もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

初中級者のボール選びアドバイス

2020/11/09|ゴルフウィズ編集部

数ある球技の中でも、自分で自分の使うボールを選ぶことができるスポーツはそれほど多くありません。特にゴルフはボールの重要性が高く、プロはめったにボールを変えませんし、変える場合はオフシーズンに何度も何度もテストを繰り返すのが普通です。ゴルフをはじめて最初のうちはボールまで気が回らずとりあえず安いもの使っていた人でも、ある程度ゴルフを経験を積むと自分に合ったボールを見つけたくなります。今回はそんな方にボール選びのアドバイスを贈ります。

ボール選びの重要性について

具体的なお話の前に、ボール選びがなぜ大切なのかを説明したいと思います。ゴルフのボールは種類によってそれぞれ特徴があります。
ゴルフボールはドライバーでは飛んで曲がらず、アイアンでは球が高くあがってグリーンで止まり、アプローチでは意図通りのスピンがかかってくれれば最高ですが残念ながらそのようなボールは存在しません。
今では技術革新で、かなり理想に近いボールもありますが、それでも何かを突出させればなにかが犠牲になります。
そのため自分はボールになにを求めるかを明確にして、求める性能に近いボールを探すことが重要になります。
また、ショートゲームやパッティングでは打感が非常に大切になってきます。打感が自分の求めているフィーリングと異なると緊張する場面でつい強く打ったり反対に弱くなったりしてしまいます。これはある程度使っていれば慣れますので、なるべく同じボールを使い続けたほうが良いのです。ある意味ゴルフにおける伴侶探しのようなものですから、ボールはしっかり選びましょう。

求める特徴を明確にする

よくボール選びの記事にあるように、ボールはディスタンス系とスピン系に大別されます。たまに勘違いされている方がいるようですが、ディスタンス系というボールがなにか特殊な機能をもっていてスピン系よりも飛ぶように作られているというわけではありません。
少し乱暴な言い方になりますが、ディスタンス系は低スピンのボールで、スピン系はハイスピンのボールと考えて良いでしょう。
もっと簡単にいえば通常の性能をもったボールがスピン系で、アマチュア向けに曲がらずに飛ぶようしたのがディスタンス系ともいえます。
もちろんディスタンス系といえども曲がらないわけではなく、スピンが少ないので曲がり幅が小さくなるということです。
ドライバーの飛距離が必要で、さらにミスで曲がることが多い方はディスタンス系のボールが使いやすいでしょう。そのぶんアイアンショットやアプローチでスピンがかかりにくくなるので、攻め方に工夫が必要になります。
それなりにショットが安定している方はスピン系といわれるプロモデルが使いやすいのではないかと思います。
それ以外に好きなプロが使っているボールを使いたいという方もいるでしょう。それはそれで選び方になりますがハイスピンのボールを使う場合、長いクラブではそれなりにリスクがあります。

ヘッドスピードで選ぶ神話は正しいのか

日本のメーカーは大体ボールに推奨ヘッドスピードというものが記載されています。しかし世界最大手のボールメーカーのひとつでPGAプロ使用率ナンバーワンのタイトリストは「ヘッドスピードと選ぶボールは関係がない」と言っています。ゴルフはドライバーだけでやるものではないからということです。また事実アメリカのジュニアの選手なども、非常に高い確率でタイトリストのPRO V1シリーズを使用していることからも、必ずしもヘッドスピードでボールを選ぶ必要がないことがわかります。
筆者のおすすめはヘッドスピードよりも、スピン量をどうしたいのか?で選ぶ方法です。
ドライバーで曲がりにくくスピンが少ないボールで飛距離を稼ぐことを優先するのか、アイアンで止まることを優先するのか、です。これはある意味ゴルフに対する考え方の違いによる部分です。

まとめ

飛んで曲がらないボールは止まらない。止まるボールは曲がる。
これがゴルフボールの大原則です。今は各メーカーの技術が非常に発展していますので、ディスタンス系とスピン系の差は少しづつ埋まってきてはいますが上記の大原則は変わりません。そのことを頭に入れつつ、パッティングのフィーリングやメーカーの好き嫌いなども加味して実践でいくつか試してみると良いでしょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アウトサイドインというのはどういうことなのか?

アウトサイドインというのはどういうことなのか?

アウトサイドインというのはどういうことなのでしょうか? みなさんよく耳にするゴルフ用語だとは思いますが、意味はご存知でしょうか? アウトサイドインとは?~アウトサイドインのメリット・デメリットなどにつ …

2018/02/26|ゴルフウィズ編集部

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

自宅でゴルフのパターの練習するのに役立つパターマット。 スコアアップに欠かせない練習道具ですね! パターの練習は、ドライバーやアイアンのように思いっきりスイングする練習とは違いますね。、地味ですがとて …

2019/12/18|ゴルフウィズ編集部

実のところ初心者ゴルファーにはドライバーが一番簡単!?

実のところ初心者ゴルファーにはドライバーが一番簡単!?

かつての初心者ゴルファーは「7番アイアン」をまずはじめに練習したものです。 そしてドライバーなしでコースデビューが定番でした。 ところが今では一番簡単なクラブは「ドライバー」とも言われています。 そこ …

2020/10/26|ゴルフウィズ編集部

わかりにくいルールをおさらいしてみよう

わかりにくいルールをおさらいしてみよう

初心者初級者の方のみならず、中級レベルの方でもゴルフのルールの細かい点になるとあやふやな方も少なくないのではないでしょうか。 さらに2019年に非常に大きなルール変更がおこなわれたため呼称も含め戸惑う …

2021/08/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢や …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

みなさんのセットには5番のフェアウェイウッド(以下FW)の次には何が入っていますか? 多いのは5番ユーティリティ(以下UT)で次に6番アイアンか6UTの組み合わせだと思います。 しかし小柄な方だと5U …

2018/06/12|ゴルフウィズ編集部

スライスについて考えてみよう

スライスについて考えてみよう

初心者、初級者の多くの方が悩んでいるスライス。レッスン書などを読んでああでもない、こうでもないとスイングをいじっているうちに五里霧中に。そんな方も多いのではないでしょうか。今回は根本的なスライスの正体 …

2019/07/24|ゴルフウィズ編集部

初心者のレディースゴルフクラブ選び方

初心者のレディースゴルフクラブ選び方

基本的にゴルフクラブは、14本を持ってラウンドします。14本もあるので初心者には、自分に合った製品を、選ぶことさえ難しいと感じるでしょう。何を基準にして選べば、初心者にも扱えるクラブを探せるのか解説致 …

2018/07/25|ゴルフウィズ編集部

失敗しないアプローチの考え方

失敗しないアプローチの考え方

ドライバーやアイアンがそこそこ打てるのにあがってみればダブルボギーやトリプルボギー。そんな方が意外と多いのではないでしょうか。もちろんパッティングも重要ですがなんといってもスコアをまとめるための肝はア …

2019/12/10|ゴルフウィズ編集部

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

ゴルフ小物の中でもレディースゴルフグローブは、スコアアップにも影響してくる、重要なゴルフアイテムです。自分に最適な商品を使用できれば、クラブをスィングする際のサポートになり、握力が弱い女性におススメで …

2019/02/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ