もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アマチュアがパッティングラインを読むには

2020/04/10|ゴルフウィズ編集部

最近はセルフプレーのゴルフが主流で、多くの方がセルフでラウンドをなさっていることと思います。コースの各種の情報はカートに積まれているナビシステムであったり、GPSタイプのナビで見ることができます。またコース側もセルフプレイのゴルファーに配慮して、かなり細かな情報をホームページで公開するようになりましたから、事前の予習も可能です。しかしパッティングのラインだけは自分で読まなければなりません。ではアマチュアがラインを読むためのコツはどんなものがあるでしょうか。

初心者は傾斜だけを見る

グリーンの読み方、といった内容をネットで検索するといろいろな方法を見つけることができると思います。
しかし、経験の浅い初心者の方にはなかなか難しいのではないでしょうか。
そもそもグリーンにあがるまでにあれこれやらかしてしまって、他のプレイヤーがグリーン上で待っていたりすると、のんびりラインを読めるような雰囲気ではありません。
それでもネットに書いてあることを一生懸命思い出してラインを読んで打ったら2mも3mもカップから外れてしまったりすると、周りの視線が気になってしまいますね。
良くラインを読む時に芝目を読め、と書いてあります。
確かに目が向いている方向に向かってボールは切れていきますが、芝目を読むというのは、ある程度経験を積んでいないとなかなか難しいものです。
プロのように姿勢を低くしてじっと眺めてみてもわかるものではありません。
そこでオススメなのは、とりあえず傾斜だけは見ておく、という方法です。
いくら芝目があったとしても、物理の法則を無視してボールが低いところから高いところに向かって転がっていくようなことはありません。
もちろん切れ方の度合に影響はありますが、まずはグリーンがどっちに傾いているかを確認しましょう。
自分がグリーンにあがってしまうとわかりにくいことが多いので、とりあえずグリーンに乗せたら、グリーンがどっちに傾斜しているのかを大まかにでも確認しながらボールのところに近づいていくようにしましょう。

他のプレイヤーの転がりを確認する

もうひとつオススメなのは、他のプレイヤーが打ったボールの転がり方を見ておく方法です。
自分よりも先にパッティングする方がいれば一番いいですし、さらにその方が自分と同じ方向からのパッティングであれば情報の宝庫になります。
パッティング以外でもアプローチでのボールの転がり方や切れ方を見ればおおよそのグリーンの傾斜やスピードがわかります。
もちろん、いくら他の方のパッティングを見たいからといってパッティングする方に近づきすぎたり真後ろや真ん前のライン上に居るのはマナー違反になりますので、その点は十分に気を付けて下さい。

わからなければまっすぐ

とはいえ実際にゴルフ場にいくと一体全体どっちに傾斜しているのか良く分からないケースがあります。
そんな時は、もうまっすぐ打っちゃいましょう。だいたいパッティングというものは、ものすごいロングパットはともかくとして5mくらいのパッティングで左右に2mも3mも外れるなんてことは普通ありません。
ミスが大きくなるのは左右ではなく前後、つまり距離です。ラインが良く分からなければ曲りのことは忘れてとにかく距離を合わせる事に集中しましょう。
距離さえ合えば、そんなに大きなミスにはなりません。

まとめ

テレビでプロの試合を見ていると、姿勢を低くして真剣にラインを読んでいるシーンを目にしますね。
しかし、あれはプロだから読み切れるわけで月イチくらいでコースに行くアマチュアがそうそう読めるものではありません。
普段我々が行くゴルフ場は晴天が続いているような時は比較的平坦なところにピンが切ってあることが多いですので、あまりこまかいことは気にせずにプレイしたほうが、かえって良い結果になるかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

ゴルフではショートゲームが重要だと良く言われます。とりわけパッティングの重要性は言われるまでもなく痛感していることでしょう。ドライバーが曲がって林に入っても、2打目がトップしてもパターで入れてしまえば …

2021/06/10|ゴルフウィズ編集部

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターを選ぶ時、真っ先にその顔であるヘッドに目がいきますよね。 ヘッドを見て、好きなタイプを見つけるのはそう難しいことではないでしょう。 ヘッドを見ると、だいたいボールを打つ時のイメージもわきます。 …

2019/08/26|ゴルフウィズ編集部

PINGパターのフィッティング!その内容はオススメ!

PINGパターのフィッティング!その内容はオススメ!

今では一般的なゴルフクラブの「フィッティング」。 それを利用して自分にあったクラブを選べるのは、特別な感じもしてワクワクします。 ところがパターとなるとあまり耳にしないかもしれませんね。 そこでパター …

2019/10/17|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

初心者におすすめのパター!「テーラーメイド MANTA GHOST 」

繊細なタッチが要求されるパターには、さまざまな形をしたクラブがあります。それぞれには違った特徴があり、初心者の方が選ぶには最低限の知識をもっておくことが必要です。 この記事では、大きく3つの形に分けら …

2017/12/12|ゴルフウィズ編集部

マレット型パターのススメ

マレット型パターのススメ

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、パターの形状はだいたいピン型、マレット型、ネオマレット型に分類されます。パターだけは感覚が重要なので合うパターならなんでも良いのですが、やはりピン型に比べるとマ …

2020/06/29|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったスタイルで。パッティングスタイルあれこれ

自分に合ったスタイルで。パッティングスタイルあれこれ

パッティングは感覚が大事 パッティングというものは、極論してしまえばどう打とうが、どんなパターを使おうが入れば良いわけです。 とりあえず空振りしたり、大曲りしたりする可能性がないパッティングは、自分の …

2019/07/22|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/08/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ