もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

2017/12/13|ゴルフウィズ編集部

自分に合うパターがいまいち分からず、どれを選べばいいのか迷ってはいないでしょうか。パターにはいろいろなヘッドの形があり、それぞれには違った特徴があります。以下ではヘッドの形ごとに有している特徴と、それぞれの形でおすすめのパターを紹介しています。

もしもパター選びに悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみてください。自分に合うパターを選ぶことで理想的なパッティングが実現できますので、まずはヘッドの形の違いとその特徴から見ていきましょう。

パター選びで覚えておきたい3種類の型

いろいろなヘッドの形があるパターは、大きく分けて3つの型に分類できます。長方形のヘッドが特徴の「ピン型」、ヘッドの形からかまぼこ型ともいわれる「マレット型」、マレット型を方向性に特化した形に進化させた「ネオマレット型」以上3つの型がパターにおける大きな分類です。

それぞれにはパター選びをするときに参考となる特徴がありますので、ここで簡単に紹介しておきます。まずは「ピン型」の特徴についてです。「ピン型」はヘッドの形が長方形であることから、目標に対して構えやすく、ボールにタッチする感覚を掴みやすいのがその特徴です。ほかの型に比べてヘッドに重みがないので、操作性が高いこともその特徴といえます。

続いて「マレット型」については、ヘッドが重いことに加えて重心深度が深いので、ピン型よりも直進性のあるパッティングができます。ヘッドの重量を意識したスイングに適しているため、線をなぞるような感覚で打ちたい方におすすめです。

最後に「ネオマレット型」についてです。「ネオマレット型」は、マレット型のヘッドに、方向を示すラインやマークなどが付いているのが特徴です。特殊な形状のヘッドが多いので、人によって好き嫌いが分かれやすい型でもあります。

型別おすすめパター3選

上記で説明した型ごとに、おすすめするパターを紹介します。それぞれに違った特徴を持つパターですので、自分にはどのパターが合うのかを考えながらご覧になってみてください。

ピン型

引用 https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/select/

ピン型のパターでおすすめなのは「タイトリスト Scotty Cameron Select ニューポート2」です。ピン型の特徴である構えやすさや打感が優れていることはもちろん、操作性や直進性においても高いレベルの性能を持ち合わせています。使用するツアープロも多い1本ですので、エースパターとして長く使用したい方は思い切って購入するのがおすすめです。

マレット型

引用 http://kakaku.com/item/K0000934199/auction/

マレット型のパターでおすすめするのは「ピン SIGMA G PIPER 3」です。トゥとヒールに重量を分散することでスイートスポットを拡大、オートマチックなスイングをするだけで直進性の高い打球が打てます。ヒール側に比べてトゥ側が若干大きく設計されているため、ひっかけのミスにも強いです。

ネオマレット型

引用 http://www.todaysgolfer.co.uk/news-and-events/equipment-news/2017/january-/odyssey-reveal-new-o-works-putters/

ネオマレット型のパターでおすすめするのは「オデッセイ O-WORKS #7」です。フェース面に施されたマイクロヒンジ・インサートにより、インパクトしてからすぐに転がり始めます。一般的なパターに比べてボールが回転しだすのが早いため、ラインから外れない伸びのある打球が打てます。

パターを選ぶ際に重要なのは相性です。ここまで、高パフォーマンスが期待できるおすすめのパターを紹介してきましたが、合うかどうかはまた別の話です。何世代か前のパターが良いという方もいれば、人気のないパターがしっくりくるという方もいますので、パターを選ぶときには相性をよく確認するようにしましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

皆さんはパターの名手と聞いてどの選手を思い浮かべるでしょうか。ルークドナルド?フィルミケルソン?タイガーウッズ? プロはみんなうまいという意見は最もですが、その中でもひときわうまいプロがいることも確か …

2017/02/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフ場の斜面は構えにくくて、打ちにくい。 また傾斜の種類によってもいろんな打ち方が必要になるので、ラウンド中に混乱してしまう人も。 平らな練習場と勝手が違うので戸惑うのは当然かもしれませんね。 そこ …

2021/12/27|ゴルフウィズ編集部

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

ゴルフはボーリングと並んで自分が使うボールを自分で選ぶことができるスポーツです。しかしいざ選ぼうとするとメーカーの説明を読んでいるだけでちょっと眩暈がしてきます。いくつかのボールの説明を読んでいるとも …

2020/09/15|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ゴルフクラブに見られるフェース面の溝(スコアライン)。 ドライバーでは消えつつある中で、ウェッジのフェース面はスコアライン+ミーリング仕上げがほぼ標準仕様となっています。 溝で性能の違いが出るのか出な …

2021/11/25|ゴルフウィズ編集部

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーのアドレスでスタンスを狭くすると、曲がらずに遠くへ飛ばせます。 曲げずに飛ばすには広い方がよさそうですが、必ずしもそうではないのです。 プロゴルファーなどで広いスタンスで飛ばすのを目にします …

2020/06/08|ゴルフウィズ編集部

実体験に基づくイップスのお話

実体験に基づくイップスのお話

イップスというのをご存じでしょうか? ある動作をしようとしたときに身体が固まってしまって動かなくなる現象です。今ではいろいろなスポーツや、楽器の演奏などについても使われますが、もともとはゴルフについて …

2021/02/11|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ何本入れますか?

ウェッジ何本入れますか?

アイアンはセットで購入するものですが、だいたい6番アイアンからPWまでのセットというのが今の主流のようです。実際にラウンドする場合最低限これにSWが必要になりますが、それPW、SW以外にもウェッジを追 …

2021/04/29|ゴルフウィズ編集部

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。とりわけクラブの重要性は言うまでもなくもっとも高いと言って良いでしょう。少しでも打ちやすい、やさしいクラブが欲しいというのはアマチュア共通の悩みですが、 …

2020/10/19|ゴルフウィズ編集部

池があるときの考え方について

池があるときの考え方について

池が好きな方というのはあまりいないでしょう。同じハザードでもバンカーであればコツをつかんでいる方はラフよりマシだという方もいるでしょうが、池は入れたら終わり。 ペナルティーになる上、ボールも無くなりま …

2021/02/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでプレッシャーのかかる池越え!どうやって克服する?

ゴルフでプレッシャーのかかる池越え!どうやって克服する?

ゴルフでのプレッシャーのかかる場面のひとつに「池越え」がありますね! 普段なら余裕で届く距離でも池を越えるとなると上手く打てなくなってしまいます 最大の原因はプレッシャーからくる緊張にありそうですね。 …

2020/09/30|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ