もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

2022/04/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイング中によく「軸を保って振ること」などと「軸」について言われることがあると思います。
昔からレッスンなどで耳にすることですが、その軸というのは実際には目に見えないものですよね。
自分で感じるものということなのかどうなのか、見ていきましょう!

スイングの軸は感じるもの

ゴルフでスイングの重要な概念の一つに「軸」がありますが、それは目に見えないものなので、なんとなく意識するという感じかもしれません。

【軸は結局何なのか】
スイングは回転運動です。
回転運動には軸が絶対に必要なので、スイングのことでよく耳にしますね。
ところがその軸を説明するのに、どれくらいの太さで、いくつあってどこにあるのか、動くのか動かないのか、またどう作るのか、多くの表現が必要になってきます。
それが多くのゴルファーを悩ませることに。

【軸は見えない】
軸は目に見えません。
だとすると、どこにあるのかどう使うのかは、自分で感じるしかないのです。
イメージするのは頭のてっぺんに紐のついた人形。
紐で頭を引っ張られることで、体の中に軸が出来ることが感じられます。

スイングはアドレス時に感じる、この軸を中心に行う回転運動です。
軸は全く動かないわけではなく、動くか動かないかで言えば、ある程度は動くのが自然です。
軸を全く動かさないで振ると手打ちになってしまいます。

ただ動くといっても、前後左右に傾いたり回転運動の枠の外まで動きすぎるのは違います。
そこまで動くと、いわゆる軸がブレるという現象に。

【力の使い方が重要】
軸に対するプロとアマの違いをいうなら、それは力の使い方の違いで、アマチュアの場合は、上体の力、特に腕の力だけで振ろうとします。
実はこの状態のリキみこそが、軸がぶれる原因なのです。

これに対してプロの場合は、同じ力でも「地から」のパワーを使います。
いわゆる下半身主導のスイングです。
このことに注目すれば軸が生まれてきます。

リキみを消して軸をしっかりつくる

目に見えない軸を感じられないのはリキみがあるから。
ということでそのリキみを減らしていきましょう。

【姿勢に気を付ける】
なぜ上体のリキみが生まれるのでしょうか。
ひとつは姿勢が悪いからです。
これは体を前後左右に傾けてみればわかりますが、不安定になればなるほど、上体に力が入るものです。
自分がどうバランスをとって立っているのかがわからないと、そもそも軸がイメージできません。

例えば畑岡奈紗プロの場合、打つ前に軽く2~3度ジャンプしてからアドレスに入ります。
おそらく体をニュートラルに整えるルーティンなのでしょう。
これを真似してみると、上体のリキみが消えて重心が下がるのがわかります!

【これが軸だと感じる】
分かりづらいですが、この下がった重心が、軸の中心です。
人間の体でそれがどこにあるかといえば、おへその位置。
おへそから動けば、リキみが消えてスムーズな回転運動ができてゴルフはやさしくなります。
良い姿勢には、おへその意識がとても大事なのです。

【意外な軸のズレの原因】
実はボールの存在自体も軸がズレて崩れる原因です。
というのも、ゴルフはボールが地面にあって、自ら前傾角をつくらなければなりません。
この姿勢は上体の力みを生みやすく「ギッタンバッコン」という感じになって、軸の傾きを生みやすいのです。

それを防ぐためには腰やひざの高さの素振りが効果的です。
この高さで振ることで、上体のリキみがなくなって、いわゆるレベルスイングの体の動きが身に付きます。
またじっくりボールを見るのも力む原因なので、時には目をつぶって素振りをしてみましょう。

まとめ

ゴルフのスイングを教わる時によくきく「軸」は、目に見えないもの。
軸は感じるもので、おへそで動けばスイングは崩れないということです。
軸が動きすぎると気の抜けたスイングになってしまうので、上体から動くのではなく下半身主導でスイングすること。

ボールをじっと見すぎるのもよくないので、とまどったら一度目を閉じて素振りをして軸を感じてください。
目をつぶった時はくれぐれも周りに人がいないか気を付けてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

念願のゴルフコースデビュー。大自然の中で思いっきりショットを打つのは快感ですよ。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?そこで聞きたいのですが、必要なものは用意できましたか? 実はゴルフには、持 …

2017/10/21|ゴルフウィズ編集部

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

みなさんはショートコースは利用したことはありますか? その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。 普通のコースと比べると短く …

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットが苦手なのは

バンカーショットが苦手なのは

初心者、初級者の方の苦手なショットの代表格ともいえるのがバンカーショットではないでしょうか?またレディースゴルファーの方も苦手にしている方が多いようです。いろいろとバンカーの打ち方を勉強しているはずな …

2021/04/15|ゴルフウィズ編集部

もしもゴルフの会員権を買うなら押さえるべきポイントがある

もしもゴルフの会員権を買うなら押さえるべきポイントがある

密にならないスポーツとしてブーム再燃となったゴルフ。 その証拠に会員権の問い合わせも増えているそうです。 今や女性が会員権の購入をするというのもめずらしいことではないですね。もし購入を考えたなら押さえ …

2022/06/30|ゴルフウィズ編集部

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

欠点、クセとのつきあい方について

欠点、クセとのつきあい方について

最近はあまり使いませんが、無くて七癖なんて言葉もあります。 ゴルフに関しては「無くて」どころか一人ひとり非常に強いクセがあるのが普通です。 ゴルファーなら誰しもクセや欠点を直して良いスイングをしたいと …

2021/03/11|ゴルフウィズ編集部

実体験に基づくイップスのお話

実体験に基づくイップスのお話

イップスというのをご存じでしょうか? ある動作をしようとしたときに身体が固まってしまって動かなくなる現象です。今ではいろいろなスポーツや、楽器の演奏などについても使われますが、もともとはゴルフについて …

2021/02/11|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。 な …

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

突然ですが日本でのゴルフクラブ発祥の地、というのがどこかご存じでしょうか?はじめて日本でアイアンクラブを作ったのはちょっと意外な土地。その後も地場産業のひとつとして発展し日本のゴルフクラブの歴史に名前 …

2020/12/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ