もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

みなさんはショートコースは利用したことはありますか?
その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。
普通のコースと比べると短くて楽しさはイマイチに見えるかもしれませんが、実は実戦に近い状況で練習できるオススメの場所なのです。
今回はそのメリットと使い方、準備するものや服装などの注意点をお伝えします。

ショートコースは何のために行くの?

ショートコースは距離が短く、ホール数も少ないので、良いスコアを目指すというより練習を目的として利用した方が圧倒的にメリットがあります。
特にウッドはほとんど使わないので自然と短い距離のアイアンショットやアプローチが中心になり非常に練習になります。
パターも実際のグリーンなので、家のパターマットと違い傾斜や芝の影響の勉強にもなります。
さらに本物の芝の上から打つので、練習場のマットのようにダフってもクラブが滑ってくれず、実践的な練習になります。

また初心者であればコースに慣れる効果もあるでしょうし、女性にとってはドライバーやフェアウェイウッドなどを使わずに済むので、気軽に楽しめるミニゴルフと考えることもできます。

もちろん経験者の方はゴルフにとってグリーン周りの寄せや、100ヤード以内の半端な距離のショットの重要性は十分にお解りでしょうから、その強化にもうってつけです。

ショートコースへの準備

まず持って行くクラブですが通常は1打目の次はもうパターかアプローチなので、ウッド系は不要でアイアンを数本とアプローチに必要なAW、SW、パターなど通常の半分程度でオッケーです。
(ただ200ヤード前後のホールがあるコースもあるので、事前に確認しましょう)

わざとグリーンを外してアプローチの練習をするなら、アイアンは9番だけなど割り切るのもありです。
もちろん150ヤード近辺のショットを練習したいならミドルアイアン、女性ならユーティリティなどを使っても構いません。
要は何の練習をするかはっきりさせて選ぶことが大切です。

またクラブを入れていくのはキャディバッグでなくても大丈夫です。
5〜6本入れられるスタンド式クラブケースなどでも十分代用できます。
本格的なコースと違い自分でキャディバッグを運ぶことが多いので、特に女性の方は探してみると良いでしょう。
他の持ち物は普段のコースと同じでオッケーですが、ロッカーが無いところも多いので女性の方は確認をしてから荷物の準備をした方が良さそうです。

準備と注意点

ショートコースでプレーする際に少し注意したいのが服装です。
本格的なコースに行くようなビシッとキメたカラフルウェアーで行くと、かなり浮くかもしれません。
練習気分で来る方が多く少しカジュアルな服装がほとんどですし、ショートコース自体が気軽に利用できる雰囲気なので、本格的なコースのような気合いの入ったウェアーはちょっと場違いな感じです。

かと言って打ちっぱなしのように、ジャージで行って良いかと言うと微妙なところ。
一応コースと名前が付いているので、ラフ過ぎるとNGなところもあるでしょう。
初めての場合は一度ポロシャツにパンツルックで行ってみて、雰囲気を確かめてみるようにしましょう。

そしてもう一つ注意したいのがマナーです。
特に他の人も利用する以上、プレーファーストは最低限守るべきマナーでしょう。
よく練習なのだからと、一人で複数のボールを打ちながらプレーしている人たちがいます。
もちろんそれでもサクサク進んでくれれば良いのですが、まだ上手ではないのにそのようなプレーをして、後ろの組を待たせている方々もいます。
ショートコースは練習場だからと考えているのでしょうが、だから他の人たちに迷惑をかけて良いという理由にはなりません。
どうせ本番の練習のためなら、ぜひプレーファーストも練習するようにしましょう。

まとめ

あまり行き慣れないとショートコースはホール数も距離も物足りなくて楽しくなさそう、と思ってしまいますよね。
確かにプレーをすると思うとその通りですが、練習と見方を変えると上達のためにできることがたくさんあり、使わない手はありません。
気軽に行けて料金も手軽なのでぜひトライしてみて下さい。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

no image

秋冬のカートバックはどんなものが人気!?選び方とは?

カートバッグはラウンドに出る時に、私物をまとめると言う実用性の高いものでもありますが、せっかく持つのですからおしゃれでトレンド感のあるものを選びたいです。そろそろ秋冬の衣替えを考えている時には、ぜひ今 …

2018/09/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンドで必要な水分や栄養は中身ととり方が大事!

ゴルフのラウンドで必要な水分や栄養は中身ととり方が大事!

ゴルフはテニスやサッカーのように激しく動くスポーツではないので、水分や栄養補給もつい後回しになってしまいますよね。 熱中症を防ぐためにも水分を意識してとる必要があります。 水だけをとればよいというわけ …

2020/04/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋力をつけるトレーニンググッズ

ゴルフに必要な筋力をつけるトレーニンググッズ

インパクト時に最大限の力を発揮できなければ、いつまでも成績が悪く、ゴルフをするのが楽しくないと考え始めるでしょう。サポートグッズを上手く利用すれば、トレーニングをする気が無い人でも、鍛えてみようという …

2018/11/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフをしていると、ゴルフボールが林に入ってしまうがよくあります。林の中はフェアウェイやラフとは違い、悪条件のオンパレードです。整っていない地面はもちろん、根っこが飛び出していたりしており、厄介です。 …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

半袖では肌寒く感じる日が多くなってきて、ゴルフウェアも衣替えをしようとされている方も多いかと思います。普段着の衣替えの目安として最低気温20度が平均くらいになった頃が良いとも言われています。 スポーツ …

2018/10/04|ゴルフウィズ編集部

紫外線が気になる季節こそサングラスが大切!マナーとは?

紫外線が気になる季節こそサングラスが大切!マナーとは?

日本人の目は比較的紫外線にも強いと言われていますが、眉付近のくぼみが少ないので入ってくる紫外線も多いと言われています。長時間外でプレーを続けるゴルフでは、目を保護するのも病気を防ぐためにもとっても大切 …

2018/05/15|ゴルフウィズ編集部

<小名浜オーシャン>太平洋を臨むシーサイドゴルフ!宿泊もできます

<小名浜オーシャン>太平洋を臨むシーサイドゴルフ!宿泊もできます

太平洋に面した立地を活かし作られています。岩や岸壁の多い地形を活かしているので、ホールごとに特徴があります。海に近いホールでは、白い波しぶきが立つのが見え、気分はまるで西海岸です。 概要 「小名浜オー …

2018/01/22|ゴルフウィズ編集部

暑い夏は冷んやり涼しい北海道へゴルフ女子旅

暑い夏は冷んやり涼しい北海道へゴルフ女子旅

北海道は自然を活かしたゴルフコースになっているので、日頃の仕事などのストレスで、疲れている気持ちを、リラックスさせてゴルフするのに最適です。気温も低めで快適なため、蒸し暑さを気にせずラウンドできます。 …

2018/08/09|ゴルフウィズ編集部

上達して仲間も出来る!女性にオススメなゴルフスクールの選び方

上達して仲間も出来る!女性にオススメなゴルフスクールの選び方

みなさんはゴルフスクールはご存知ですか? 練習場へ行くと何人かが先生に教わっているのを見たことがあると思います。 もし練習していてもなかなか上達しない、と感じている人にはとてもオススメです。 やはり教 …

2018/06/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の理想のスイングと練習法

ゴルフ初心者の理想のスイングと練習法

ゴルフスイングの流れ テレビのゴルフ番組を観ていると、プロゴルファーのスイングがコマ切れで映されることがあります。一度よく注目してみてください。観察してみると、クラブのフェイスが球に当たるよりも先に左 …

2017/10/24|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ