もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

特別な道具が無くてもできる!パットがみるみる上達するコツ

2021/10/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのパットの上達の理想は、プロのように精密なデータを取り出して苦手な部分をつぶしていくこと。
でもアマチュアだとなかなかそのようなことはできないですよね。
そこで一般的によくあるエラーを、簡単にできることで修正して上達を助けるコツをご紹介します。

ストロークを直すか直さないか

パットの際、自分では気づかない思い込みやクセがあって、ストロークを直したほうがよい場合があります。

【フェースローテーション】
パットでありがちなのが「開いて閉じる」を必要以上に開閉してしまうこと。
一方「真っすぐ引いて真っすぐ出す」を意識するあまりフェースを閉じて開いてしまうことも。
どちらのケースも無駄な動きをなくす必要があります。

もし真っすぐの意識が強いなら、8番アイアンの構えをしてみましょう。
ボールから離れることでプレーンの傾きが大きくなり、手を使わずに自然とインtoインに振れて、手先の無駄な動きがなくなります。

そして次の練習が簡単にできればストロークはいじらなくてOK。
あとでご紹介するライン読みや距離感の練習に力を入れましょう。
できなければドリルとしてやってみてください。

【割りばしドリル】
割りばしを使って簡単にできる、パターの打ち出しを安定させるドリル。
まず割りばしの先を目標に向けて割れ目にボールを置き、そこに対してスクエアに構えます。
そしてボールが落ちないように打ってみます。

これが簡単にできるなら無駄な動きをしていないこということです。
もし落ちるなら、必要以上に開閉しているので落ちないように練習してみてください。
次第に打ち出しが安定するでしょう。

【ロングパットは3分割の素振りで距離感をつかむ】
ロングパットも気になりますが、アマチュアだったらそれに多くの時間をかけるよりショートパットの練習をした方がスコアアップに役立ちます。

そこでロングパットでは、深く考えずにルーティーンを覚えるにとどめてみてください。
たとえば、カップまで15メートルの場合、カップから5、10、15メートルの地点でそれぞれ距離を合わせながら素振りをする癖をつけてみてください。
それだけで距離感が合うようになります。

パットのエラーをなくす簡単なコツ

次にパットのエラーをなくすコツや練習をご紹介します。

【ストレートラインなら】
簡単な三角関数なのですが、例えばカップまで1メートルなら、左右に3.09度打ち出しがズレたとしても、理論上は入ります。
カップの幅は108ミリ、完璧に打とうとせず多少のズレは許容するくらいの気持ちで打つのもよい方法です。

【傾斜は見た目より足裏の感覚を信じる】
ライン読みが正確にできる人は実はプロの世界でも多くないそうです。
目で見ようとすると錯覚にとらわれがちです。
ライン読みは「足裏」で感じると考えて、カップまで歩いて傾きを感知しましょう。

【軌道がぶれやすい人は少し強めに】
強さの程度は人それぞれですが、多くのアマチュアは適正よりも軟らかめにグリップを握っています。
弱く握るとライ角のエラーが起こりやすく軌道がブレやすい上、ミスヒットのエネルギーロスも大きくなります。
グリップを両脇から挟むように圧を与えて少し強めに握ってみましょう。

【下敷きをシャフトに張る】
ストローク中、シャフトはローテーションしないのが基本です。
シャフトに下敷きなどの板をテープで貼ってパッティングすることで、見えづらいシャフトのローテーションが可視化されます。
「面」を意識してストロークしてみましょう。

【目標を定めて目をつぶる】
どうしても距離感が合わない人にオススメの練習法です。
まず目標物を目視して距離感を覚えこませ、目をつぶってそこまで歩く「空間認識」のトレーニング。
周りに気を付けてやってみてください。

まとめ

自宅でできるドリルからちょっとしたコツまで、簡単に試せる、パターのエラーをなくす方法をご紹介しました。
多くの人が勘違いしがちなフェースローテーションの無駄な動きをなくすことと、距離感を養うことができます。
特別な機器なしでOKなうえ、目からうろこのヒントもあるので、是非試してみてくださいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

海外の1回は行ってみたいゴルフコース

海外の1回は行ってみたいゴルフコース

世界的ゴルフトーナメントも実施されている、「セント・アンドリュース オールドコース」。歴史を肌で感じながら、ラウンドできるのは本当に素敵な思い出になります。プロだけでなく、一般の方もラウンドできます。 …

2018/08/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを通しで回るメリットとデメリットは?

ゴルフコースを通しで回るメリットとデメリットは?

ゴルフコースは通常、9コースを回り休憩を挟んで後半の9コースを回ります。通しで回る場合は、休憩時間が無くなり、前半9コースを回った後にすぐ後半9コースを回ります。これを通しで回るといいます。通常通りに …

2017/08/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの初心者必見!ボールをとにかくまっすぐ飛ばすコツ!

ゴルフの初心者必見!ボールをとにかくまっすぐ飛ばすコツ!

ゴルフでボールがまっすぐ飛ばない! 初心者の多くの方が悩むのではないのでしょうか。 ゴルフを始めたばかりでは、狙った方向へ行かずただ曲がる、というのではなくとんでもない方向にボールが飛んでしまったりす …

2020/08/19|ゴルフウィズ編集部

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

こんなゴルフが良いな♪女子がときめくゴルフデート

ゴルフは、力や身長の差があるため断然男性が有利なスポーツです。 そのため、女性をレクチャーできるゴルフは男性の良い面を一気に見せられるデートになります。 今回は女性の目線から、女子がときめくゴルフデー …

2017/12/24|ゴルフウィズ編集部

おしゃれ感アップのドライバー ヘッドカバー

おしゃれ感アップのドライバー ヘッドカバー

今回ご紹介するのは様々あるヘッドカバーの中でも、毛糸を使用して自分で作るヘッドカバーです。世界でたった1つのオリジナルヘッドカバーが作成できますし、個性的でおしゃれな可愛いらしさがありますので、友人と …

2019/03/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

ゴルフ場の芝にも種類があります。芝の種類を知ろう

トップシーズンのゴルフ場に行くと、その緑の美しさに思わず息をのむことがあります。この自然の中を1日歩けるだけでも来たかいがあったと感じるほどですが、そのゴルフ場の芝生にはいくつか種類がありいろいろな工 …

2020/01/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

ゴルフで飛距離アップを簡単にできる方法はあるのでしょうか。 クラブを変える、スイングを変えるなど王道の方法ももちろんありますが、それは簡単ではないですね。 ここでは労せずに飛ぶと噂される飛距離アップの …

2021/08/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋力をつけるトレーニンググッズ

ゴルフに必要な筋力をつけるトレーニンググッズ

インパクト時に最大限の力を発揮できなければ、いつまでも成績が悪く、ゴルフをするのが楽しくないと考え始めるでしょう。サポートグッズを上手く利用すれば、トレーニングをする気が無い人でも、鍛えてみようという …

2018/11/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの緊張をほぐすのは笑顔が有効!その取り入れ方はこれ

ゴルフの緊張をほぐすのは笑顔が有効!その取り入れ方はこれ

楽しくゴルフをしていても、緊張が続いたり、ミスをしてしまうとたちまち表情が曇ってしまう。 それはよくあることですね。 しかし緊張したり気分が落ち込んだときこそ、作ってでも笑顔でいることで落ち着きを取り …

2021/07/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをやる「目的」を見失っていませんか?

ゴルフをやる「目的」を見失っていませんか?

ゴルフをはじめたら誰しもうまくなりたいと思うものです。 それは当たり前のことなのですが、前のめりになりすぎてしまってかえって苦しくなってしまっている人もいるようです。 自分はどのようにゴルフを楽しみた …

2021/01/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ