もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

2018/12/10|ゴルフウィズ編集部

屋外で行うスポーツだからこそ、防寒のために暖かい服装をするのは、とっても重要です。冬の定番であるニットは、セーターであったりカーディガンだったり、または帽子だったりと幅広くアイテムとして使われています。

そんなニットですが、正しくケアはできていますか?プレー直後のケアによって、ニットの痛み方などが変わって来るのです。
ニットの取り扱いをチェックして、より長く大切にゴルフウェアを使いましょう。

プレー直後のケア方法

ニットは湿気が大敵です。
プレーで汗をかいていることを自覚していなくても、多少の湿気を帯びてしまっていることはあります。ですので、直後はあまりビニールなどにまとめたりはせずに、軽く畳んで布製の衣装ケースなどに入れて持ち帰ります。

もし、汗を多くかいてしまっていた場合には、ティッシュなどで軽く押さえて汗を吸い取っておきましょう。
この時には上側・下側と両方から、ティッシュで挟むようにして抑えると効率的です。

ゴルフウェアをまとめるのに、ビニールは便利ですが湿気をこもらせてしまいますので、気をつけましょう。

そして帰宅後は疲れているかと思いますが、なるべく早めに取り出して、ニットがすべらないハンガーなどにかけて風通しを良くしておきます。

この時に、洋服ブラシをかけておくとベストです。
ニットに軽く洋服ブラシをかけると、毛玉が少なくなります。また、毛玉が少なくなることで、ニット自体の痛みが少なくなります。

もし無い場合には、軽くパンパンと叩いて埃などの外の汚れを落としておきます。

このようにお手入れをしておき、1日ほどは風通しの良い日陰で休ませてあげます。
これをおこなっておくだけで随分と違いますので、プレー直後はぜひこれらのケアを行ってください。

毛玉ができたら

毛玉が目立ってきてしまったら、ハサミで丁寧に切るのがオススメです。
広範囲になってしまった場合は、毛玉取り機なども便利ですが、生地がデコボコとしてしまっていたりして巻き込んでしまった場合には、穴が開いてしまう可能性があります。

その点、ハサミでしたらゆっくりと確認しながら行えます。
ニットの生地と並行してハサミを入れて行きます。
慣れると楽チンではありますが、生地自体を切らないように気をつけ、平らな場所で行ってくださいね。

引っ張って取ろうとすると、生地の表面で絡まっている毛玉部分だけではなく、まだ絡まっていない部分まで引っ張り出してしまうこととなり、生地である毛糸が少なくなってしまい、どんどん痛めてしまいます。

着ている時であっても、毛玉を引っ張って取ろうとはせず、毛玉の絡まった部分だけを断ち切るようにしましょう。

伸びてしまったら

ついつい気持ちが熱くなってしまって、ニットを着ている時に袖まくりなどをしてしまうこともあるかもしれません。
すると、ニットは伸びてしまいがちです。

また女性の場合には、ニットにメイクがつかないようにと、襟ぐりをぐっと伸ばして着脱してしまって、伸びてしまうということもあります。

そんな時には、ぜひアイロンのスチームを使ってみてください。
衣服用スチーマーをお持ちの方は、そちらで問題ありません。

上では「湿気はニットの大敵」とお伝えしましたが、伸びてしまった場合には味方となります。

伸びてしまった部分だけにスチームをかけて行きます。この時に、アイロン本体はニットに直接当てません。
浮かせた状態で、スチームのみを当てて行きます。

デリケートな素材も多くありますので、最初はかなり遠くから少し当てては、手で様子を確かめて整えてください。
これで、元どおりとまでは難しいですが、改善させることはできます。

くれぐれも、あまり近づけて行わないように気をつけてくださいね。

まとめ

冬であっても、プレーをしていたら汗をかいてしまうこともありますし、冬の汗はこもってじっとりとしてしまうこともあります。
ニオイもそうですが、毛玉などもしっかりケアして長くゴルフウェアを使いましょう!

以下の記事では、ポロシャツなどの皮脂汚れなどについて詳しく紹介しています。こちらも併せて読んでみてください。

皮脂汚れ・泥汚れしっかり落とせていますか?ゴルフウェアのお手入れ

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

ゴルフは、力や身長の差があるため断然男性が有利なスポーツです。 そのため、女性をレクチャーできるゴルフは男性の良い面を一気に見せられるデートになります。 今回は女性の目線から、女子がときめくゴルフデー …

2017/12/24|ゴルフウィズ編集部

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

世界におけるゴルフの歴史を知ろう

最初は遊びで始めたゴルフが、本格的なスポーツとして発展してきた歴史は、勉強すると面白い印象を受け、考え深いものがあります。子供の頃誰でも行うような遊びが、高額賞金をかけた競技に発展した、ゴルフの歴史を …

2018/12/06|ゴルフウィズ編集部

入っている方がいいの?ゴルフ保険を解説

入っている方がいいの?ゴルフ保険を解説

技術的に問題無く、周囲にもよく気を使う人であっても、他人を怪我させたり、施設を破損してしまう場合があります。トラブルにスームーズに対応するためには、ゴルフ保険に入る方法も、1つの手段として考えてみてい …

2018/08/22|ゴルフウィズ編集部

プレッシャーに負けないゴルフメンタルトレーニング

プレッシャーに負けないゴルフメンタルトレーニング

練習では飛距離も出せて、スィングもいい感じでも、試合本番でスコアを落としてしまうのは何故でしょう。ゴルフボールを打つ前に、緊張して体が硬くなってしまったからです。メンタルが強い人であれば、筋肉も柔軟性 …

2018/09/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

筋肉を付けるための「鶏のささみ肉」ですが、高タンパクな食材ということが、筋肉にいい理由です。あっさりしている味なので、味付けを一工夫する必要はありますが、ゴルフに必要な筋トレ合わせて行い、パワーアップ …

2018/09/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

no image

読んで上達を目指すおススメのゴルフ本

ゴルフを何年もしているのに、スコアが良くならない人へ、休日にでも熟読してゴルフの技術を、磨く手助けになればいい本です。ゴルフ技術の壁を、本にかかれている一言の文章を読んで、乗り越えることができるかもし …

2019/01/10|ゴルフウィズ編集部

日本におけるゴルフの歴史を知ろう

日本におけるゴルフの歴史を知ろう

ゴルフは日本発祥のスポーツではなく、発祥地イギリスより日本に伝えられたスポーツです。最初はゴルフコースを手造りしたため、大変だったみたいです。現在私達が気軽に楽しめるのも、先人の苦労あってのことと実感 …

2018/12/12|ゴルフウィズ編集部

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

紫外線の影響があると目が悪くなりますし、皮膚が日焼けにより皮膚病になるかもしれません。UVカットアイテムを使用すれば、熱中症や脱水症状を、軽減するにも役立ちます。UVカットアイテムで、上手く防ぎます。 …

2018/07/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ用品レンタルサービスを賢く利用する方法

ゴルフ用品レンタルサービスを賢く利用する方法

ゴルフ用品を全部揃えるためには、数万円は費用としてかかるため、レンタルサービスを利用して、低コスパでゴルフを楽しむ方法はおススメです。ベテランの方でも、新しいクラブを試しに使った後、購入するなどしても …

2018/08/28|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ