もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで100切るのは難しい?心構えひとつで近付ける

2019/12/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでの100切りは、多くのゴルファーの目標でもありますね!
練習場で上手く打てるようになったので、さあいよいよという感じでコースに出ても、なかなか達成できないのではないでしょうか。

ゴルファーの中でおよそ8割が100切りできていない、という統計もあります。
簡単そうなのに難しい、と感じる方も多いのではないでしょうか。
そこでちょっとした考え方で近付ける方法をご紹介します。

100切りできないのはメンタル面!?

ゴルフはメンタルのスポーツとも言われますよね!
テニスや野球、サッカーなど動くボールを扱う競技と違って、止まっているボールを打つのがこんなにプレッシャーを感じるのかと思えます。
100切りできない原因についても、メンタルの部分が大きいようです。

【100切りしょうとして考えること】
・ パーを取りに行こうとする
・ ドライバーでのナイスショットが必須と考える
・ 必要以上に欲張って寄せようとする

多くの100切りできないゴルファーは、無意識にパーやバーディを取りにいこうとします。
そのために第一打をできるだけ遠くに真っ直ぐ打たなければと、自分にプレッシャーをかけてしまいます。
全てパーで回る必要があるかを考えると、そうではないことに気づきますよね。

【100切りするための考え方】
・ 全てボギーでもいいと心から思うこと
・ ボギーを取りにいくには、ナイスショットはいらない
・ 飛ばしすぎない、頑張って乗せない、寄せない
・ ティーショットは無理に飛ばそうとしないで、安全な広いところを狙う

ナイスショットしなくてよい代わりに、OBや池、バンカーなどは徹底的に避けましょう。
練習場のようなナイスショットを求めないでOKです。

【頑張りすぎないことが100切りへの道】
全てボギーだとしてもスコアは90です。
ボギー以上が少し出ても100に余裕がありますよね。
考え型ひとつで心に余裕が生まれるので、しっかり攻める戦略を立てられるようになります。

100切りを狙う戦略と練習

100切りするには頑張らないことが大事ですが、戦略は必要です。
どのくらいの距離まできたらグリーンを狙うのでしょうか。

【100ヤード以内ならグリーンを狙う】
・ 100ヤード以上ならトップしてもOKなので、ダフリとグリーン周りのハザードに注意
・ 100ヤード以内からグリーンを狙うがトップには注意
・ 100切りのポイントは100ヤード以内の精度

今まで距離的に届けばグリーンを狙っていたなら、これからは100ヤード以内になってからグリーンを狙うようにしてみてください。
そうすると万が一の大叩きが減るはずです。
100ヤード先のグリーンに乗せることに絞った練習を意識するようにしてください!

【大事なのはショートゲームの練習】
ドライバーやアイアンで気持ちよく飛ばせたなら、ゴルフも楽しいですよね!
しかし100切りに大切なのは、アプローチやパターです。
その二つの練習に是非励んでください。

・ 練習場での練習は、半分くらいアプローチに費やす
・ アプローチ練習が退屈なら、片手打ちや片足立ちなどで打つなど工夫してみる
・ パターは方向性よりも距離感をつかむ練習を心がける

中でもパターは、距離感と方向性のどちらも大切ですが、100切りすることが課題ならば、距離感が優先です。
ラインを読むことはもちろん必要ですが、少々右や左にそれることを恐れなくて大丈夫です。
距離さえ合っていれば、2パット圏内となって100切りには十分です。

そして実際のコースでは、必ず練習グリーンで距離感をつかんでくださいね!

まとめ

ゴルフで100切りをするには、考え方をシンプルにすることが大切です。
パーやバーディを狙いにいかないで、ボギーで組み立てればよいのです。
攻めるゴルフには見えないかもしれません。
しかしスコアをまとめるには、落ち着いてじっくり考えたコースマネジメントが必要になります。

そして、練習を念入りに行うのがアプローチとパターです。
これらのことを意識すれば、100を切るのは意外と簡単だった、と感じるかもしれませんね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

あれ?今何打だっけ?ゴルフスコアカウンターはオススメ

あれ?今何打だっけ?ゴルフスコアカウンターはオススメ

ゴルフでは、プレーしながらスコアを記録しなければなりませんね。 夢中でプレーしていると何打か忘れてしまいそうなことも! そのような場面で「ゴルフスコアカウンター」を用意していれば、安心してプレーができ …

2019/12/16|ゴルフウィズ編集部

インサイドから振る、が上手くいかない時は

インサイドから振る、が上手くいかない時は

ゴルフをはじめてなんとかボールに当たるようになってくると、今度はスライスに悩まされます。どんなレッスン書をみても人に教わっても、必ずアウトサイドインのスイングを直しなさいとアドバイスされますね。では頑 …

2020/03/09|ゴルフウィズ編集部

アイアンのカーボンシャフトのメリットは?スチールと比較!

アイアンのカーボンシャフトのメリットは?スチールと比較!

アイアンのシャフトは力がある男性ならスチール、女性や非力な男性ならカーボン。 そのようなイメージを持つことが多いでしょう。 しかし、今でもそれは正しいのでしょうか? 女性がスチールを使っても良いですし …

2019/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も …

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

女性ゴルファーのみなさんはボールはどんなものを使っていますか? 男性用の色がかわいいものを使ったり、あるいは気にしたことが無いという方もいるかもしれませんね。 しかしレディースボールには女性に合わせた …

2018/03/28|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

ゴルフバッグにはさまざまな種類があります。それぞれの種類にメリットがあり、何を選べばいいのか迷ってしまいます。初心者でまだゴルフコースを回ったことがないのなら、何を基準に選ぶのが一番いいのかさっぱりで …

2017/10/14|ゴルフウィズ編集部

林の中に打ち込んでしまったら

林の中に打ち込んでしまったら

ゴルフをやっていて、林の中に打ち込んだことが無いという方は一人もいないでしょう。上級者、シングルさんも打ち込みます。タイガー・ウッズだってローリー・マキロイだって打ち込みます。 打ち込むのは当然なので …

2020/05/11|ゴルフウィズ編集部

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

夏も中盤となりつつある8月は新製品の発表が次々と行われていきます! 1年ごとのモデルチェンジとなるシャフトはこの時期新製品の試打会が多く開催されています。 USTマミヤさんからはアッタスシリーズ9代目 …

2017/10/26|ゴルフウィズ編集部

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。 …

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

冬場はラウンドを控えて少し暖かくなるのを待つ方も多いのではないでしょうか。 トップシーズンにはできないスイングの改造などとともに道具のメンテも冬場にやってしまいたいですね。 そんな冬メンテの定番といえ …

2021/01/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ