もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

夏のラフよりやさしい?一発アウトを叶える冬のラフの攻略法

2023/01/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンドで、ティショットを曲げてしまってボールはラフへ。
冬のラフだったら夏のラフよりも易しく打てるので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。
かといって霜がついていたりしていたら安易に打ってはダメなので、注意するポイントを整理していきましょう。

基本的なラフの攻略

ラフを攻略するのには、ラフ=○番、ではなく状況に合った番手選びが必要です。

【ほとんど埋まっていない状態】
球が浮いていれば、それはティアップしているのと同じ状態。
ラフでも距離が稼げるラッキーな状況です。
「ラフだから」と番手を変える必要も、打ち方を変える必要もないですね。
いつも通り、FWやUTを選んでOKです。

【球が約半分埋まっている状態】
球が約半分埋まっている状態だったら、一番手下げるかPWを選びましょう。
ミドルアイアンでもショートアイアンでも、結果的に飛距離が変わらないということがよくあります。
それならば、一番手下げるかよりロフトのあるPWを選んだ方が楽です!

【球が全部埋まっている状態】
球がほぼ全部埋まっている場合だと難易度が高いので、距離よりも脱出を優先すべき。
ショートアイアンの中でも、迷わずPWを選択しましょう。
アプローチであればSWを選ぶのが正解です。

【打つ時の必勝ポイント】
どのラフでも共通のポイントは次の通り。

・ ボールの位置は真ん中
・ グリップは絶対緩めない
・ インパクトでしっかり打ち込む

ポイントさえ押さえれば、ラフでも特別な打ち方をしなくて大丈夫です。
力んで「飛ばそう」「すくおう」と思うとミスショットを招きます。

やさしい冬ラフの攻略法

さて、気になる冬のラフは夏と比べると難しくないですが、ポイントはしっかり押さえましょう。

【霜に注意】
冬ラフの芝は短い上に枯れているので楽に振り抜けます。
球が少し沈んでいたとしても日当たりがよくて乾いているなら大丈夫。
ただ冬の場合は芝にシャーベット状の霜が付く場合もありますよね。
球が浮いていてもインパクトの抵抗が強まるので、状態をしっかり観察してから打ちましょう。

【払い打つ】
基本的に冬ラフからは残りの距離に合わせた番手選びでOKです。
スイングポイントは上から鋭角に打ち込みすぎないこと。
打ち込もうとすると体が突っ込むため、軸がブレて距離感も方向性も不安定になります。
そうならないためには、横から払い打つイメージで。
ラフに霜が付いている時こそ、必ず払い打ちで対処しましょう。

【傾斜だったらハーフショット】
ラフの上に傾斜だったりすると、打ち方がわからなくなることがあります。
特にその傾向が強いのは夏で、冬は転がり落ちるのでそのケースは多くないです。
しかしフェアウェイ近くの緩やかな傾斜地に止まったとしたら、それも傾斜地には変わりないですよね。

斜面のラフでは大きいクラブで小さいスイングをするのがオススメ。
グリーンまでが遠くても、距離を欲張らずにミート率を高めることを考えてスイングを。

そこでは7番アイアンなどでフルスイングするよりも、FWの5番かUTで腰くらいの高さのハーフスイングでしのぎましょう。
そうすると正確にミートすれば方向のブレが少ないです。
なによりボールの曲がり幅をほとんど考えなくて済みます。

【つま先上がりと下がり】
傾斜において、つま先上がりの場合は足場よりボールの方が高いので、クラブを短く持って傾斜の角度を浅くして構えましょう。
一方、足場よりもボールが低いつま先下がりの場合は、クラブを通常の長さに持って、腰を落としてアドレス。
これらの場面でもハーフショットならバランスよく振れます。
フェアウェイの硬い地面の上を転がすくらいの気持ちでいて大丈夫です。

まとめ

難しそうなラフの攻略。
ラフに入ったらいつもこの番手、と決めるのではなく、まずは球がどれだけ埋まっているか、水分はついているか、傾斜はどうなっているかなどの状況判断をしましょう。
グリップを緩めずハーフスイングをすれば、球がとんでもない方向に行くことはないですね。
冬ラフは夏と比べてやさしいですが、状況判断はしっかりしてスコアアップに役立てましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。 …

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

ドライバー選びの3つのポイント!レディースの場合はこれ

ドライバー選びの3つのポイント!レディースの場合はこれ

レディースゴルファーのクラブ選び。 レディース用には頼りないイメージがあって、飛ばしたいからメンズを選んだ方がいいのかな、と迷うかもしれませんね。 しかし今どきのレディースクラブには3つのポイントが備 …

2021/01/05|ゴルフウィズ編集部

初中級者のボール選びアドバイス

初中級者のボール選びアドバイス

数ある球技の中でも、自分で自分の使うボールを選ぶことができるスポーツはそれほど多くありません。特にゴルフはボールの重要性が高く、プロはめったにボールを変えませんし、変える場合はオフシーズンに何度も何度 …

2020/11/09|ゴルフウィズ編集部

ロブショットの打ち方

ロブショットの打ち方

グリーンへのアプローチでふわっと高い球で寄せるロブショット。バンカー越えなどで特に威力を発揮するショットで決まるとカッコいいですよね。でも実際にやろうとするとなかなかうまくいきません。大きくダフってし …

2020/10/12|ゴルフウィズ編集部

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方次第で、ビギナープレイヤーの方も、飛距離を出せます。ゴルフボールのタイプは2種類あり、「ディスタンス系」と「スピン系」になります。初心者の方の場合、どちらのゴルフボールを選べばいい …

2018/06/20|ゴルフウィズ編集部

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

さあ、待ちに待ったラウンド。張り切ってドライバーを振り回したら、朝一いきなりのOB。次のホールでも思うようなショットが打てずにスコアも気分も最悪…トラブル続きのドライバーを何とかしたいと思っている初心 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

どんどん進化している!今どきゴルフ上達アイテムをチェック

どんどん進化している!今どきゴルフ上達アイテムをチェック

ゴルフの練習といえば練習場で打つ。 そこで上達アイテムを取り入れることはあまりないかもしれません。 しかし今どきのゴルフ上達アイテムはどんどん進化しています。 上達するならばこれらの練習器具を使わない …

2022/12/05|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ゴルフクラブに見られるフェース面の溝(スコアライン)。 ドライバーでは消えつつある中で、ウェッジのフェース面はスコアライン+ミーリング仕上げがほぼ標準仕様となっています。 溝で性能の違いが出るのか出な …

2021/11/25|ゴルフウィズ編集部

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの種類というとマレット型、ネオマレット型、そしてピン型といった区分けが一般的です。それぞれパターヘッドの形状を元につけられた名称ですが、ピン型だけはメーカー名が一般名称として使われています。パタ …

2020/11/11|ゴルフウィズ編集部

実は一番やさしい!おすすめレディースユーティリティ3選

実は一番やさしい!おすすめレディースユーティリティ3選

女性プレーヤーの方はフェアウェイウッドなど長いクラブが苦手な方が多いのではないでしょうか? そこでぜひ活用して頂きたいのがユーティリティです。 ユーティリティはフェアウェイウッドより短いのでボールに当 …

2018/04/11|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ