もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

インサイドから振る、が上手くいかない時は

2020/03/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをはじめてなんとかボールに当たるようになってくると、今度はスライスに悩まされます。どんなレッスン書をみても人に教わっても、必ずアウトサイドインのスイングを直しなさいとアドバイスされますね。では頑張ろう!と思っても大変。今回はそんなインサイドから振る!ということについてお話します。

アウトサイドインとインサイドアウト

はじめてクラブを握る時からレッスンを受けている方は問題がないのですが、自己流でスイングを作っていくと、非常に多くの方がアウトサイドインのスイングになります。
これはある意味致し方のないことで、足元にある硬いボールを150だ200だという距離飛ばそうと思えば、どうしたって利き手である(右利きの場合)右手で引っぱたきたくなります。
当然トップから手のひらがボールのほうを向くような感じで振りに行きますので右半身が前に出てアウトサイドインになるのは道理ともいえるでしょう。
その結果、カット軌道でボールを打つことになりボールが捕まらず弱弱しいスライスになってしまいます。
これを直そうとすると、インサイドから振ることを覚えなくてはならないのですが、これが大変です。
修正に挑戦した方はお分かりになるかもしれませんが、まずしばらくまともに当たりません。ありえないくらい手前にヘッドが落ちる大ダフリからはじまって、当たったと思ったら大トップ。そこそこフェースに当たったと思うと今度は右にふけていく、いわゆるペラペラっと飛んでいく球になります。
こんなことなら矯正なんかするもんじゃない、と投げ出してしまう方も多いと思います。
しかしちょっとした勘違いからおかしなことになっていることも多いのです。

腕だけインサイドから振ってもダメ

インサイドから振らなきゃ!と一大決心をして、取り組んでもただ腕だけインサイドから振ろうとしてもまともに当たることはありません。
アウトサイドインで振っていた方は、基本的に身体が早く開く癖がついています。逆にいえば身体が開かないとアウトサイドからは振れません。
身体の動きがアウトサイドインのまま腕だけインから降ろすと、基本振り遅れます。またクラブが今までより低い位置からリリースされますのでダフります。それを嫌がると左肩が上がってフェースが開いたまま当たるので右にペラペラっとした球が飛んでいきます。
ですので、まずは腕のことは忘れて身体の開きを矯正しましょう。
無理に腕をインから降ろすことはまずは忘れて、身体を右斜め前方に向けたままインパクトを向かえるように練習します。
これはすごく大変で、身につくまで時間がかかります。自分では開いていないつもりでも、動画で見たら開いてるなんてことが普通ですが、まずこのステップが大事ですので根気よく続けてください。

フェースの動きを注意しよう

まっすぐ飛ばしたいわけですから、フェースの動きが理解できないとどうしてもトップからフェースをまっすぐボールに当てに行こうとしてしまいます。これもアウトサイドインになる大きな要因です。
フェースはシャフトを軸にして回転しながらボールに当たります。少し乱暴な表現にはなりますが開いて降りて来て回転しながらスクエアになったときにボールに当たり、閉じてフォロースルーに向かう感じです。
最初は理解が難しいので、短いアプローチで試してみて下さい。
いつもより右にボールを置いて開いて上げてフェースを回しながら当てます。
ボールはドロー回転がかかって転がっていくはずです。

ボール位置も変わる

アウトから振っていて当たっている場合、ボール位置が正しい位置よりも左に寄っているのが普通です。そうでないとアウトサイドインでは詰まってしまって当たりません。
身体の開きを遅らせると、このままの位置ではボールに届かないことになりますので、今までより右足よりにボールをセットしてください。

まとめ

インサイドからボールにアタックするというのは、初級者には非常に難しいことではあります。ですが、できるようになると飛距離や方向性など劇的に改善されます。
少し時間はかかりますが、あきらめずに挑戦してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。とりわけクラブの重要性は言うまでもなくもっとも高いと言って良いでしょう。少しでも打ちやすい、やさしいクラブが欲しいというのはアマチュア共通の悩みですが、 …

2020/10/19|ゴルフウィズ編集部

ビハインドザボールで飛距離を出す方法

ビハインドザボールで飛距離を出す方法

右利きの人はビハインドザボールに改善するのは、難しいと思うかもしれませんが、左側を強化して得意になってきますと、飛距離がアップしてきますので、スコアも良くなってきます。レベルを上げたいのであれば、おス …

2019/03/20|ゴルフウィズ編集部

no image

アプローチでスコアはまとまる!場面に応じたアプローチ

1打目、2打目と調子よくきて、残り50yぐらいからミス連発。終わってみればダブルボギーなんて方。結構多いんじゃないでしょうか。グリーン周りのアプローチがどうも苦手でいつもスコアを崩してしまうという方。 …

2017/11/28|ゴルフウィズ編集部

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

ゴルフクラブを選ぼうと思った時、意識しているにせよ無意識にせよメーカー、ブランドである程度絞り込むという作業を皆さんしているのではないかと思います。無数にあるクラブを横一線で比較することは事実上不可能 …

2020/12/10|ゴルフウィズ編集部

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

ゴルフコンペの景品であれば、やっぱりゴルフにちなんだおもしろアイテムの方が記念になりますし、盛り上がります。現代にはいろいろな種類のおもしろアイテムが製品化されていますので、選択肢も豊富です。 公式の …

2017/12/21|ゴルフウィズ編集部

これが打てれば初級卒業?あこがれのドローボール

これが打てれば初級卒業?あこがれのドローボール

中上級者や女子プロの球筋を見ていると力強いドローボールを目にすることがよくあると思います。 普段力のないスライスに悩まれている方は、うらやましく思われるのではないでしょうか?しかし、ドローだけではなく …

2019/12/13|ゴルフウィズ編集部

意外と大事。ゴルフグローブ

意外と大事。ゴルフグローブ

言うまでもなく、プレイヤーとゴルフクラブの接点はグリップ。そのグリップを握る手にはめるグローブは、大切な役割を果たしています。今回はゴルフグローブの特徴や選び方についてお話してみます。 ゴルフグローブ …

2020/03/31|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

自分にあったボールを選ぶコツとは?

自分にあったボールを選ぶコツとは?

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ