もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

距離計使っていますか?

2020/08/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンドも今やセルフが主体になってきました。なんども訪れているコースであればあまり困りませんが、はじめてのコースだとレイアウトやハザードの位置、そしてなによりも距離がわからなくて困ります。そのため最近は距離計がもてはやされています。では実際ラウンドでは必要でしょうか。そのあたりを考えてみたいと思います。

距離計が無い場合に頼れるものは?

ラウンドするのに距離がわからないのではまったくゴルフになりません。キャディさんがいればキャディさんが教えてくれますがゴルフ場もセルフ営業が主体になってきているので、ゴルファーが自分である程度距離の判断ができるような工夫はしています。

・残りヤード表示杭
これはどのゴルフ場にもありますね。だいたいは残り50、100、150の3つの距離の表示があることが多いようです。数字が書いてあるもの、線が引いてあるものなどがあります。測り方のコツですがまず150なら150の杭を2本探します。右サイドと左サイドにそれぞれあるはずです。その2本を結んだラインと平行に自分のボールに向かって歩測しましょう。あとは歩測のぶんを足し引きするだけです。少し大股気味の1歩がだいたい1ヤード換算くらいで測れば良いのではないかと思います。

・カートナビ
セルフラウンド用の乗用カートに、最近はナビを搭載しているゴルフ場が増えてきました。スタート時点ではコースの俯瞰図とグリーンの注意、ピン位置などが表示されます。移動するとカートを止めた場所から残り距離が表示されますがひとり1台のカートを使っているわけではありませんので、自分のボールの位置とカートの位置の関係から残り距離を推察しなくてはなりません。そのため、正確性という意味ではちょっと苦しいかもしれません。

GPSかレーザーか

さて実際に距離計を用意するとなると、ふたつの方式があるのがわかると思います。ひとつはGPS方式でひとつはレーザー方式です。これは一長一短なのですが簡単に特徴をまとめてみます。

・GPS方式
コースの俯瞰図に自分の位置と残り距離が表示されます。一番の難点はシステムに組み込まれたところまでの距離しかわからないこと。ハザードなどはだいたい表示されますが、レイアップするときの目標までの距離とかスタイミーになっている木までの距離なんかはわかりません。また距離もレーザー方式に比べるとアバウトな印象です。
良い点はお手軽なこと。最近は腕時計式などが主流ですのでちょっと見るのに最適です。また価格もレーザー式に比べるとお手頃です。

・レーザー方式
距離の正確性はあきらかにレーザー方式のほうが優れています。測りたい部分までの距離が測れますので、たとえばピンまで150でピン奥まではいくつなんて使い方も可能です。
競技レベルではこちらが主体。ただしお値段はかなり張りますし安いものですと精度も測定スピードもいまいちです。

まとめ

結論から言うと、無いよりはあったほうが便利。レーザー方式までは必要ないというのが筆者の個人的な考えです。
正直あっても無くても一般のアマチュアでスコアが変わることは無いと思います。距離がわかっても、そもそも当たりが毎度違いますし縦距離も平気で10ヤードくらいズレますから距離計の精度は問題になりません。ただ、まったく残り距離が不明で番手を選ぶのは不安も残りますので、GPSでざっくりとして距離は掴めると便利です。
また、たまにみかけますが50ヤードくらいで距離計を見るのはやめましょう。それくらいは目測すべきです。スロープレーにも繋がってしまいます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

握り方いろいろ。パッティンググリップ

握り方いろいろ。パッティンググリップ

パターは、言ってみれば入れば勝ち。入るならどんな握り方をしても構いません。もちろんドライバーやアイアンもどう握ってもちゃんと飛べば良いのですが、そもそも速く振る必要性のあるクラブでは限界があります。 …

2020/06/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの上達を邪魔してるちょっとしたこと

ゴルフの上達を邪魔してるちょっとしたこと

一生懸命に練習をしているのになかなか上達しない。この前できたはずのことが今日はできない。ゴルフをはじめた方は皆さんそのような感想をお持ちになるのではないかと思います。自分にはセンスがないのかな、と思わ …

2020/09/07|ゴルフウィズ編集部

飛距離でドライバーを選ぶならこれ!「ピン G400」

飛距離でドライバーを選ぶならこれ!「ピン G400」

今回、ご紹介するドライバーは「ピン G400」です。2017年7月11日に発表されたこちらのドライバーは、直進性能と飛距離性能の両方を兼ね備えたドライバーです。「ピンのドライバーはヘッドの投影面積が大 …

2017/12/16|ゴルフウィズ編集部

ライが悪い時のアプローチについて

ライが悪い時のアプローチについて

スコアを作る上でもっとも重要といっても過言ではないのがアプローチです。通常のショットでもゴルフ場では練習場と違って斜面やラフなど難しいシチュエーションに遭遇することが少なくありませんが、特にグリーンを …

2021/07/15|ゴルフウィズ編集部

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

ゴルフをする上で戦略は欠かせません。コースの長さに合わせどうすれば打数を減らせるのかを考えるのは楽しいですよね。それで、100以下のスコアを出せれば最高です。 ただ、戦略が立てられるほどゴルフクラブを …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。とりわけクラブの重要性は言うまでもなくもっとも高いと言って良いでしょう。少しでも打ちやすい、やさしいクラブが欲しいというのはアマチュア共通の悩みですが、 …

2020/10/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

日本オープン、カーヌスティの悲劇。やっぱりゴルフは難しい?!

日本オープン、カーヌスティの悲劇。やっぱりゴルフは難しい?!

ゴルフって見るのとやるのでは大違い。本当に難しい。初心者の方はみなさんそう思っていらっしゃるのではないでしょうか?技術的にも難しさはありますが、メンタル面の影響も非常に大きいスポーツです。実はそれはプ …

2019/11/11|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ