もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

わかりにくいルールをおさらいしてみよう

2021/08/19|ゴルフウィズ編集部

初心者初級者の方のみならず、中級レベルの方でもゴルフのルールの細かい点になるとあやふやな方も少なくないのではないでしょうか。
さらに2019年に非常に大きなルール変更がおこなわれたため呼称も含め戸惑うことも多いかと思います。

そこで今回はそんなルールの中から少しわかりにくいものをあらためてご説明していきたいと思います。

テンポラリーウォーター

2019年のルール改正でさまざまな呼称が変更されましたが、もっとも覚えにくいもののひとつがテンポラリーウォーターではないでしょうか。

以前はカジュアルウォーターと呼ばれていたもので、ベテランゴルファーの方なら一度は耳にしたことのあるルール用語かと思います。
テンポラリーウォーターとは雨の日や雨あがりのあとにプレーヤーがスタンスを取る前や取ったあとに見える一時的な水たまりのことです。
ポイントはスタンスを取ったあとでも適用される点。つまり体重がかかったら足元に水がしみ出たような状態でも適用されるという点です。ボールが水たまりにあるときはみなさん救済対象だとわかるでしょうが、スタンスの位置でも救済は受けられることを覚えましょう。
しかし、この救済措置は少し面倒です。わかりやすいように箇条書きで説明します。

・救済のニアレストポイントを決める
完全な救済を受けられる地点でホールに近づかず、元の地点に一番近い場所のことをニアレストポイントと呼びます。ややっこしいのが「完全な救済」という点で、元の場所はすごい水たまりだけどこっちは少ないからここで良いというのは認められず、完全に水の影響が無い地点を探す必要があります。
ニアレストポイントが決まれば、そこからホールに近づかない地点でワンクラブレングス以内にドロップします。

・バンカー内のボールはバンカー内にドロップ
バンカー内でテンポラリーウォーターの救済を受ける場合はバンカー内にドロップしなければなりません。しかし、バンカー内という制限がある場合「完全な救済」が受けられないケースが想定されます。その場合は最大限の救済が受けられる場所をニアレストポイントにします。これがフェアウェイなどのジェネラルエリアとは異なる点です。

・グリーン上はプレース
グリーン上でも救済は受けられますが、ポイントはふたつ。ひとつはグリーン上で救済を受ける場合はボールはドロップではなくプレースであるということ、もうひとつはニアレストポイントはグリーン外でも構わないという点です。また、足元や現にボールがある位置だけでなくパッティングライン上にテンポラリーウォーターがある場合も救済されます。

2度打ち

旧ルールでは、1打罰のペナルティでしたが新ルールでは偶然の2度打ちの場合はノーペナルティになりました。
ただし次のショットは旧ルールと同様、打ったあとのボールがある地点です。元に戻して打ちなおすことはできません。

バンカー内でのアンプレアブル

バンカー内で目玉などになってしまいアンプレアブルを宣言する場合、ドロップするのはバンカー内です。
しかし、新ルールではあらたに「2打罰でバンカー外にドロップ」という選択肢が加わりました。
ピンとボールを結んだ後方線上のバンカーの外に2打罰でドロップすることができるようになりましたので、バンカーが非常に苦手な方などはバンカーの土手などにボールがめり込んでしまったような時には2打罰のアンプレアブルを選択すると良いかもしれません。もっともピンとボールを結んだ後方線上にドロップするということは、次のショットはバンカー越えになるということですから、また入れてしまうという悲劇もありえない話では無いのですが・・

レッドペナルティエリア

コースではOBの白杭、修理地の青杭と並んでよく目にする赤杭のエリアです。救済は3種類ですが元の地点でワンクラブレングス以内にドロップして打ちなおすという選択は普通アマチュアのラウンドではおこなわれないでしょうから実質ふたつ覚えておけば良いでしょう。
ひとつはボールが最後に赤杭を横切った地点とピンを結んだ線上後方にワンクラブレングス以内にドロップする方法です。
もうひとつは最後に横切った地点から2クラブレングス以内にドロップする方法です。
ふたつの救済方法ではワンクラブと2クラブという風にドロップ地点を決める距離が異なる点に注意しておきましょう。
また新ルールでは、プレーしたければジェネラルエリアと同様にプレーしても良いですよ、という選択肢が追加されましたので赤杭を超えていても普通にソールして打つことが可能になりました。

まとめ

いかだでしたでしょうか。2019年の改正は過去にあまり例を見ないほどの大幅な改正だったため以前のルールが染みついているベテランの方ほど間違いやすいかもしれません。
この機会に覚えてしまいましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

新作も古株もツアーを席巻中のオデッセイのパターは常に進化中

世界のゴルフツアーでナンバー1の使用率を誇るオデッセイのパター。 現在ブレード型からネオ・マレット型まで多種多様な形と異なるフィーリングを備えたものが登場しています。 オデッセイのパターが注目されてか …

2022/05/23|ゴルフウィズ編集部

飛ぶことは重要なのか

飛ぶことは重要なのか

メーカーのホームページでドライバーを探してみると、必ずどこのメーカーも「飛ぶ」と書いてあります。その信憑性はともかくとして、飛ぶことは魅力です。誰でも今よりも飛ばしたいと思うでしょう。 しかし一方で飛 …

2020/08/03|ゴルフウィズ編集部

風の日のゴルフ はどうプレーする?

風の日のゴルフ はどうプレーする?

ゴルフは自然の中でおこなうスポーツですから天候の影響は非常に大きいものになります。中でも雨はいろいろと注意が多いのですがスコアということだけを考えればむしろ風のほうが注意点が多いと言っても良いでしょう …

2020/06/25|ゴルフウィズ編集部

再ブームの兆し!?アイアン型ユーティリティーの魅力とは?

再ブームの兆し!?アイアン型ユーティリティーの魅力とは?

最近密かに注目されているアイテムをご存知でしょうか。タイトルにもある通りアイアン型ユーティリティーが脚光を浴び始めています。 脚光を浴び始めているというのは使用者が増えているということもございますが、 …

2017/10/27|ゴルフウィズ編集部

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/09/02|ゴルフウィズ編集部

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

ゴルフをしていると意外と使用頻度の高い3番ウッド。形はドライバーの縮小版のような見た目となっています。ただ、ドライバーと違うのは、重心がヘッドの後ろに寄っているため、高い弾道のショットが打てるのも魅力 …

2017/08/21|ゴルフウィズ編集部

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーのアドレスでスタンスを狭くすると、曲がらずに遠くへ飛ばせます。 曲げずに飛ばすには広い方がよさそうですが、必ずしもそうではないのです。 プロゴルファーなどで広いスタンスで飛ばすのを目にします …

2020/06/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

自宅でゴルフのパターの練習するのに役立つパターマット。 スコアアップに欠かせない練習道具ですね! パターの練習は、ドライバーやアイアンのように思いっきりスイングする練習とは違いますね。、地味ですがとて …

2019/12/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ