もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

9番アイアンで練習!球が曲がらないインパクトゾーンの作り方

2022/07/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでもっとよいショットが打てるようになりたいなら、インパクトゾーンを作る練習をするのが効果的。
その練習には、ドライバーよりも9番アイアンを使うのがオススメ。
ショットが左右に散らばっていた人も真っすぐ飛ばせるようになります!
その方法をご紹介していきます。

9番アイアンで乗せるインパクトゾーンの軌道

良いショットの確率を上げるには、右腰から左腰までのインパクトゾーンを整えることです。
その練習には9番アイアンを使うこと。
9番アイアンで、スイング軌道の安定とミート率のアップが目指せます。

【第一段階】
インパクトゾーンを作るのには、最初の30㎝を大事にする必要があります。
なぜかというと、始動でスイング全体が決まってしまうからです。

球を真っすぐ飛ばすために、まずはテークバックでクラブヘッドをターゲットラインに沿って30㎝ストレートに引きましょう。
ポイントは背中の大きな筋肉を使うこと。
肩甲骨を動かすイメージですが、腹筋を回す感覚とか、両肩と両腕の三角形をキープする感覚でも構いません。

これらがきちんとできているかを確かめるには、右足の横にターゲットラインと平行にクラブを置くのがわかりやすいです。
そしてテークバックで両手が右腰の高さに上がったところでストップ。
このポジションでクラブが地面のクラブと平行になれば、第一段階は合格です。

【第二段階】
インパクトゾーンを作る練習の第二段階は、ダウンスイングでクラブを正しい軌道に乗せること。
そこで9番アイアンの両端を持ってトップの位置からインパクトにかけてクラブを振り下ろす動作を繰り返してください。
ポイントは、切り返しで腰の回転をリードさせること。
両手に持ったクラブが右足の前に置いたクラブと平行になるように下ろすのに、左腰をどう動かしたらよいのかを体で覚えましょう。

9番アイアンでイメージするインパクトゾーン

第一第二段階をクリアにしたら、次は壁のイメージを利用します。

【第三段階】
ゴルフのスイングにおいて、手は使わないでという表現もありますが、実際手の動きが大事だったりします。
手は主導ではないですが、体の動きと上手く連動させることが必要なのです。
その「手」の正しい動きやポジションを知るには、両足の前とグリップの先に2つの壁をイメージすると良いでしょう。
壁の間のスペースは25~30㎝くらいと考えてください。

そしてテークバックで最初の30㎝を真っすぐ引く時も、フォロースルーで左腰の高さへと振り抜くまでも、両手を2つの壁の間に収めるようにします。
手でタテの円を描くイメージを持つとやりやすいかもしれません。
これは9番アイアンでもドライバーでも一緒です。

【練習場で打つ際の手順】
練習場では2つの壁の位置に誰かにクラブを2本持ってもらってイメージを作ってみてもOK。
その時はもちろんイメージだけで、危険がないように気を付けてくださいね。

両手はターゲットラインと平行に動くとわかれば、正しいインパクトゾーンを作ります。
トップやフィニッシュも安定し、スイング軌道のブレを最小限に抑えられます。

また、誰かに見てもらうとわかるのですが、右足の横にクラブを置く方法もあります。
上手くいけばフォロースルーも右足の横に置いたクラブと平行となります。
インパクトゾーンで両手が直線的に動くので、フォロースルーのクラブも地面のクラブとクロスしません。

以上のことが出来ていたら、インパクトでは自然とハンドファーストになります。
するとフォロースルーの軌道も安定して、ミート率も上がります!

まとめ

ゴルフで球が曲がらない、9番アイアンを使ったインパクトゾーンのつくり方。
ポイントはテークバックの始動は30㎝を真っすぐにすること。
大きな筋肉を使ってクラブを上げる。
切り返しで腰を先に戻せばクラブは正しい軌道に乗ります。
インパクトゾーンでは手が直線的に動けば大正解です。

ショットが左右に散らばっていた人は、この方法で真っすぐ飛ばせる感覚を養いましょう。
9番アイアンでできるようになったら、ドライバーでも真っすぐ飛ばせます!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

ゴルフをしていると意外と使用頻度の高い3番ウッド。形はドライバーの縮小版のような見た目となっています。ただ、ドライバーと違うのは、重心がヘッドの後ろに寄っているため、高い弾道のショットが打てるのも魅力 …

2017/08/21|ゴルフウィズ編集部

ショットがうまくないからコースマネジメントなんて関係ない、は本当か

ショットがうまくないからコースマネジメントなんて関係ない、は本当か

コースマネジメントという言葉を聞いたことがありますでしょうか。簡単にいえば目の前のホールをどうやって攻めていくかを考えるということです。 しかし、これはきちんと考えた通りにボールを打てるレベルの人が考 …

2021/07/29|ゴルフウィズ編集部

ツアーを席捲、テーラーメイドのスパイダーって?

ツアーを席捲、テーラーメイドのスパイダーって?

テレビでプロの試合を見ていると、なんだか四角いパターを持っている選手が増えている気がしませんか?ヘッドもすごく大きくて今までのパターとずいぶん違って見えます。もしかしたら気になっているそのパター、テー …

2020/05/28|ゴルフウィズ編集部

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

ゴルフのグリーン上で、パターを吊るす行動をプロがやっているのを見たことがあると思います。 気になるけれど自分には関係なさそうですよね。 読み解くのが難しい芝目。 もしかしたら私たちにも参考になることが …

2021/10/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフ場の斜面は構えにくくて、打ちにくい。 また傾斜の種類によってもいろんな打ち方が必要になるので、ラウンド中に混乱してしまう人も。 平らな練習場と勝手が違うので戸惑うのは当然かもしれませんね。 そこ …

2021/12/27|ゴルフウィズ編集部

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

ゴルフの一番の魅力は何ですか?「仲間と楽しくワイワイできる」「年をとってからも続けられる」「大自然の中でボールを打つ感覚が最高」などなど。人によって色々あると思います。 私の場合は、「自分で考えて、攻 …

2017/11/26|ゴルフウィズ編集部

クラブは進化しているけれどスコアは・・・

クラブは進化しているけれどスコアは・・・

ゴルフクラブやボールといった用具は、この20年くらいの間に飛躍的な進歩を遂げています。 筆者は15年ほどゴルフから遠ざかっていたのですが、再開してクラブを手に入れてみると信じられないくらいの進化を感じ …

2021/03/18|ゴルフウィズ編集部

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

2008年に登場し、多くのゴルファーに愛されツアーでも実績があるテーラーメイドの「スパイダーパター」。 今では他メーカーからもその特徴をいかしたパターが発売されています。 「スパイダー型」とも言われ定 …

2020/10/09|ゴルフウィズ編集部

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

ゴルフはボーリングと並んで自分が使うボールを自分で選ぶことができるスポーツです。しかしいざ選ぼうとするとメーカーの説明を読んでいるだけでちょっと眩暈がしてきます。いくつかのボールの説明を読んでいるとも …

2020/09/15|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

「初めに持つアイアンはどれがいいのだろう」と悩んではいないでしょうか。毎年新しいモデルが登場するアイアンは、初心者が選ぶには種類が多すぎるものです。そこで今回は、数多くあるアイアンの中から、初心者にお …

2017/12/03|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ