もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

握り方いろいろ。パッティンググリップ

2020/06/15|ゴルフウィズ編集部

パターは、言ってみれば入れば勝ち。入るならどんな握り方をしても構いません。もちろんドライバーやアイアンもどう握ってもちゃんと飛べば良いのですが、そもそも速く振る必要性のあるクラブでは限界があります。
パターはせいぜい20mくらい転がれば良いので、握り方の自由度は非常に高いといえます。とはいえ自分のオリジナルの握り方を一から編み出すのは大変です。今回はパッティンググリップの握り方をいくつかご紹介していきたいと思います。

オーバーラッピング、逆オーバーラッピング

比較的標準的なグリップの仕方がオーバーラッピングと逆オーバーラッピングです。オーバーラッピングは他のクラブを握るときの握り方と同じ。クラブをインターロッキングにしている方は右手の小指と左手の人差し指を絡めずに右手の小指は、左手の人差し指と中指の間に乗せるようにしてみてください。
逆オーバーラッピングというのは、右手の小指と左手の人差し指の関係性を逆にしたグリップです。右手は5本の指すべてでグリップして、左手の人差し指を右手の指の上に持ってくる形です。
以前は逆オーバーラッピングがパターグリップの定番とされていましたが、今では特にそんなことはないようです。
逆オーバーラッピングの場合、右手の感覚がかなり強くなりますので右手でパターを操作するような方、右手の感覚で距離感を出したい方には向いているかもしません。
ただし、右手が効きすぎるので引っ掛けなどが出やすいという欠点はあるでしょう。

クロスハンドグリップ

最近非常に増えてきたグリップです。左手を下に右手を上にしてグリップします。利点は身体の動きでストロークがしやすいことでしょう。
右手の動きがかなり制限され、伸ばした左手が左肩の動きと一体化するような感じでのストロークになります。
細かなことはやりにくいグリップかもしれませんが、逆にいえば細かなことをしてしまう危険の少ないグリップといえるかもしれません。
最近はグリーンが高速化していますので、そのようなグリーンには手先の感覚をあまり使わないクロスハンドが向いているといえそうです。

クローグリップ

かなり特殊なグリップの仕方で、左手は通常通りにグリップをしますが右手は甲が正面を向くような形で、握るというよりも指先でつまむような形のグリップです。
この形でグリップをした場合、バックスイングでは右手でパターを引くことができません。従ってバックスイングでは左手主導でパターを引くことになります。
ボールをヒットするときに右手の手首が折れることによるエラーを防ぎやすいグリップですが、アマチュアはかなり練習を積まないと距離感を出しにくいのではないかと思います。
アマチュアの場合どうしてもパターの練習量が少ないので、グリーン上では利き手である右手の感覚を使ったほうが距離感が出やすいでしょう。
右手でボールを転がすような感じで距離感を出すと、それほどとんでもないことにはならないと思いますが、クローグリップでは右手での微調整がクロスハンドグリップよりもさらにやりにくいので、ロングパットは大変です。
一方右手の使い過ぎにより引っ掛けなどのエラーは出にくくなりますので、ショートパットが入らないという方は試してみても良いかもしれません。

まとめ

どのグリップを採用するかは本当に個人の好みによりますので、どれが良くてどれが悪いということはありません。また逆オーバーラッピングやクロスハンド、クローグリップなどにおける指の添え方なども自分が打ちやすいようにアジャストしていけば良いでしょう。
イップス気味になってショートパットが怖い、といったときに思い切ってグリップを変えてみるというのも良いかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

ウエッジで遊ぼう

ウエッジで遊ぼう

スコアメイクはカップに近い位置ほど重要になってくるといわれています。一番はパッティングですが、同じくらい重要なのはアプローチでしょう。そんなアプローチに使うことが多いウエッジ。スコアメイクの上では非常 …

2020/08/17|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。とりわけクラブの重要性は言うまでもなくもっとも高いと言って良いでしょう。少しでも打ちやすい、やさしいクラブが欲しいというのはアマチュア共通の悩みですが、 …

2020/10/19|ゴルフウィズ編集部

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

突然ですが日本でのゴルフクラブ発祥の地、というのがどこかご存じでしょうか?はじめて日本でアイアンクラブを作ったのはちょっと意外な土地。その後も地場産業のひとつとして発展し日本のゴルフクラブの歴史に名前 …

2020/12/23|ゴルフウィズ編集部

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

飛距離が伸びるアイアン!「ヤマハ inpres UD+2」

アプローチのイメージが強いアイアンですが、ロングホールの2打目やショートホールのティーショットなど、アイアンで飛距離を出したい場面は多くあります。ところが、「ドライバーやウッドでは飛距離が出過ぎてしま …

2017/12/04|ゴルフウィズ編集部

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

初心者、初級者の方は最初100切りを目指して練習を続けられることと思います。はじめてコースに出るとだいたい120くらいは打ってしまうでしょうが、そこから経験を積んでいくと少しスコアが良くなっていきます …

2021/04/08|ゴルフウィズ編集部

チップパットを身に付けてスコアアップ!

チップパットを身に付けてスコアアップ!

ロングパットが難しい原因は、距離感が正しく把握できないことにあります。カップまで何メートルあるのか?正確に掴むことができれば、距離に合わせたパッティングをすればいいので、スコアを悪くする確立を低くでき …

2019/03/29|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

万能過ぎる!7番アイアンのゴルフでの使用用途は?

アイアンの中には初心者ではなかなか扱いが難しいものもあります。 さらに数が多いので何から使い始めたら良いのかと悩んでしまいますよね。 そこでオススメしたのは7番アイアンです。 私自身、このアイアンを主 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットが苦手なのは

バンカーショットが苦手なのは

初心者、初級者の方の苦手なショットの代表格ともいえるのがバンカーショットではないでしょうか?またレディースゴルファーの方も苦手にしている方が多いようです。いろいろとバンカーの打ち方を勉強しているはずな …

2021/04/15|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ