もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パター選びでフェースのインサートの有無はどちらがよいか

2020/05/21|ゴルフウィズ編集部

パター選びでは、まずヘッドの形状やネックの形を決めることが多いでしょう。
次にフェースに「インサート」があるかないかを検討することになります。

インサートがあるかないかの一番の違いは打感ですが、どちらを選ぶかは好みの問題になります。
それぞれの特徴を知ることでパター選びが広がります!

インサートの有無でパターの特徴が変わる

パターには、ヘッドと同じ素材でフェースが作られているタイプと、フェースにヘッドとは別の素材が埋め込まれているフェースインサートのタイプがあります。
その二つの違いを見ていきましょう!

【フェースインサートありの特徴】
・ 打感が軟らかいので強めに打てる安心感がある
・ ショートしやすい人やしっかり打ちたい人に向いている
・ 比較的やさしいとされている

フェースのセンターに比重の軽い素材が入っているので、重量をトゥヒールや後方に配分しやすく、慣性モーメントを大きくできます。
そのため芯を多少外したとしても転がりが強くまっすぐ打ちやすいです。

【フェースインサートなしの特徴】
・ 打感が硬く転がるイメージがするので打ち過ぎを防げる
・ タッチを正確に合わせられる
・ 操作したい人に向いている

インサートなしには、どこに当たったかかが手に伝わりやすく操作性が高いという特徴があります。
インサートありに比べて難しいという印象もありますが、ブレードの幅の広いものやマレット型を選べばミスをカバーしてくれるので難しいということはありませんね!

インサートの有無はどちらを選べばよいか

どちらを選ぶかは好みで大丈夫です。
ただ普段パターでどのようなミスが出やすいかによって、どちらが合いやすいかはあります。

【パターは距離感が大切】
パッティングを左右するのは方向性と距離感です。
その二つでは、方向性よりもボールを狙った距離に止める距離感を身につける方が大切です。
「タッチが合う」や「ナイスタッチ」などと言いますよね!

練習を重ねるのはもちろんですが、距離感の不安をパターの素材によって助けてもらうこともできます。

【距離でショートが多い人】
カップに対してショートしやすい方は一般的に硬い素材のパターが合いやすいです。
短い振り幅でも「パチン」とインパクトができるので、ボールの転がりが強く出てショートの可能性も減ります。
そして重めのパターの方がボールを強くインパクトできるので、ショートしやすい方の助けになります。

【距離でオーバーが多い人】
カップをオーバーしてしまうことが多い方は、逆に軟らかいフェースインサートのパターが合いやすいです。
そして軽めの方が合いやすいでしょう。

自分なりの距離感を養うためには、柔らかめの素材のパターで、どれくらいの振り幅で打ったらどの程度転がるのかを見ながら練習すると距離感がアップします!

【イップスで悩んでいるなら】
また、インサートありのパターを使用していてイップスで悩んでいるとしたら。
特徴である打感の軟らかさがイップスを招いてる可能性もあります。

インサートありだと打った衝撃を吸収するため、強く打ったのにその信号が手に伝わっていない可能性があります。
ゴルファーは打った時に手に伝わる衝撃や音で無意識に距離感を判断しているので、それが合わないと脳が混乱してイップスを招くこともあります。

この場合はインサートなしで解決する可能性もありますね。
もちろんそれが全てではないので、参考までに。
逆に、インサートの打感のおかげでパッティングが良い方向にいく場合もたくさんあります。

まとめ

パターのインサートの有無で悩んだら、それぞれの特徴を頭に入れておいて、試打できるところなどで実際打って見ましょう。
インサートありは打感は軟らかく、なしでは打感は硬いのがわかるでしょう。

自分のパッティングのミスをカバーすることで選ぶなら、ショートしやすければインサートなし、オーバーしやすければインサートありということです。

パッティングに大切なのは「距離感」です。
どちらのパターが自分で上手な距離感を養えるかを考えてパター選びをしてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

欠点、クセとのつきあい方について

欠点、クセとのつきあい方について

最近はあまり使いませんが、無くて七癖なんて言葉もあります。 ゴルフに関しては「無くて」どころか一人ひとり非常に強いクセがあるのが普通です。 ゴルファーなら誰しもクセや欠点を直して良いスイングをしたいと …

2021/03/11|ゴルフウィズ編集部

ウエッジで遊ぼう

ウエッジで遊ぼう

スコアメイクはカップに近い位置ほど重要になってくるといわれています。一番はパッティングですが、同じくらい重要なのはアプローチでしょう。そんなアプローチに使うことが多いウエッジ。スコアメイクの上では非常 …

2020/08/17|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

ゴルフのグリーン上で、パターを吊るす行動をプロがやっているのを見たことがあると思います。 気になるけれど自分には関係なさそうですよね。 読み解くのが難しい芝目。 もしかしたら私たちにも参考になることが …

2021/10/14|ゴルフウィズ編集部

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

トッププロが操るアイアンの「マッスルバック」。 狙い通りに操作してボールをピタリと止めるのを見ると、いつか使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 キャビティバックアイアンと比べて難しいイメー …

2020/06/17|ゴルフウィズ編集部

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

アイアンの中には初心者ではなかなか扱いが難しいものもあります。 さらに数が多いので何から使い始めたら良いのかと悩んでしまいますよね。 そこでオススメしたのは7番アイアンです。 私自身、このアイアンを主 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフコースで打ちにくい4大斜面を攻略するアイアンのコツ

ゴルフ場の斜面は構えにくくて、打ちにくい。 また傾斜の種類によってもいろんな打ち方が必要になるので、ラウンド中に混乱してしまう人も。 平らな練習場と勝手が違うので戸惑うのは当然かもしれませんね。 そこ …

2021/12/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。とりわけクラブの重要性は言うまでもなくもっとも高いと言って良いでしょう。少しでも打ちやすい、やさしいクラブが欲しいというのはアマチュア共通の悩みですが、 …

2020/10/19|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ