もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

握り方いろいろ。パッティンググリップ

2020/06/15|ゴルフウィズ編集部

パターは、言ってみれば入れば勝ち。入るならどんな握り方をしても構いません。もちろんドライバーやアイアンもどう握ってもちゃんと飛べば良いのですが、そもそも速く振る必要性のあるクラブでは限界があります。
パターはせいぜい20mくらい転がれば良いので、握り方の自由度は非常に高いといえます。とはいえ自分のオリジナルの握り方を一から編み出すのは大変です。今回はパッティンググリップの握り方をいくつかご紹介していきたいと思います。

オーバーラッピング、逆オーバーラッピング

比較的標準的なグリップの仕方がオーバーラッピングと逆オーバーラッピングです。オーバーラッピングは他のクラブを握るときの握り方と同じ。クラブをインターロッキングにしている方は右手の小指と左手の人差し指を絡めずに右手の小指は、左手の人差し指と中指の間に乗せるようにしてみてください。
逆オーバーラッピングというのは、右手の小指と左手の人差し指の関係性を逆にしたグリップです。右手は5本の指すべてでグリップして、左手の人差し指を右手の指の上に持ってくる形です。
以前は逆オーバーラッピングがパターグリップの定番とされていましたが、今では特にそんなことはないようです。
逆オーバーラッピングの場合、右手の感覚がかなり強くなりますので右手でパターを操作するような方、右手の感覚で距離感を出したい方には向いているかもしません。
ただし、右手が効きすぎるので引っ掛けなどが出やすいという欠点はあるでしょう。

クロスハンドグリップ

最近非常に増えてきたグリップです。左手を下に右手を上にしてグリップします。利点は身体の動きでストロークがしやすいことでしょう。
右手の動きがかなり制限され、伸ばした左手が左肩の動きと一体化するような感じでのストロークになります。
細かなことはやりにくいグリップかもしれませんが、逆にいえば細かなことをしてしまう危険の少ないグリップといえるかもしれません。
最近はグリーンが高速化していますので、そのようなグリーンには手先の感覚をあまり使わないクロスハンドが向いているといえそうです。

クローグリップ

かなり特殊なグリップの仕方で、左手は通常通りにグリップをしますが右手は甲が正面を向くような形で、握るというよりも指先でつまむような形のグリップです。
この形でグリップをした場合、バックスイングでは右手でパターを引くことができません。従ってバックスイングでは左手主導でパターを引くことになります。
ボールをヒットするときに右手の手首が折れることによるエラーを防ぎやすいグリップですが、アマチュアはかなり練習を積まないと距離感を出しにくいのではないかと思います。
アマチュアの場合どうしてもパターの練習量が少ないので、グリーン上では利き手である右手の感覚を使ったほうが距離感が出やすいでしょう。
右手でボールを転がすような感じで距離感を出すと、それほどとんでもないことにはならないと思いますが、クローグリップでは右手での微調整がクロスハンドグリップよりもさらにやりにくいので、ロングパットは大変です。
一方右手の使い過ぎにより引っ掛けなどのエラーは出にくくなりますので、ショートパットが入らないという方は試してみても良いかもしれません。

まとめ

どのグリップを採用するかは本当に個人の好みによりますので、どれが良くてどれが悪いということはありません。また逆オーバーラッピングやクロスハンド、クローグリップなどにおける指の添え方なども自分が打ちやすいようにアジャストしていけば良いでしょう。
イップス気味になってショートパットが怖い、といったときに思い切ってグリップを変えてみるというのも良いかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ツアーを席捲、テーラーメイドのスパイダーって?

ツアーを席捲、テーラーメイドのスパイダーって?

テレビでプロの試合を見ていると、なんだか四角いパターを持っている選手が増えている気がしませんか?ヘッドもすごく大きくて今までのパターとずいぶん違って見えます。もしかしたら気になっているそのパター、テー …

2020/05/28|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

自分にあったボールを選ぶコツとは?

自分にあったボールを選ぶコツとは?

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

パッティングは人それぞれ、癖がありフックしたりスライスして、思うようにコントロールするのが、難しい場面もあります。なので、自分の癖を軌道修正してくれる、パターを探してきてパターに助けてもらいましょう。 …

2018/10/19|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

アイアンのヘッドにはいろいろな形状があります。マッスルバック、キャビティバック、中空といった言葉はなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。そしてマッスルバックはなんだか上級者向けっぽい、くらい …

2020/06/03|ゴルフウィズ編集部

パターのラインを読むには初心者のうちにコツを知るとラク!

パターのラインを読むには初心者のうちにコツを知るとラク!

ゴルフはパターのラインをどう読むかでスコアが大きく違ってきます。 ただ何となく打ってしまうと、3パットや4パットもありますよね! 初心者のうちにラインの読み方のコツを知っておくと100切り目前で足踏み …

2020/04/02|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ