もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

10191

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。
風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題ないですよね!

そこで、風の日には風に負けない低い球を上手く利用し、風の影響を受けないゴルフをしたいものです。
今回はそんな低い球を打つ方法をまとめていきます。

 

ティーショット編

10192
最初に申しておきますが、ティーアップをしているティーショットで低い球を打つのは至難の業です。しかし、その中でも低い球打つコツを紹介していきます。

まず一つ目に道具に頼ってしまいましょう。ドライバーでのティーショットではナナメッティという商品があります。この商品は普通にティーアップすることで斜めにティーを挿すことができます。

普通のティーで斜めに挿すのは至難の業。させたとしてもボールがのりません。
斜めにセットすることで打ち出しが低くなり、スティンガーな球を打つことができます。

 

アイアン編

ここからは実用性の高いアイアンでの低い球を打つコツを紹介していきます。
まず欠かせない3つのステップを。

10193

 

1.球は右足寄りに

球を右足に置くことでアイアンが球にインパクトする瞬間のロフトを殺します。(ロフトを意図的に立てる)ロフトを殺すことで打ち出し角を低くしてあげます。
左打ちの方は反対に左足側にボールをセットしましょう。

 

2.フォロースイングは低く長く

低い球を打とうとする際は打ち込むようにスイングするのではなく、払うように打っていきましょう。打ち込むようなスイングをしてしまうとしっかりとバックスピンが入ってしまい、低く打ち出せたとしてもスピンで球が浮き上がってしまいます。

低い球を打つ時は低く長くフォロースイングをするように心がければよい結果が待っているはずです。

 

3.体重は左足寄りに

最後のポイントは重心です。左足寄りにというのは右打ちの方が対象なので、左打ちの方は右足体重でスイングを行いましょう。
球を打ちだす方向に体重をかけることで低い球を打ちだすことができます。

 

まとめ

低い球を打つに大切なことは、球を右足側にセットし、重心は左足側に置き、フォロースイングは低く長くすることを心がけ、スイングを行う。
左打ちの方はフォロースイングを低く長く出すことに変わりはないですが、球の位置は左足側に、重心は右足体重に。
一般にネットで調べると右打ちの方が基準で書いてある記事が多かったのでここで一応記しておきました。

 

打つ際の注意点

ここまで低い球の打ち方を紹介しましたが、ここで、低い球を打つ際の注意点をいくつか紹介していきます。

 

ロフトが立つ分飛距離が出る

低い球を打とうとする際、ボールを右足側に置くことになるので、インパクト時は通常よりもロフトが立つことになります。
ロフトが立つということはその分飛距離が出るようになります。

いつもより1番手短いクラブを使用するか、クラブを短く握るか。
低い球を打とうとする際は飛距離に注意してトライしてみてください。

 

球が右に飛び出しがち

ボールを右足寄りにセットするのでいつものインパクト位置よりも手前でインパクトすることになります。すると、フェースが返らないままインパクトを迎えてしまいます。

それを抑えようとするとアウトサイドインでインパクトを迎えてしまい、真っすぐ左に球が飛び出してしまいます。打ち出す方向のコントロールがなかなか難しいので、必ず練習してからコースで試してみてください。
低い球が打てるようになれば攻め方のバリエーションが増え、もっとゴルフが楽しくなるはずです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

女性ゴルファーの方から、ドライバーの飛距離アップに悩んでいるという声を良く聞きます。 それはもしかすると、自分に合っていないドライバーを使っているからかもしれません。 今回は女性にやさしいドライバーを …

2018/02/20|ゴルフウィズ編集部

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのアプローチ!クラブの上手な使い分けでスコアアップ

ゴルフのアプローチ!クラブの上手な使い分けでスコアアップ

ゴルフのスコアを上げるには、アプローチとパターはとても重要です。 グリーン周りが上手くいかなければ、いくらドライバーで飛んでもスコアにつながりません。 なかでもアプローチは、クラブの使い分けも難しいの …

2019/10/04|ゴルフウィズ編集部

お手軽リペアの決定版。自分でできるグリップ交換

お手軽リペアの決定版。自分でできるグリップ交換

ゴルフクラブのリペアで、一番最初に挑戦するのはグリップ交換という方が多いのではないかと思います。 古くなったりすり減ったグリップを交換する、ということもありますしドライバー、フェアウェイウッド、アイア …

2019/08/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフを始める年代も今は社会人になってからというものでもなく、小学生や未就学児の段階でも始める人も多くなってきました。どんなスポーツでも同じようにゴルフも今は誰でも気軽に始めれるスポーツとして人気を集 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

自宅でゴルフのパターの練習するのに役立つパターマット。 スコアアップに欠かせない練習道具ですね! パターの練習は、ドライバーやアイアンのように思いっきりスイングする練習とは違いますね。、地味ですがとて …

2019/12/18|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

バウンス角はクラブのソールの抜けを左右する重要ポイント!

バウンス角はクラブのソールの抜けを左右する重要ポイント!

ゴルフクラブのソールの抜けを左右する重要ポイント「バウンス角」。 ウェッジでよく耳にしますが、他のアイアンでも、バウンス角はソールの抜け具合に影響します。 その効果はクラブの形状だけでなくフェースの開 …

2022/03/10|ゴルフウィズ編集部

美しくかっこいいスイングでもっとドライバー飛距離を伸ばす

美しくかっこいいスイングでもっとドライバー飛距離を伸ばす

ゴルフで理想のティショットが打てた時の爽快感! 他のクラブでは味わえない気持ちよさがあるのがドライバーショットですね。 でも上手く打てないと、とたんに気分が下がることも。 そこで美しくかっこいいスイン …

2022/09/05|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ