もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

みなさんはショートコースは利用したことはありますか?
その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。
普通のコースと比べると短くて楽しさはイマイチに見えるかもしれませんが、実は実戦に近い状況で練習できるオススメの場所なのです。
今回はそのメリットと使い方、準備するものや服装などの注意点をお伝えします。

ショートコースは何のために行くの?

ショートコースは距離が短く、ホール数も少ないので、良いスコアを目指すというより練習を目的として利用した方が圧倒的にメリットがあります。
特にウッドはほとんど使わないので自然と短い距離のアイアンショットやアプローチが中心になり非常に練習になります。
パターも実際のグリーンなので、家のパターマットと違い傾斜や芝の影響の勉強にもなります。
さらに本物の芝の上から打つので、練習場のマットのようにダフってもクラブが滑ってくれず、実践的な練習になります。

また初心者であればコースに慣れる効果もあるでしょうし、女性にとってはドライバーやフェアウェイウッドなどを使わずに済むので、気軽に楽しめるミニゴルフと考えることもできます。

もちろん経験者の方はゴルフにとってグリーン周りの寄せや、100ヤード以内の半端な距離のショットの重要性は十分にお解りでしょうから、その強化にもうってつけです。

ショートコースへの準備

まず持って行くクラブですが通常は1打目の次はもうパターかアプローチなので、ウッド系は不要でアイアンを数本とアプローチに必要なAW、SW、パターなど通常の半分程度でオッケーです。
(ただ200ヤード前後のホールがあるコースもあるので、事前に確認しましょう)

わざとグリーンを外してアプローチの練習をするなら、アイアンは9番だけなど割り切るのもありです。
もちろん150ヤード近辺のショットを練習したいならミドルアイアン、女性ならユーティリティなどを使っても構いません。
要は何の練習をするかはっきりさせて選ぶことが大切です。

またクラブを入れていくのはキャディバッグでなくても大丈夫です。
5〜6本入れられるスタンド式クラブケースなどでも十分代用できます。
本格的なコースと違い自分でキャディバッグを運ぶことが多いので、特に女性の方は探してみると良いでしょう。
他の持ち物は普段のコースと同じでオッケーですが、ロッカーが無いところも多いので女性の方は確認をしてから荷物の準備をした方が良さそうです。

準備と注意点

ショートコースでプレーする際に少し注意したいのが服装です。
本格的なコースに行くようなビシッとキメたカラフルウェアーで行くと、かなり浮くかもしれません。
練習気分で来る方が多く少しカジュアルな服装がほとんどですし、ショートコース自体が気軽に利用できる雰囲気なので、本格的なコースのような気合いの入ったウェアーはちょっと場違いな感じです。

かと言って打ちっぱなしのように、ジャージで行って良いかと言うと微妙なところ。
一応コースと名前が付いているので、ラフ過ぎるとNGなところもあるでしょう。
初めての場合は一度ポロシャツにパンツルックで行ってみて、雰囲気を確かめてみるようにしましょう。

そしてもう一つ注意したいのがマナーです。
特に他の人も利用する以上、プレーファーストは最低限守るべきマナーでしょう。
よく練習なのだからと、一人で複数のボールを打ちながらプレーしている人たちがいます。
もちろんそれでもサクサク進んでくれれば良いのですが、まだ上手ではないのにそのようなプレーをして、後ろの組を待たせている方々もいます。
ショートコースは練習場だからと考えているのでしょうが、だから他の人たちに迷惑をかけて良いという理由にはなりません。
どうせ本番の練習のためなら、ぜひプレーファーストも練習するようにしましょう。

まとめ

あまり行き慣れないとショートコースはホール数も距離も物足りなくて楽しくなさそう、と思ってしまいますよね。
確かにプレーをすると思うとその通りですが、練習と見方を変えると上達のためにできることがたくさんあり、使わない手はありません。
気軽に行けて料金も手軽なのでぜひトライしてみて下さい。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

夏だからこそ着たい機能性インナー!でもそのマナーとは?

夏だからこそ着たい機能性インナー!でもそのマナーとは?

プレーしやすい春先などのゴルフも良いですが、暑い夏に行うゴルフは一味違った良さがあります。また、暑さと言う状況があるからこそ自分の経験値を上げる事ができますし、他の季節には無い対応が必要になります。 …

2018/06/26|ゴルフウィズ編集部

無料プレイが嬉しいゴルフ場とゴルフ練習場

無料プレイが嬉しいゴルフ場とゴルフ練習場

利用する際に回数制限はありますが、無料で何十回も練習できますので、若い人であればゴルフが上手くなれます。練習場の無料利用と、ゴルフ場を無料でラウンドできます。練習の成果を実際プレイして、確かめてみまし …

2018/12/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフとグルメを同時に楽しむと充実度アップ

ゴルフとグルメを同時に楽しむと充実度アップ

ゴルフをプレーする日の一番の楽しみはもちろんゴルフをすることでしょう。期待に胸を膨らませて前日の夜はほとんど眠れなかったという経験はあるのではないでしょうか。 コンペであれば当日に向けてかなりの練習を …

2017/10/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

筋肉を付けるための「鶏のささみ肉」ですが、高タンパクな食材ということが、筋肉にいい理由です。あっさりしている味なので、味付けを一工夫する必要はありますが、ゴルフに必要な筋トレ合わせて行い、パワーアップ …

2018/09/19|ゴルフウィズ編集部

女性もゴルフウェア は襟付きが必須?マナーに抵触しないためには

女性もゴルフウェア は襟付きが必須?マナーに抵触しないためには

最近ではゴルフを楽しむ女性も増えて来て、ゴル女なんて言葉も出て来ています。そして、女性向けのゴルフウェアもどんどん増えて来ています。ゴルフでは服装のマナーも重視されているスポーツだけに、服装のマナーも …

2018/06/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場へ車で行く際に気をつけたいポイントとは?

ゴルフ場へ車で行く際に気をつけたいポイントとは?

ゴルフはスタート時間が決まっているため、確実にその時間に到着する必要がありますよね。 渋滞でイライラ、焦って事故を起こしてしまっては大変です。 今回は、車でゴルフに行く際に気をつけたいポイントについて …

2017/12/28|ゴルフウィズ編集部

真冬の季節は暖かい沖縄ゴルフコースがおススメ

真冬の季節は暖かい沖縄ゴルフコースがおススメ

沖縄はゴルフプレイに最適な気温という点も嬉しいですが、圧倒的に迫力がある美しい大自然が広がり、日常の疲れもとりながら、くつろいでゴルフを楽しめるので、冬もゴルフをしたい人におススメです。旅のいい想い出 …

2018/11/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

スィングフォームにすでに癖がついているので、改善が難しいと思うかもしれませんが、ご紹介の改善方法を実践すれば、ミスショットを少なくすることができます。ゴルフボールをショットする際の姿勢を改善しましょう …

2019/04/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

カート道にゴルフボールが入ってしまう、ゴルフボールの目の前に障害物があるなどの理由で救済措置を行うことができます。救済する時は、ルールに従って、適切にゴルフボールをドロップしなければいけません。 もし …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

プチ旅行気分満喫!ゴルフ&温泉を楽しめるコース

プチ旅行気分満喫!ゴルフ&温泉を楽しめるコース

ゴルフ場の楽しみは、プレーだけではありません! 美味しい食事や気持ちよいお風呂など、プチ旅行気分を味わうにうってつけの設備があるゴルフ場もあります。 今回は天然温泉完備のゴルフ場に的を絞って、ご紹介し …

2018/01/08|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ