もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

女子ゴルフに注目!黄金世代やプラチナ世代の次は第三世代!

2020/10/30|ゴルフウィズ編集部

日本女子プロゴルフ界では言わずと知れた黄金世代。
全英オープンを制した渋野日向子プロ、日本女子オープンを制した畑岡奈紗プロや原英莉花プロをはじめ、多くの選手が活躍しています。

それに続く安田祐香プロをはじめとするプラチナ世代も話題に上りますが、さらに次の世代の「第三世代」や「新世紀世代」と呼ばれる世代にも注目が集まってきています。
見ていきましょう。

日本女子ツアーで活躍する三世代

女子プロゴルフ界において、渋野日向子プロや畑岡奈紗プロの活躍でついた○○世代。
それと同時に、その2学年下の安田祐香プロなどの2000年度生まれの世代が話題になりましたね。
しかしふたを開けてみると、さらにその1学年下の世代に注目が集まりました。

【黄金世代】
黄金世代は1998年度生まれの女子プロゴルファーのことを指します。
主戦場が米ツアーである畑岡奈紗プロがその代表とも言われますが、彼女だけでなく多くのプロが活躍を見せています。

例えば渋谷日向子プロは海外メジャー優勝したことで大きな話題となりました。
その他にも優勝経験者のプロは勝みなみプロ、河本結プロ、原英莉花プロ、小祝さくらプロ、大里桃子プロ、そして2018年最初に優勝した新垣比菜、2019年、黄金世代9番目の優勝者・淺井咲希プロがいます。
そして、2020年の日本女子オープンでは屈指の飛距離を誇る原英莉花プロが優勝しています。

他の黄金世代のメンバー含めて彼女達の特徴はパワーがあって飛距離も出る点です。
女子ツアーの平均飛距離アップにも一役買っています。

【プラチナ世代】
黄金世代に続いているのはプラチナ世代。
2000年度生まれの女子プロゴルファーです。
古江彩佳プロ、西村優菜プロ、安田祐香プロ、渋沢莉絵留プロ、吉田優利プロ。

なかでも古江彩佳プは2019年の「富士通レディース」では、ツアー史上7人目となるアマチュア優勝を成し遂げ、堂々のプロ転向宣言。
プラチナ世代の顔と言っても過言ではないかもしれませんね。

【第三世代】
黄金世代、プラチナ世代のさらに下の世代は第三世代や新世紀世代と呼ばれはじめています。
プラチナ世代のさらに1学年下の2001年度生まれで、2019年のプロテストに合格した女子ゴルファーのことを呼びます。

受験年齢が引き下げられて、当時高校3年生だった3人が合格しました。
前年プロテストに合格したルーキーイヤーの、いきなりの活躍には驚かされたのではないでしょうか。

注目の第三世代のプロゴルファー

ここで第三世代、新世紀世代と称される女子プロゴルファーに注目していきます。

【笹生優花プロ】
2020年開幕戦のアース・モンダミンカップで5位タイ。
2020年8月16日、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで優勝し、女子ゴルフで初の21世紀生まれの優勝者となりました。
2020年8月27日、ニトリレディースで連続優勝。
10代での連続優勝は宮里藍プロと畑岡奈紗プロに続く3人目となりました。

ジャンボ尾崎の門下生であることで知られ、注目されているのはドライバーの飛距離です。

【西郷真央プロ】
笹生優花プロと同じくジャンボ尾崎の門下生である西郷真央プロ。
開幕戦、第2戦と最終日に最終組で戦いました。
開幕戦のアース・モンダミンカップでは笹生優生と揃って5位タイ、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントでも5位でした。

【山下美夢有プロ】
開幕戦では同級生2人とは対照的に96位タイで予選落ちしプロの洗礼をうけました。
そこで飛距離アップに向けてウエイトトレーニングや食事方法を変えて、2ヶ月で大幅な飛距離アップを実現しました。
またそれだけでなく、ショートゲームのさらなる強化にも取り組み、同級生の2人に続けとばかりに勢いをつけてきています。

まとめ

黄金世代、プラチナ世代、さらにその下の第三世代や新世紀世代と呼ばれる世代。
どんどん低年齢化しているゴルフ界の印象もありますね。

続々と生まれる、実力を備えている新しい世代にこれからも注目が集まりそうです。
もちろんそれらの世代より上の世代のプロも負けてはいません。
いろいろな世代が切磋琢磨することで女子ゴルフ全体がさらに盛り上がっていきそうですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

【プレジデンツカップ】米チームはトランプ大統領に抗議せず

【プレジデンツカップ】米チームはトランプ大統領に抗議せず

男子ゴルフの世界選抜vs米国選抜の対抗戦、ザ・プレジデンツカップが現地28日に開幕する。 戦いの地、リバティナショナルGCはマンハッタンに至近しており、多くの選手が人気番組に出演。 その中で、どのメデ …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

米国男子の新シーズン開幕 PGAは松山英樹のメジャー勝利を予想

米国男子の新シーズン開幕 PGAは松山英樹のメジャー勝利を予想

米国男子の2017 – 18シーズンが早くも現地10月5日に始まる。 初戦はセーフウェイ・クラシック(カリフォルニア州ナパ)。 松山英樹をはじめ世界ランク上位の選手は参戦しないものの、PGAツアー・イ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

【国内男子】2017年 ISPSハンダゴルフマッチプレーの王者は44才の片山晋呉!

【国内男子】2017年 ISPSハンダゴルフマッチプレーの王者は44才の片山晋呉!

千葉県市原市の浜野ゴルフクラブで開催された「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、14年ぶりに復活したマッチプレーの大会だ。国内ツアー最高賞金2億1,000万円の大会で、優勝するまでに全7試合という長 …

2017/09/12|ゴルフウィズ編集部

マスターズはレフティーが有利?

マスターズはレフティーが有利?

マスターズの歴代優勝者を見てみるとレフティー選手の優勝者を見かけることが多いです。 多いというのは比率で見た話なのですが…プロゴルファーの多くは右打ちであることが多く、レフティーの選手は珍しい傾向にあ …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

引退の宮里藍 選手、関係者、ファンからの感謝ツイートが止まらない

引退の宮里藍 選手、関係者、ファンからの感謝ツイートが止まらない

2003年、アマチュアの18歳で日本のミヤギテレビ杯をアマチュアで優勝して、一人の女子高生プロゴルファーが誕生した。 それから14年以上、日本の女子ツアー、そして世界のゴルフ界は、宮里の背中を追いかけ …

2017/09/20|ゴルフウィズ編集部

ドライバーもキャラも男前!かわいこちゃんハンター成田美寿々選手

ドライバーもキャラも男前!かわいこちゃんハンター成田美寿々選手

成田美寿々選手は持ち前の鍛えられた体で放つドライバーショットを得意とし、しかも今年はどんなドライバーを選ぶのか?と話題になる選手です。 一般の方には馴染みの無い小さな地方メーカーのクラブを使ったり、サ …

2018/05/01|ゴルフウィズ編集部

世代交代が進むPGAツアーで注目したいのはこのプレーヤー達

世代交代が進むPGAツアーで注目したいのはこのプレーヤー達

最近ゴルフ界で進む世代交代。 特に男子、国内より海外ツアーの方がその傾向が見られているのではないでしょうか。 急速に世代交代が進むPGAツアーとそれを象徴するかのようなライダースカップの結果。 そこで …

2022/03/03|ゴルフウィズ編集部

実力ナンバーワン!2017年の賞金女王 鈴木愛選手

実力ナンバーワン!2017年の賞金女王 鈴木愛選手

鈴木愛選手は2017年の国内賞金女王で、得意のパターを武器に2014年から続いていた外国勢の賞金女王をストップした日本人トップの実力の持ち主です。 その気持ちを前面に出すキャラクターと、アグレッシブで …

2018/03/18|ゴルフウィズ編集部

【海外男子】2017 ザ・ノーザントラスト 1日目 結果速報 松山英樹は?

【海外男子】2017 ザ・ノーザントラスト 1日目 結果速報 松山英樹は?

【海外男子】2017 ザ・ノーザントラスト 1日日 ★グレンオークスクラブ ★7346 yd(パー70) PGAツアー年間王者を決める全4試合のプレーオフシーズン初戦ザ・ノーザントラストが開幕しました …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

日本人選手はマスターズで優勝できるのか

日本人選手はマスターズで優勝できるのか

4大メジャーの一つであるマスターズですが、約80年間の歴史があるのですが、いまだ日本人の優勝者は出ていません。 日本人がマスターズで優勝するのは難しいのか。優勝するために必要なモノは何なのか。 今回は …

2017/10/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ