もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

2018/07/02|ゴルフウィズ編集部

みなさんはアプローチは得意ですか?
アプローチはスコアアップする上で大切だと言われますが、グリーン周りから打つ練習はなかなか機会が少なく、どうしてもミスしてしまう方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は最もミスが少ないアプローチの打ち方とである、転がしアプローチをご紹介します。
ぜひ取り入れて練習不足をミスが出にくい打ち方でカバーしてしまいましょう。
また転がしにピッタリ合ったクラブチョイスもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

転がしアプローチとは

アプローチにはボールを高く上げてピンポイントで落とすピッチショットと、なるべく低く打ち出して転がして寄せるランニングアプローチ=転がしアプローチ、その中間のピッチ&ランという3種類の打ち方があります。

ピッチショットはボールを当てたいフェースのポイントが狭い上に、地面の状況=ライにボールの飛び方が大きく左右されるので、アマチュアには大変難しいショットになります。
一方で転がしアプローチは振り幅が小さく済むのでミスをしにくく、直線的に打ち出すのでターゲットに方向を付けやすい打ち方です。
しかも転がりの強さがしっかり打った時のパターに近く、チップインが出やすい打ち方なのでとても効果的です。
また後で紹介しますがパターからユーティリティー、あるいはウッドまで自分の距離感が合うクラブを様々なものから選べるのもメリットです。

出番としてはグリーンに比較的近く途中の地面も花道や短めのラフなど、転がりに影響が少ない状況でのアプローチです。
さらにピンがグリーンの手前過ぎない方がオーバーをしにくいでしょう。
逆にグリーンまでが深いラフだったり、ピンがかなり手前の時はピッチ&ランの出番になります。

転がしアプローチの打ち方

このショットの打ち方は次のようになります。

1.スタンスは肩幅よりやや狭くし、ターゲットラインに両足を揃えるスクエアに構えます。
2.ボールを真ん中かやや右足寄りに置き、クラブはフェースを気持ち立て気味にしてセットします。
3.ボールの先30センチ位の目標ライン上に小枝などの目印を見つけておきます。
4.左足体重のまま腕の構えた形を崩さないようにし、脇を締めて体の回転でスイングし始めます。
5.ヘッドをボールのまっすぐ後ろに引いた後、先ほどの目印へ向かって低く打ち出すようにヒットします。

転がしアプローチに向いているクラブ

アプローチというとSWやAWなどのウェッジを持つ方が多いですが、これらはアマチュアには難易度の高いクラブです。
特に転がしの場合はボールを上げる必要が無いので、以下にご紹介するクラブを試してみると良いでしょう。
ちなみに全盛期のタイガーウッズ選手は一時期、5番ウッドを転がしアプローチで使っていましたね。

・8番アイアン
上級者でも使う方が多いのが8番アイアンです。
ロフトが立っているので方向性を出しやすく、転がりも程よいので距離感が合う人は多いでしょう。
低く打ち出すと言っても多少はキャリーがあるので、グリーンまでの地面がラフであっても若干なら越えてくれます。

・パター
パターはグリーン外から打っても方向性が良いクラブで、アメリカではテキサスウェッジと呼ばれアプローチで普通に使われています。
グリーンまでの状況がフェアウェイなど良好な場合は、抜群の寄せを見せてくれるはずです。
ただし打ち出しからすぐ転がり始めるので途中にラフがある状況は苦手です。

・ユーティリティー
意外に思われるかもしれませんが、ユーティリティーもフェースが立っていて方向性が良くアプローチで使えます。
特に優れているのがアイアンやパターよりもボールの転がりが強い事で、グリーンまでのライが多少のラフでもものともせず転がり抜けてくれます。
最初は違和感があるかもしれませんが、思い切り短く持って打つのがポイントです。

まとめ

雑誌などではプロがAWやSWを使ったアプローチテクニックを紹介していますが、それは豊富な練習量に裏打ちされた高い技術と、常日頃からラウンドしている多くの経験値があって初めて使えるものです。
もちろん出番はあるのですが、アマチュアにとってウェッジは非常に難しいクラブなので、なるべく今回ご紹介した優しくミスの少ないアプローチを使ってみましょう。
どうしてもボールを上げてグリーンで止めたい時だけウェッジを使うと考えると、だいぶミスが減りスコアアップに繋がりますのでぜひトライしてみて下さい。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

現在様々な形状のヘッドが販売されているパター。いろんな種類があるということは選択肢が増えるということなのでいいことしかないように思えるかもしれませんが、購入する際、なかなか踏み切れないことがあるかと思 …

2017/10/10|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ショットの際に、シャンクしてしまうことは多いです。特にしっかりとアイアンが振れない初心者にはよく起こります。シャンクが起こってしまうと、あらぬ方向にボールが飛んでしまい、厳しい状況になってしますことも …

2017/08/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに使用する女性用アンブレラ選ぶポイント

ゴルフに使用する女性用アンブレラ選ぶポイント

ゴルフコースをラウンドする際に、どのようなタイプのアンブレラがあると、お買損がなく便利で活躍シーンが多い商品を選べるのか、ポイントをご説明致します。アンブレラはいろんなタイプの商品がありますので、最適 …

2019/03/14|ゴルフウィズ編集部

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

今までのアイアンの常識を覆すワンレングスアイアンとは?

タイトルでもある「ワンレングスアイアン」(もしくはシングルレングスアイアン)こういった言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。現在密かに話題になっているアイアンです。まだまだプロで使用している選手は …

2017/10/31|ゴルフウィズ編集部

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

初心者がドライバーを選ぶ際に意識すべきポイントは「自分に合うドライバー」であるかどうかです。「スライスしてしまう」「飛距離がでない」といった悩みをカバーしてくれるドライバーを選ぶことで、短所が改善され …

2017/12/17|ゴルフウィズ編集部

ショットの悩みを解決!おすすめメレディースアイアン3選

ショットの悩みを解決!おすすめメレディースアイアン3選

女性ゴルファーの皆さんはアイアンは得意でしょうか? ダフってしまったりボールが上がらなかったり、一番握ることが多いクラブなのに苦手な方もいるでしょう。 しかし最近のアイアンはそのミスを上手くカバーして …

2018/03/29|ゴルフウィズ編集部

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはス …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ