もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

2020年メジャー2戦目。全米オープンマメ知識

2020/10/29|ゴルフウィズ編集部

世界の4大メジャートーナメントといえば、マスターズ、全英オープン、全米プロ、そして全米オープンです。2020年はコロナの影響で全英オープンは中止に。そんな中全米プロはスケジュールを変更しての開催となりました。
そんな全米オープンとはどんな大会でしょうか。その特徴をお伝えします。

ゴルフのトーナメントでもっとも難しいセッティング

ゴルフの4大メジャーはそれぞれに特徴をもっています。毎年オーガスタナショナルで開催されゴルフの祭典とよばれるマスターズ、ゴルフの歴史の原点に忠実な全英オープン、そしてセッティングの難しい全米オープンです。
ラフは非常に長く深くフェアウェイは非常に狭くなっています。距離も長く500ヤード近いパー4などもあります。またグリーンも非常に速く、アンジュレーションがきつくなっています。2020年の全米オープンでは1番のグリーンの奥から手前への傾斜が非常に強くなっていました。松山選手がチップインバーディーをとっていますがピンの10メートル以上先に打ったボールを傾斜で戻してカップインさせています。またダスティン・ジョンソン選手はガードバンカーから寄せるときにピンとまったく違う方向に打って傾斜でピンそばに寄せていました。3日目4日目とトーナメントが進むにつれてだんだんとグリーンは硬く速くなっていきます。世界のトッププロの技術をもってしても4m、5mくらいの距離は入れに行くというよりも寄せにいくようなパッティングを要求されます。
ラフは一度入るとボールを見つけるのも大変で、トッププロでも刻まざるを得ないような深さです。

フェアなセッティング

そんな難しい全米オープンですが、セッティングが「フェア」であるといわれます。ゴルフコースのセッティングは難しくしようと思えばいくらでも難しくすることができるでしょう。ラフをめちゃくちゃに長くしてフェアウェイを極端に狭くしてグリーンをローラーでカチンカチンに硬くすれば難しくはなります。
しかしそれは良いセッティングとはいえないでしょう。
全米オープンのセッティングの素晴らしいところは、良いショットには良い結果を悪いショットにはペナルティを与えるというのがしっかりしています。
良いショットを打ってもただの運でメチャクチャなスコアになってしまったりするのではトッププロの技術を見せることはできません。全米オープンでは良いショットでは良い結果が生まれるようにセッティングされています。ただしその良いショットの要求レベルが極めて高く、広いグリーンでも落としどころは非常に狭いうえにスピンのコントロールが要求されます。
グリーンがそれほど速くなく硬さがそれほどでなければグリーンに着弾したアイアンショットはそれなりの位置でボールが止まりますが、全米オープンのグリーンではバックスピンが強すぎると傾斜によっては10m、15mとボールが戻ってしまいグリーンの外に出てしまうケースもあります。逆にスピンが少なすぎると奥のラフまでボールが転がってしまいます。選手はグリーンの狭い狙いどころにボールを落とすだけではなく、ボールのバックスピンの量までコントロールしなくてはなりません。

予選会に通れば誰でも出場できる

それだけ難しい大会ですが、オープントーナメントですので世界各地で開かれる予選会に通れば誰でも出場することができます。冷やかしや「記念に」といった参加を避けるためにアマチュアの参加にはハンデキャップの制限がありますが、それさえクリアしていれば参加は自由です。ケビン・コスナーとレネ・ルッソの「ティンカップ」という映画の舞台も全米オープンで落ちぶれてトレーラーに住みレッスンで食いつないでいたプロが予選を勝ち上がって最終日に優勝を争うという内容です。
しかし現実問題として、世界最高の難易度のセッティングですから無名選手のシンデレラストーリーは難しいでしょう。

異変がおきた?2020年大会

2020年の全米オープンはブライソン・デシャンボー選手のぶっちぎりの優勝で幕を閉じました。その圧倒的なパワーはそれまでの全米オープンの常識を覆していてゴルフの未来を変えるかもしれないと言われています。
ローリー・マキロイ選手がデシャンボーの攻め方は全米オープンではもっともやってはいけない攻め方なのだが彼はそれで勝った、と言っているように本来ティーショットを刻んでもフェアウェイに打たなければならないと言われる全米オープンでラフに入れることを厭わずにドライバーを振り、普通の選手では負けてしまうようなラフから圧倒的なパワーでボールを打っていきます。最終日のあるホールでは180ヤードをピッチングウェッジで打っていました。平均飛距離は他の選手のほうが上でしたので飛ばしてねじ伏せたというよりもラフからとんでもないパワーでボールを打ち出してねじ伏せたといったゴルフでした。

まとめ

2020年は無観客でしたので、やはりテレビでみていても少し寂しさを感じました。世界最高の難易度の舞台で世界最高の選手たちが競う大会は、やはり大歓声とともに見たいものです。そしていつか日本人選手の優勝を見てみたいと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

正確なドライバーでトッププロに!ツアーの人気者 笠りつ子選手

正確なドライバーでトッププロに!ツアーの人気者 笠りつ子選手

笠りつ子選手はキャディを努めるお父様との二人三脚で勝利を重ねてきた、ツアー5勝を誇るトップ選手の一人です。 明るいキャラクターな上にファンの声援にもしっかり応えてくれるのでツアーでの人気が高く、各試合 …

2018/06/01|ゴルフウィズ編集部

タイガーが涙した、プレジデンツカップって??

タイガーが涙した、プレジデンツカップって??

2019年の12月15日、アメリカチームの勝利が決まった瞬間、キャプテンを務めるタイガーウッズがうっすらと涙を浮かべていたように見えたプレジデンツカップ。 普通のトーナメントとは明らかに違う、このプレ …

2020/01/22|ゴルフウィズ編集部

シーズンの初めを飾るメジャー、マスターズ

シーズンの初めを飾るメジャー、マスターズ

その年の最初のメジャートーナメント、マスターズ。4月の開催ですので、日本でもマスターズが始まると本格的なゴルフシーズンが始まったように感じます。他のメジャーとは一味違う魅力あふれる大会マスターズの楽し …

2020/03/11|ゴルフウィズ編集部

国内女子メジャー 畑岡奈紗が独走で連覇 2週連続優勝の快挙

国内女子メジャー 畑岡奈紗が独走で連覇 2週連続優勝の快挙

国内女子メジャー、日本女子オープンの最終日が千葉県の安孫子ゴルフ倶楽部で行われた。 13アンダーのトップからスタートした畑岡奈紗が差を広げて独走。 最終日7アンダーのトータル20アンダー。 宮里美香が …

2017/10/01|ゴルフウィズ編集部

【国内女子】最終日まで混戦!日本女子プロを制したのは?

【国内女子】最終日まで混戦!日本女子プロを制したのは?

9月7日に始まった第50回「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円)は9月10日に最終日を迎えた。三日目を終わった時点で、李知姫は通算3アンダーで首位タ …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

ファッションにも注目!美脚プロゴルファー木戸愛選手

ファッションにも注目!美脚プロゴルファー木戸愛選手

今回は女子プロゴルファーの木戸愛選手をご紹介します。 爽やかな笑顔で人気の木戸選手、ツアー1勝、賞金ランク50位以内のシード権も確保と実力も備えた選手ですが、そのモデルのような長身とスラっと伸びた美脚 …

2018/03/13|ゴルフウィズ編集部

引退の宮里藍 選手、関係者、ファンからの感謝ツイートが止まらない

引退の宮里藍 選手、関係者、ファンからの感謝ツイートが止まらない

2003年、アマチュアの18歳で日本のミヤギテレビ杯をアマチュアで優勝して、一人の女子高生プロゴルファーが誕生した。 それから14年以上、日本の女子ツアー、そして世界のゴルフ界は、宮里の背中を追いかけ …

2017/09/20|ゴルフウィズ編集部

引退の宮里藍、エビアン選手権の公式会見で心境を語る

引退の宮里藍、エビアン選手権の公式会見で心境を語る

14日に開幕する海外女子メジャー、エビアン選手権。この試合が現役最後となる宮里藍。 公式会見で今の心境を述べた。 「この前の(米国最後の)ポートランドのように最高の気分です。いいプレーができる準備はで …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

【石川遼】アメリカで勝つために!とりあえずコーチはどうする?

【石川遼】アメリカで勝つために!とりあえずコーチはどうする?

もともと父親がコーチとして石川遼を育てたわけだが、最近は石川がコーチをつけずに独自のやり方でゴルフをしている。現在たまたまコーチが不在なわけではなく、石川にとってコーチは不要なので、コーチをつけていな …

2017/09/27|ゴルフウィズ編集部

【米国男子】プレーオフ第3戦 松山英樹は47位 優勝はリーシュマン

【米国男子】プレーオフ第3戦 松山英樹は47位 優勝はリーシュマン

米国男子、プレーオフ第3戦のBMW選手権最終日がイリノイ州のシカゴ郊外、コンウェイファームズGCで行われた。 3日間トップ、2位に5打差の19アンダーでスタートしたマーク・リーシュマン(豪)。 この日 …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ