もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パター選びでフェースのインサートの有無はどちらがよいか

2020/05/21|ゴルフウィズ編集部

パター選びでは、まずヘッドの形状やネックの形を決めることが多いでしょう。
次にフェースに「インサート」があるかないかを検討することになります。

インサートがあるかないかの一番の違いは打感ですが、どちらを選ぶかは好みの問題になります。
それぞれの特徴を知ることでパター選びが広がります!

インサートの有無でパターの特徴が変わる

パターには、ヘッドと同じ素材でフェースが作られているタイプと、フェースにヘッドとは別の素材が埋め込まれているフェースインサートのタイプがあります。
その二つの違いを見ていきましょう!

【フェースインサートありの特徴】
・ 打感が軟らかいので強めに打てる安心感がある
・ ショートしやすい人やしっかり打ちたい人に向いている
・ 比較的やさしいとされている

フェースのセンターに比重の軽い素材が入っているので、重量をトゥヒールや後方に配分しやすく、慣性モーメントを大きくできます。
そのため芯を多少外したとしても転がりが強くまっすぐ打ちやすいです。

【フェースインサートなしの特徴】
・ 打感が硬く転がるイメージがするので打ち過ぎを防げる
・ タッチを正確に合わせられる
・ 操作したい人に向いている

インサートなしには、どこに当たったかかが手に伝わりやすく操作性が高いという特徴があります。
インサートありに比べて難しいという印象もありますが、ブレードの幅の広いものやマレット型を選べばミスをカバーしてくれるので難しいということはありませんね!

インサートの有無はどちらを選べばよいか

どちらを選ぶかは好みで大丈夫です。
ただ普段パターでどのようなミスが出やすいかによって、どちらが合いやすいかはあります。

【パターは距離感が大切】
パッティングを左右するのは方向性と距離感です。
その二つでは、方向性よりもボールを狙った距離に止める距離感を身につける方が大切です。
「タッチが合う」や「ナイスタッチ」などと言いますよね!

練習を重ねるのはもちろんですが、距離感の不安をパターの素材によって助けてもらうこともできます。

【距離でショートが多い人】
カップに対してショートしやすい方は一般的に硬い素材のパターが合いやすいです。
短い振り幅でも「パチン」とインパクトができるので、ボールの転がりが強く出てショートの可能性も減ります。
そして重めのパターの方がボールを強くインパクトできるので、ショートしやすい方の助けになります。

【距離でオーバーが多い人】
カップをオーバーしてしまうことが多い方は、逆に軟らかいフェースインサートのパターが合いやすいです。
そして軽めの方が合いやすいでしょう。

自分なりの距離感を養うためには、柔らかめの素材のパターで、どれくらいの振り幅で打ったらどの程度転がるのかを見ながら練習すると距離感がアップします!

【イップスで悩んでいるなら】
また、インサートありのパターを使用していてイップスで悩んでいるとしたら。
特徴である打感の軟らかさがイップスを招いてる可能性もあります。

インサートありだと打った衝撃を吸収するため、強く打ったのにその信号が手に伝わっていない可能性があります。
ゴルファーは打った時に手に伝わる衝撃や音で無意識に距離感を判断しているので、それが合わないと脳が混乱してイップスを招くこともあります。

この場合はインサートなしで解決する可能性もありますね。
もちろんそれが全てではないので、参考までに。
逆に、インサートの打感のおかげでパッティングが良い方向にいく場合もたくさんあります。

まとめ

パターのインサートの有無で悩んだら、それぞれの特徴を頭に入れておいて、試打できるところなどで実際打って見ましょう。
インサートありは打感は軟らかく、なしでは打感は硬いのがわかるでしょう。

自分のパッティングのミスをカバーすることで選ぶなら、ショートしやすければインサートなし、オーバーしやすければインサートありということです。

パッティングに大切なのは「距離感」です。
どちらのパターが自分で上手な距離感を養えるかを考えてパター選びをしてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アプローチショットがシャンクするには理由がある

アプローチショットがシャンクするには理由がある

グリーンにのせるアプローチショット。100ヤード以内の短い距離にも係わらず、打球がとんでもない方向に飛んでしまうことがあります。おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう「シャンク」です。 スライス …

2017/11/22|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフはパット数によってスコアがかなり変わりますよね。 アイアンでは慎重になるのに、パターとなると簡単に3パットしてしまうことも。 それなのに、つい練習でもドライバーやアインに力を注いでしまいます。 …

2020/01/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

パターの選び方の基本

パターの選び方の基本

ゴルフのスイング、ショットの悩みはつきませんが、ある程度ラウンド経験を積んでいくととにかくパッティングに悩まれる方が多いようです。ドライバーやアイアンと違ってボールがあちこちに散らかってしまってり、ザ …

2019/12/23|ゴルフウィズ編集部

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

皆さんクラブのグリップは交換したことがありますか? 買ってかたそのまま、という方も結構いるのではないでしょうか。 グリップは体とクラブの唯一の接点なので意外とデリケートなパーツです。 劣化していると滑 …

2018/04/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

グリーン上での多くのマナーやルールが存在しています。パターショットをする際、気をなければ、スコアにも響く場合があります。 ただ、初心者だと何がダメで何がいいのかなんてわかりませんよね。私自身、わかって …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

パッティングのプロライン、アマチュアラインってなに?

パッティングのプロライン、アマチュアラインってなに?

パッティングが外れた時に、よくプロラインに外した、とかアマチュアラインに外した、という言い方をすることがあります。良くわからない方でも、なんとなく「プロ」ラインのほうが「アマチュア」ラインよりも言葉の …

2019/11/13|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

パッティングは人それぞれ、癖がありフックしたりスライスして、思うようにコントロールするのが、難しい場面もあります。なので、自分の癖を軌道修正してくれる、パターを探してきてパターに助けてもらいましょう。 …

2018/10/19|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ