがマレット型ですね!
昔よりもグリーンが速くなったことと、ツアープロの間で使用者が多くなったことも要因かもしれません。

それでも、昔からあるピン型のパターは、初心者からベテランまで間違いなくオススメです。
その打ち方やメリットやデメリットとを知れば、ピン型の良さにも気づくのではないでしょうか。
今回ご紹介しますので、参考にしてみてください!

ピン型のパターの特徴とメリット・デメリットは

ピン型のパターは、50年ほど前にアメリカのピン社で開発されました。
その会社名が型の名前となって、長い間支持されています。

【ピン型の特徴】
・ 抜群の操作性の良さと構えやすさ
・ ある程度柔軟なバランスのとれたパターの型
・ フェース面を感じながらストロークができる

ただこれらの特徴を使いづらいと感じるゴルファーも確かにいます。
そのメリットとデメリットを知ることが大切になります。

【メリット】
シンプルな構造のピン型のパターは、フェースを開閉することによってヘッドのコントロールがしやすいです。
シャフトの線の上からフェースまでの芯の距離が適度にあるので開閉しやすいのです。
タッチを出しやすいので、ボールを打った感じが強く出ます。

そしてミスをカバーしてくれるので、パターの場面で落ち着いて打つことができます。
振り子のように自然にストロークすると、イントゥインの軌道になります。
パッティングに自然な軌道が出来るので、特にロングパットが打ちやすいです。

【デメリット】
ストロークが自然とはえ、開いて閉じる形にならないと思い通りにボールが転がりません。
そして、あまりにもヘッドの芯を外すと距離が伸びない場合があります。

また、ヘッドの重心が軽いので、ブレやすくなるかもしれません。
マレット型と比べて操作性が良すぎることが、逆に上手くいかない場面もあります。
機械的にストロークしたいゴルファーにとっては、デメリットになるかもしれません。

ピン型のメリットが行かせるメーカーとマレット型との比較

ピン型は、現在では様々なメーカーから出ています。
その中で代表的なメーカーをご紹介します。
また人気のマレット型との比較をしてみます。

【ピン】
言わずと知れたピン型の代表のメーカーで、契約外のプロも使うほどの人気を誇っています。
1966年に発表された「アンサー」はとても有名です。

【タイトリスト】
スコッティキャメロン氏はピンのカーステンソルハイム氏が作り切れなかったピン型のパターの追求をしました。
「ニューポート2」はピンの「アンサー2」というモデルをモデファイしたものです。
松山英樹プロやタイガーウッズもスコッティキャメロンがエースパターでした。

【オデッセイ】
オデッセイと言えばマレット型ですが、ピン型でもとても有名です。
スコッティキャメロンやピンとも違う、柔らかい打感と転がりの良さが人気です。

【人気のマレット型との比較】
パターで初心者によくオススメと言われるのがマレット型ですね。
マレット型は、手首を固定して真っ直ぐ引いて出す打ち方をするので、積極的な操作はしません。
感覚で打つのではなく、パターの重さで縦の距離感が出てコントロールができます。
そして手首を使うと、ヘッドをコントロール出来ずに方向性が不安定になります。

ピン型のパターのポイントは、緩やかなイントゥインでフェースを感じながら打つことです。
パターのストロークは自然に打とうとすると真っ直ぐにはなりません。
イントゥインの軌道で弧を描くので、ピン型は自然なストロークができるのです。
手首を使ってコツッとフェースの向きを感じながらパッティングする感じです。

まとめ

現在のパッティングスタイルは、ゆっくりとしたストロークが多いですね。
マレット型のモデルが増えたことと、グリーンの芝の状況がマレット型と相性の良いベントグリーンのコースが増えたことかもしれません。

しかしパターを選ぶのはやはり自分の感覚が頼りです。
長年愛されているピン型のメリットを知った上で、色々なものを試してみるのもパター選びの楽しみですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自宅で上達。パター練習法

自宅で上達。パター練習法

ゴルフのパーは72。コースにより少し変わりますが基本的には72でコースは設計されています。この72という数字、半分はショットの数、残りの半分はパッティングの数だというのはご存知でしたでしょうか?それく …

2019/10/09|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフでラウンドすると一番使用頻度の高いクラブはどれになるのでしょうか。ドライバーは14回くらいでしょうか。ピッチングウェッジやサンドウェッジだってそれぞれ10回くらいかもしれません。そんな中でパター …

2017/11/05|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

やさしいパターのマレット型!基本の打ち方をおさえよう!

やさしいパターのマレット型!基本の打ち方をおさえよう!

ゴルファーにおすすめのパターは、まっすぐ引いてまっすぐ出す打ち方のマレット型です。 これはパターの基本を身につけるのに役立ちます! マレット型のパターに合う打ち方をすると、その特性を惜しみなく活かせま …

2019/08/07|ゴルフウィズ編集部

チップパットを身に付けてスコアアップ!

チップパットを身に付けてスコアアップ!

ロングパットが難しい原因は、距離感が正しく把握できないことにあります。カップまで何メートルあるのか?正確に掴むことができれば、距離に合わせたパッティングをすればいいので、スコアを悪くする確立を低くでき …

2019/03/29|ゴルフウィズ編集部

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはス …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

繊細なタッチが要求されるパターには、さまざまな形をしたクラブがあります。それぞれには違った特徴があり、初心者の方が選ぶには最低限の知識をもっておくことが必要です。 この記事では、大きく3つの形に分けら …

2017/12/12|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ