もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょう。

以前ラウンドしたホールでも季節により芝の状態は変わる

ゴルフは自然が相手なので、難しくもあり面白くもあります。芝は植物なので天候でも成長具合が変わり、去年と同じ時期に、今年再びラウンドしても、ホールの状態がなんか違うなと思うでしょう。去年スコアが良くても、今年は悪い成績で終わってしまう可能性もあります。スコアが悪くなったことで、自信をなくしてしまうかもしれません。

芝が短いホールも長いホールも、克服することがゴルフの楽しさです。ですが、まだゴルフを始めて間もない人など、そんな余裕はないと予測されます。そのような場合は遠慮しないで、レディースティーを使用して、ティーアップしボールを乗せ、芝の長さの影響を受けない状態で、ショットしてみましょう。安定感がある状況なので、楽に飛距離を出すことができます。

ティーには何種類かありますが、女性が一般的に使用しているのは、レディースティーです。初めに直接芝の上にボールを置いて、ショットしてみて飛距離がかせげないのであれば、レディースティーに頼って打ってみます。使用した方が飛ばせるのであれば、遠慮しないで使用してラウンドした方がいいでしょう。ティーアップしたらティーを叩くのではなく、ボールだけを打つようにします。

レディースティーはあくまで、ショットの補助的役目をする製品なので、ティーをアイアンなどでショットしないで下さい。ボールをティーアップすることで、打ちっぱなし練習場のような、ボールを打ちやすい状態にすることができます。芝の上に直接ボールを置いて、当てようとしても特に慣れていない人などは、ダフって地面を削ってしまい、ボールが上手く飛ばせません。

ティーの高さはどれぐらいに調整するのがベスト?

レディースティーは地面に刺して使用するため、使い方次第では毎回ティーの高さが、いつも違ってきてしまい、何も気にしないでプレーすることも考えられます。この状態ですとショットが安定しませんので、レディースティーを使用したら、スコアが悪くなってしまうこともありえます。なので、自分がショットしやすい高さを見つけて、いつも同じ高さにティーアップして下さい。

ゴルフ経験者がいいと言っているティーの高さは、芝よりボールが少し浮く感じに、レディースティーをセットすることです。ショットを失敗したくない心理が働きますと、どうしてもティーを高くしてしまいますが、飛距離が出にくいためおススメできません。又、まだ上手くないゴルファーが、地面を削ったり芝の状態を悪くしないように、ゴルフ場の経営者にご迷惑をかけないことも、レディースティーを使用する意味になります。

まとめ

クラブを力強く安定してスィングするには、どうしても腕の力や握力が必要になってきます。筋力は個人差があるため、鍛えても筋力がつきにくい人もいます。筋力が弱い点も、飛距離を出せない原因の1つなので、レディースティーに助けてもらいましょう。打ちっぱなし練習場のように、ボールが飛ばせるので、飛距離をかせぐことができます。プレーの度にティーの高さが、不揃いにならないように、同じ高さでティーアップして下さい。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

ゴルフの上達には、スイングの精度だけでなく、プレッシャーに対するメンタルの強さも欠かせません。朝一番のティーショットやバーディーがかかったパターなど、ゴルフのプレーの多くにはメンタルの強さを必要としま …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

実はゴルフはタフなスポーツです。雨天でも行うことがあります。私自身、ゴルフコースを回っている時に、ゲリラ豪雨とは行かないですが、かなりの量の雨が降り出した時も、待機のアナウンスはなく、ゴルフを続けまし …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフは1打目のドライバーショットが成功すると2打目は楽な距離で無理なく打つことが可能になります。これはパー4の通常のミドルホールでも、パー5のロングホールでも同じことがいえるでしょう。飛距離がでない …

2017/11/01|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

ドライバ―ショットがスライスしてしまう悩みは、多くの方が抱えている悩みの1つです。スイングの練習をすることでスライスを抑えたショットが打てるようになりますが、仕事をしている方にとっては練習時間を確保す …

2017/12/15|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで手首はどのように使うべきなのか

ゴルフのスイングで手首はどのように使うべきなのか

ゴルフでは安定してナイスショットをするために、体の動かし方を一定にしなければなりません。出来る限り同じ力の入れ方で、同じ軌道のスイングが繰り返しできることが重要です。 ただし、体の中では動かさない部分 …

2017/11/19|ゴルフウィズ編集部

アプローチショットがシャンクするには理由がある

アプローチショットがシャンクするには理由がある

グリーンにのせるアプローチショット。100ヤード以内の短い距離にも係わらず、打球がとんでもない方向に飛んでしまうことがあります。おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう「シャンク」です。 スライス …

2017/11/22|ゴルフウィズ編集部

難しいコースで100切りするために必要なこと

難しいコースで100切りするために必要なこと

ゴルフの目標設定として掲げやすいのが、100切り。 ボギーペースでラウンドすれば、スコアは90前後となるためホールごとの目標としても掲げやすいですよね。 しかし、頭で考えるのは簡単でも実際やるとなると …

2017/11/15|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ