もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

2020/12/23|ゴルフウィズ編集部

突然ですが日本でのゴルフクラブ発祥の地、というのがどこかご存じでしょうか?はじめて日本でアイアンクラブを作ったのはちょっと意外な土地。その後も地場産業のひとつとして発展し日本のゴルフクラブの歴史に名前を刻んできたのは・・・

日本のゴルフクラブ発祥の地は関西

いきなり答えを申し上げますと、日本のゴルフクラブの発祥の地は兵庫県の市川町というところです。ではその歴史を簡単に振り返ってみましょう。
明治34年にイギリス人のアーサー・グルームが4ホールからなる「神戸ゴルフクラブ」を作ったのが、日本におけるゴルフのはじまりと言われています。その後関西の欧米人の間でゴルフが盛んになっていきます。
昭和になると広野ゴルフ場の建設がはじまりますが、この時にグリーンのカップを切る器具とともに国産のアイアンヘッドの製造依頼を受けた工業試験場が、地場の刀鍛冶に相談をもちかけ、試行錯誤の上国産のアイアンを作り上げました。
熱した鉄の塊を叩いて鍛え上げ形にしていく方法で作られたアイアンの製造は高い技術が必要で、刀工の技術が生かされたわけです。
市川町と隣接する姫路市などでは、その後アイアンヘッドの製造工場が多く作られ一時期日本のアイアンヘッドの70%以上が姫路産であったと言われています。

軟鉄鍛造アイアン全盛期

その後、有名な三浦技研をはじめ多くの工場が作られます。手作業の工程が多かった当時の軟鉄鍛造アイアンの製造は日本人の得意とするところで、海外のメーカーが簡単に真似をできるものではなく、マスターズを制覇したようなプロもこれらの工場に製造を依頼し、調整のためにこの地を訪れることも珍しくありませんでした。
世界的にも軟鉄アイアンは日本製という評価が定着しますが、その中心にあったのが市川、姫路といったアイアン発祥の地でした。
まさに職人芸というべき技術で素晴らしいアイアンを作り続けてきた職人さんたちは、高いプライドをもち、名器を言われるアイアンを送り出し続けます。しかしその後時代は変わっていきます。

時代は鋳造に

技術の進歩とともにキャビティバック型のアイアンが主流になっていきますが、内部がえぐれたような形状のものは、鉄の塊を叩く鍛造製法では作ることができません。キャビティバックの隆盛とともに製造方法の主流は鍛造から鋳造になっていきます。
キャビティバックのアイアンやピン型パターのようなクラブは、芯を広げたり多少芯を外してもミスにならないことを主眼に作られています。しかし、日本のゴルフクラブ作りはアマチュアというよりもプロや上級者の要望に添い、わずかに芯を外して打ってボールに回転をかけるといった微妙な技術に応えるように作られてきた歴史がありますので、いわば世の中の流れがまったく反対方向にいってしまったような形になりました。
長い間プライドをもってひとつひとつのヘッドを鍛え上げてきた職人さんたちにとって、鋳造タイプのアイアンは容認できるものではなく「あんなものは素人が使うもの」といった感覚が根強く残ります。
このことが原因のすべてとは言いませんが、日本のメーカーが海外のメーカーにシェアを奪われていった要因のひとつであったことは間違いがないでしょう。

ゴルフは科学とパワーの時代に

現在のゴルフは、まさに科学とパワーの時代です。少し極端な言い方ですが、細かなスピンコントロール技術に磨きをかけるよりも身体を鍛えてドカンとクラブを振って飛距離を稼ぐゴルフの時代です。
いくら微妙なフェードやドローが打てても、セカンドのクラブが3番手も4番手も違ってしまっては勝負になりません。
打感が気に入らない、どこが芯だかわからないと言ってキャビティや中空を毛嫌いしていたプロも、今はアイアンにやさしさを求めるようになっています。

まとめ

テーラーメイド、キャロウェイ、ピンといった海外ブランドが全盛の今の日本のゴルフクラブ市場ですが、日本のメーカーが元気が無いことに一抹の寂しさも感じます。
もともと技術力は高い日本の工場ですので、その技術を生かし素晴らしいクラブを今後作ってくれのではないか?そんな期待もある筆者です。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

自分にあったボールを選ぶコツとは?

自分にあったボールを選ぶコツとは?

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

ゴルフのグリーン上で、パターを吊るす行動をプロがやっているのを見たことがあると思います。 気になるけれど自分には関係なさそうですよね。 読み解くのが難しい芝目。 もしかしたら私たちにも参考になることが …

2021/10/14|ゴルフウィズ編集部

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

ゴルフメーカーは毎年春に新製品を発売します。各社の新製品が出揃い、マスターズが開催されて一気に盛り上がるのが例年のゴルフ用品市場です。大手メーカーは魅力的な宣伝文句で自社の新製品を売り出します。宣伝を …

2021/01/14|ゴルフウィズ編集部

ウエッジで遊ぼう

ウエッジで遊ぼう

スコアメイクはカップに近い位置ほど重要になってくるといわれています。一番はパッティングですが、同じくらい重要なのはアプローチでしょう。そんなアプローチに使うことが多いウエッジ。スコアメイクの上では非常 …

2020/04/30|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/08/20|ゴルフウィズ編集部

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

世界のゴルフツアーでナンバー1の使用率を誇るオデッセイのパター。 現在ブレード型からネオ・マレット型まで多種多様な形と異なるフィーリングを備えたものが登場しています。 オデッセイのパターが注目されてか …

2022/05/23|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

バンカーやラフなどから脱出する際に使用するウェッジは、リカバリーしやすいものを選ぶことが大切です。リカバリーしづらいウェッジを使い続けたりバンカーやラフに合っていないクラブを使い続けたりすると、失敗経 …

2017/12/06|ゴルフウィズ編集部

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

女性ゴルファーのみなさんはボールはどんなものを使っていますか? 男性用の色がかわいいものを使ったり、あるいは気にしたことが無いという方もいるかもしれませんね。 しかしレディースボールには女性に合わせた …

2018/03/28|ゴルフウィズ編集部

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

苦手とする方が多いウッド。「思うように当たらないからウッドを使わない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、ウッドが当たらないという悩みを、ちょっとした変化で解決できる方法をご紹介します。 …

2017/12/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ