もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

みなさんはショートコースは利用したことはありますか?
その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。
普通のコースと比べると短くて楽しさはイマイチに見えるかもしれませんが、実は実戦に近い状況で練習できるオススメの場所なのです。
今回はそのメリットと使い方、準備するものや服装などの注意点をお伝えします。

ショートコースは何のために行くの?

ショートコースは距離が短く、ホール数も少ないので、良いスコアを目指すというより練習を目的として利用した方が圧倒的にメリットがあります。
特にウッドはほとんど使わないので自然と短い距離のアイアンショットやアプローチが中心になり非常に練習になります。
パターも実際のグリーンなので、家のパターマットと違い傾斜や芝の影響の勉強にもなります。
さらに本物の芝の上から打つので、練習場のマットのようにダフってもクラブが滑ってくれず、実践的な練習になります。

また初心者であればコースに慣れる効果もあるでしょうし、女性にとってはドライバーやフェアウェイウッドなどを使わずに済むので、気軽に楽しめるミニゴルフと考えることもできます。

もちろん経験者の方はゴルフにとってグリーン周りの寄せや、100ヤード以内の半端な距離のショットの重要性は十分にお解りでしょうから、その強化にもうってつけです。

ショートコースへの準備

まず持って行くクラブですが通常は1打目の次はもうパターかアプローチなので、ウッド系は不要でアイアンを数本とアプローチに必要なAW、SW、パターなど通常の半分程度でオッケーです。
(ただ200ヤード前後のホールがあるコースもあるので、事前に確認しましょう)

わざとグリーンを外してアプローチの練習をするなら、アイアンは9番だけなど割り切るのもありです。
もちろん150ヤード近辺のショットを練習したいならミドルアイアン、女性ならユーティリティなどを使っても構いません。
要は何の練習をするかはっきりさせて選ぶことが大切です。

またクラブを入れていくのはキャディバッグでなくても大丈夫です。
5〜6本入れられるスタンド式クラブケースなどでも十分代用できます。
本格的なコースと違い自分でキャディバッグを運ぶことが多いので、特に女性の方は探してみると良いでしょう。
他の持ち物は普段のコースと同じでオッケーですが、ロッカーが無いところも多いので女性の方は確認をしてから荷物の準備をした方が良さそうです。

準備と注意点

ショートコースでプレーする際に少し注意したいのが服装です。
本格的なコースに行くようなビシッとキメたカラフルウェアーで行くと、かなり浮くかもしれません。
練習気分で来る方が多く少しカジュアルな服装がほとんどですし、ショートコース自体が気軽に利用できる雰囲気なので、本格的なコースのような気合いの入ったウェアーはちょっと場違いな感じです。

かと言って打ちっぱなしのように、ジャージで行って良いかと言うと微妙なところ。
一応コースと名前が付いているので、ラフ過ぎるとNGなところもあるでしょう。
初めての場合は一度ポロシャツにパンツルックで行ってみて、雰囲気を確かめてみるようにしましょう。

そしてもう一つ注意したいのがマナーです。
特に他の人も利用する以上、プレーファーストは最低限守るべきマナーでしょう。
よく練習なのだからと、一人で複数のボールを打ちながらプレーしている人たちがいます。
もちろんそれでもサクサク進んでくれれば良いのですが、まだ上手ではないのにそのようなプレーをして、後ろの組を待たせている方々もいます。
ショートコースは練習場だからと考えているのでしょうが、だから他の人たちに迷惑をかけて良いという理由にはなりません。
どうせ本番の練習のためなら、ぜひプレーファーストも練習するようにしましょう。

まとめ

あまり行き慣れないとショートコースはホール数も距離も物足りなくて楽しくなさそう、と思ってしまいますよね。
確かにプレーをすると思うとその通りですが、練習と見方を変えると上達のためにできることがたくさんあり、使わない手はありません。
気軽に行けて料金も手軽なのでぜひトライしてみて下さい。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのコーチになる方法

ゴルフのコーチになる方法

ゴルフコーチの仕事は、実は資格が無くても、コーチをしていい職業です。ですが資格を取得している方が、生徒を集めるために説得力がありますし、ゴルフ場やゴルフ練習場、スポーツクラブなど、どのような形態の職場 …

2018/12/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ宅配便を利用し楽してコースへ行こう!

ゴルフ宅配便を利用し楽してコースへ行こう!

ラウンドする日より何日間か前日に、発送手続きをしなければいけませんが、自宅に集荷に来てくれるサービスもあり、専用のカバーで傷つかないので、利用すると便利です。現在は3種類の、ゴルフ宅配便があります。 …

2018/11/02|ゴルフウィズ編集部

女性や初心者にオススメ。河川敷コースへ行こう!

女性や初心者にオススメ。河川敷コースへ行こう!

河川敷コースとは大きな川の河川敷を利用して作られているゴルフコースのことです。 パブリックという会員制ではないコースが多く気軽に楽しめる上に、運営母体が市町村などで比較的低料金でプレイすることができま …

2018/03/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場の食事は、スキー場と並んで高くてイマイチと思っている人はいませんか?! 実は今、食事に力を入れているゴルフ場が増えてきているんです! 美味しい食事と楽しいゴルフ、両方を楽しめるゴルフ場をご紹介 …

2017/12/27|ゴルフウィズ編集部

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

ゴルフはラウンドしなくても、打ちっぱなし練習だけを、趣味として楽しむのもいいスポーツです。健康維持をしながら、ダイエットにもなるので、体調を悪くする痩せ方にならなくて良いです。筋肉で引き締まった、美し …

2018/09/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフを始めると最初のスコア目標は100ぎりです。すべてのホールがボギーでも100をきることはできるのですが、これがなかなかの難関です。OBをしたり、3パットするとあっという間にダブルボギーやトリプル …

2018/01/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの打ちっぱなしの料金体系の種類と特徴は?

ゴルフの打ちっぱなしの料金体系の種類と特徴は?

ゴルフを練習するのには打ちっぱなしが最適です。まだゴルフ経験がない初心者の場合、ゴルフがどういったものなのかを知るのには最適な場所です。まだ使ったことがないクラブを試しに打ってみたり、ゴルフボールを使 …

2017/09/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフをしていると、ゴルフボールが林に入ってしまうがよくあります。林の中はフェアウェイやラフとは違い、悪条件のオンパレードです。整っていない地面はもちろん、根っこが飛び出していたりしており、厄介です。 …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

都会にあるアクセス便利なゴルフ場

都会にあるアクセス便利なゴルフ場

ご紹介する「若洲ゴルフリンクス」は、都会の真ん中にあるとは思えないほど、本格的なゴルフコースになっています。海ぞいにあるため眺めが美しく、都会のビルとのコントラストが楽しめる、自然が綺麗なゴルフ場です …

2019/01/08|ゴルフウィズ編集部

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのゴルフは、普段見られない一面が知れたりしてとっても素敵ですが、そういった場で粗相があってしまっては相手のお顔に泥を塗ってしまうかも知れません。 そんな時に気になるのは第一印象 …

2018/03/23|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ