もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

自分に合ったキャディバッグの選び方

2020/08/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。
ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心者でも好きなものを選べば良いのですがプレイスタイルにより買ってみてちょっと自分には合わないなということも出てくることがあります。
今回はそんなことがないようにちょっとした注意点をお話してみたいと思います。

インチ数

まず考えなければならないのがインチ数です。
キャディバックを見ていると8.5インチとか9インチとかいった記載があると思います。
これはキャディバックの口径のサイズを表しています。クラブを入れる一番上の口の部分の大きさですね。
だいたい小さめのものは8.5インチ、大き目のものは9.5インチがボリュームゾーンのサイズになりますが、いわゆるプロモデルのようなものですと10インチというサイズのものもあります。
このうち10インチは普通は選択肢からは外れます。まず大きすぎてカートに乗りません。乗らないことはないのですが、10インチが二人もいたら4つのバックが積めずカートからはみ出てしまうでしょう。お値段も張りますし、イメージ的にも競技アマクラスの人が持つバックというイメージです。
ですので8.5から9.5の間くらいが一般的な選択肢になってきます。
口径の一般的な考え方ですが大き目のものはバック全体も大きく作られており重さもあります。持ち運びなど少し大変な面がありますが大きい方がクラブの出し入れが楽ですし、背袋などもおおきいので沢山の荷物が入ります。
一方小さめなものは持ち運びが楽なものが多く、全体にスリム軽量に作られているものが多いようです。そういった面からレディースバックなどは口径が小さいものが主流になっています。
8.5インチなどは14本入ることは入りますが、バックの中でグリップ部分が絡むことが多く、出し入れが少し面倒です。14本使われる方は9インチ以上が良いかもしれません。

軽量型か通常タイプか

次に軽量タイプか通常タイプか、です。バックの中にはセルフラウンドでも使えるスタンド付きの軽量バックがありますが、これは元々カートを使わないセルフラウンド用のものですので、実際には半分ファッションです。
ゴルフ部の学生さんなどは使うことがあるでしょうが、一般のアマチュアでバックを自分で担いで回るということはありません。
ただ、非常に軽量に作られていますので電車でバックを持ち運ぶ可能性がある方は選択肢に入れておかれると良いでしょう。
軽量バックの中にはダブルストラップタイプというものもあって、ショルダーストラップが2本あり、リュックのように背負うことができるものがあります。
バックを持ち歩く距離が長い方は、このタイプは身体への負担が少なく非常に便利です。
ただ、軽い分一般的には耐久性は少し劣ります。
練習場やコースへは基本車で移動という方は好みで選んで問題ないでしょう。
また本来バックはクラブを入れた状態で持ってみないと善し悪しがわかりにくい部分があります。バランスが悪いバックはクラブを入れた時に頭のほうに極端に傾くので、バックの底部分の重量感や、持ちての握りやすさ、ショルダーストラップが滑らないかなどは実際にチェックしておきたいポイントです。

まとめ

キャディバックは一度買うとなかなか買い替えることの無いものです。じっくりと自分の気に入ったものを探したいものです。
ポケットの数など便利機能もチェックしたいポイントではありますが、なんといってもサイズや重さなどが自分のゴルフスタイルに合っていないと非常に使いにくくなってしまいます。
その点しっかりチェックして決めていきましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチの微妙な距離!打ち分けで意識することは

ゴルフのアプローチで、微妙な距離の打ち分けはどのようにしたらよいでしょうか。 ついスイングを緩めてしまう30~80ヤード。 そういった距離でも上手にコントロールしたいですよね! ポイントはショットのス …

2020/07/13|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

自分に合ったスタンス幅にするとゴルフのスイングが変わる!

以前より少しスタンス幅が狭くなった渋野日向子プロ。 アマチュアでもスタンス幅を変えることが有効になるのでしょうか。 自分に合ったスタンス幅を見つけられればスイングも変わります。スタンスとスイングにはど …

2020/10/16|ゴルフウィズ編集部

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

ゴルフ小物の中でもレディースゴルフグローブは、スコアアップにも影響してくる、重要なゴルフアイテムです。自分に最適な商品を使用できれば、クラブをスィングする際のサポートになり、握力が弱い女性におススメで …

2019/02/18|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

初心者にオススメなブランドのゴルフボール4選

初心者にオススメなブランドのゴルフボール4選

ゴルフをする上で、ゴルフボールの質はスコアアップに大きく左右します。そのため、なんのゴルフボールを使うのかにも気が抜けません。ゴルフボールが変わるだけで、ショットの飛距離が伸びるなど効果も期待ができま …

2017/10/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでラウンド中イライラを引きずることはありませんか? せっかく練習して準備しても、ミスショットから出た怒りの感情でラウンドが楽しめなくなるのは残念ですね! そのイライラは、たった90秒感情 …

2020/06/02|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/04/22|ゴルフウィズ編集部

池があるときの考え方について

池があるときの考え方について

池が好きな方というのはあまりいないでしょう。同じハザードでもバンカーであればコツをつかんでいる方はラフよりマシだという方もいるでしょうが、池は入れたら終わり。 ペナルティーになる上、ボールも無くなりま …

2021/02/18|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。 な …

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ