もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も出て自由に動くはず。ボールを遠くに、正確に飛ばす必要のあるゴルフで、このように重要な右手を本当に使わないほうが良いのでしょうか。

なぜ「右手を使う」ことが悪く言われるのか

ゴルフはボールを使うスポーツの中でもっとも遠くまでボールを飛ばすスポーツです。PWでグリーンを狙う距離は野球でいえばホームランの距離です。
これだけ長い距離を飛ばそうと思えば、普通は力が入ります。地面にあるボールを遠くへ飛ばそうと思えば、誰でも利き手でひっぱたきたくなるのが普通です。
この右手でひっぱたこうとする動きは、ある意味非常に自然な動きですので初心者の方がなにも教わらずにクラブを振れば必ずその動きになるのです。
しかし、ゴルフのスイングにおいてこの動きはタブー。右手でひっぱたこうとすると大ダフリ、スライス、チーピンなどありとあらゆるミスショットが出てしまいます。
初心者に多いアウトサイドインのスイングによるスライスなどは、右手を強く使おうとすることが原因であることが非常に多く、そのため右手を使うことが良くない、という良い方のレッスン記事や動画が多いわけです。

けして使わないわけではない

ゴルフはさきほども言ったように非常に遠くまでボールを飛ばすスポーツです。利き手を使わずに遠くまで飛ばせるわけはありません。よしんば左手だけでクラブを振れるとしてもそんな非効率なことをして良いわけはないでしょう。
右手は使います。
正しく使えばボールにきちんとパワーを伝えることができますので、けして右手を使わないわけではないということを理解してください。

右手の使いすぎを防ぐには

右手は使いますが、左手とのバランスを崩してしまってはスイングが台無しになってしまいます。どうしたら良いかは個人差もあることですので必ずしも誰にでもあてはまるわけではありませんが、いくつかのヒントを記載してみたいと思います。

・右手のグリップは指で軽く握る
右手は強く握る必要はありません。中指と薬指の第一関節と第二関節でひっかけるようなイメージです。一番良くないのは人差し指と親指でグリップを強く握ってしまうことです。
トップの位置では人差し指と親指を緩めてもクラブが保持できているような形になっていないといけません。
女性の方は右手にもグローブをされる方が多いのですが、日焼け止めなどの理由でなければ例え女性といえどもスイングのために右手にグローブは必要ありません。
右手にグローブが必要だとしたら力が入りすぎでしょう。

・手のひらは使わない
右手の手のひらのことは忘れましょう。特にダウンスイングの時に右手の手のひらをボールに向かわせるような意識があるとアウトサイドインのスイングになるかダフります。
極端にいえば、右手の中指と薬指でひっかけたグリップをターンさせるくらいの感じです。

まとめ

よく野球をやっていた方は野手だった方よりも投手だった方のほうがゴルフが早くうまくなると言います。これは右手の使い方が投球の時の使い方に似ているからです。バッティングのときの使い方よりもピッチングの時の使い方に似ているわけです。
右手を使うなという言葉の真意はあくまでも使いすぎるなということですので、その意識をもってレッスン動画などを見ていただければと思います。 

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

これが打てれば初級卒業?あこがれのドローボール

これが打てれば初級卒業?あこがれのドローボール

中上級者や女子プロの球筋を見ていると力強いドローボールを目にすることがよくあると思います。 普段力のないスライスに悩まれている方は、うらやましく思われるのではないでしょうか?しかし、ドローだけではなく …

2019/12/13|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

この秋、ビビッドなマットカラーボールで目立とう!

この秋、ビビッドなマットカラーボールで目立とう!

マットカラーボールとは? 引用元 https://www.instagram.com/p/BN-eq8UAxaH/?hl=ja&taken-by=volvikgolf カラーボールを使ってい …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

トッププロが操るアイアンの「マッスルバック」。 狙い通りに操作してボールをピタリと止めるのを見ると、いつか使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 キャビティバックアイアンと比べて難しいイメー …

2020/06/17|ゴルフウィズ編集部

プロが使っているクラブはどんなもの?

プロが使っているクラブはどんなもの?

ゴルフクラブを選ぶ場合、好きなプロ、憧れのプロが使っているというのは選択の際のひとつ大きなポイントになりますよね。 メーカーもそれは十分わかっていますので、宣伝のためトッププロに自社製品を使ってもらう …

2020/12/02|ゴルフウィズ編集部

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

スコアを改善するのなら、ゴルフボールにこだわるのも大切なことです。特にブランドのゴルフボールには独自の技術で飛距離アップなどにも期待ができます。多少値段はかかりますが、一般的なゴルフボールを使用するよ …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

マレット型パターのススメ

マレット型パターのススメ

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、パターの形状はだいたいピン型、マレット型、ネオマレット型に分類されます。パターだけは感覚が重要なので合うパターならなんでも良いのですが、やはりピン型に比べるとマ …

2020/06/29|ゴルフウィズ編集部

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

苦手とする方が多いウッド。「思うように当たらないからウッドを使わない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、ウッドが当たらないという悩みを、ちょっとした変化で解決できる方法をご紹介します。 …

2017/12/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブのバランスってなんだろう?

ゴルフクラブのバランスってなんだろう?

ゴルフクラブのカタログにはスペック表のようなものがあり、そこにはクラブの各種スペックが記載されています。 ロフト、全長、総重量。これらはなにを現わしているかすぐに想像がつきますね。 しかし、それらのス …

2019/08/14|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ