もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

よく見る「パターを吊るす行動」はグリーンの何を知るため?

2021/10/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのグリーン上で、パターを吊るす行動をプロがやっているのを見たことがあると思います。
気になるけれど自分には関係なさそうですよね。
読み解くのが難しい芝目。
もしかしたら私たちにも参考になることがあるかもしれません。何を読んでいるのか見ていきましょう!

パターを吊ってわかること

パターを目の前で吊るして何かを測る行動。
トーナメントでプロゴルファーがよくやっていますよね。
何をどう読んでいるのでしょうか。

【錯覚を取り外してラインが読める】
目の前でパターを吊るす行動は、グリーンのラインを読んでいるのです。
これは「プラムボミング」「下げ振り子」などと呼ばれます。

グリーン上でラインを自分の目で見ようとすると、色々な要因から目の錯覚が起きて、正確にラインを読むことができなくなります。
この測り方で、その目の錯覚を除いて正確にラインが読めるようになるのです。

【フックとスライスのラインがわかる】
プロはこれでグリーン上のフックライン、スライスラインを読んでいます。
よく見ると、パターを吊るす前にカップとボールの延長線上の後ろに立っています。
それからパターを吊るして、シャフトの右側にカップが見えるならフックライン、左側ならスライスラインということを読んでいます。
その際に、利き目でない方の目はつむって、片目だけで見ています。

【土地の測量を置き換えた方法でわかる】
このラインを読むやり方は、土地の測量を簡単なものに置き換えたものです。
測量では糸でぶら下げたおもりを使いますが、クラブのシャフトをそのおもりに見立てているのです。

地球には重力があるので、斜めの地面に立っていてもおもりを吊り下げれば鉛直線を得られますね。
ただ、クラブのシャフトは完全な真っすぐな線ではないので、それでは正確な線が測れない、という声もあります。

パターを吊るしてラインを読む方法

実際私たちでもプロのようにパターを吊るすことでラインが読めるのでしょうか。
そのやり方をご紹介します。

【パターを吊るしてカップの位置を見る】
パターは吊るしてみるとだいたい垂直に真下を指します。
なのでボールの真後ろでパターを吊れば、シャフトが左右に動きます。
これは足元の傾斜があるからです。
その状態でボールの真上にシャフトを移動させて、カップが左右どちらに見えるかでラインを読みます。

ただ、パターを垂直に吊るす時に、ヘッドの形によってフェースの向きを変える必要が出てくるということに気を付けてください。
使用するパターが最も垂直になるフェースの向きを、前もって見つけておきましょう。

【ライン読みの手順】
ラインを読む手順は、まずカップからボールに伸びた一直線をまたぐように立ちます。

それからシャフトがボールを指すように移動させれば、シャフト越しに見たカップの位置でラインがわかるということです。

【吊ったパターでこう読む】
グリーンのラインがスライスかフックかを判断するやり方はこうです。
ボールの真後ろに立ってパターを吊ったら、シャフトがボールの真上を指すように左右に移動させます。
この時に、シャフト越しに片目(利き目)でカップを見るようにしてください。
もう一方の目はつむっておきます。

シャフトより右側にカップが見えるなら、足元の傾斜が左に高くなっているので、スライスライン、その逆の左側に見えるならフックラインです。
意外と簡単なのでグリーン上でライン読みに迷ったら試してみてください!

まとめ

グリーンの複雑な傾斜や芝目を読むのは難しそうですよね。
しかしその難しいラインを読むことでゴルフの楽しさも発見できます。

そのラインを読むためにプロがよくやっているのが、中継などでよく見るパターを吊るす行動。
一般のゴルファーではあまりその行動をみかけませんが、そのやり方は難しくありません。
人間の目で見るのは錯覚があるので、この方法を取り入れることで、新たな発見があるかもしれません。
自分の目で見るより意外と足元が傾斜しているなど気づくでしょう。
参考にしてみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

「自分にはどのウッドが合うんだろう」と悩んでいないでしょうか。ドライバーに次いで飛距離を稼げるウッドは、距離が出る分、扱うのが難しいクラブです。「曲がってしまう」「飛距離が出ない」「弾道が低い」このよ …

2017/12/09|ゴルフウィズ編集部

チップパットを身に付けてスコアアップ!

チップパットを身に付けてスコアアップ!

ロングパットが難しい原因は、距離感が正しく把握できないことにあります。カップまで何メートルあるのか?正確に掴むことができれば、距離に合わせたパッティングをすればいいので、スコアを悪くする確立を低くでき …

2019/03/29|ゴルフウィズ編集部

クラブは進化しているけれどスコアは・・・

クラブは進化しているけれどスコアは・・・

ゴルフクラブやボールといった用具は、この20年くらいの間に飛躍的な進歩を遂げています。 筆者は15年ほどゴルフから遠ざかっていたのですが、再開してクラブを手に入れてみると信じられないくらいの進化を感じ …

2021/03/18|ゴルフウィズ編集部

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

さあ、待ちに待ったラウンド。張り切ってドライバーを振り回したら、朝一いきなりのOB。次のホールでも思うようなショットが打てずにスコアも気分も最悪…トラブル続きのドライバーを何とかしたいと思っている初心 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

芝や砂などの障害物ごとショットする機会も多いウエッジは、苦手とする方が多いクラブの1つです。「可能であれば使用したくない」と思う方もいるかもしれませんが、コースでのウェッジ使用率は高く、スコアを縮める …

2017/12/08|ゴルフウィズ編集部

アマチュアがパッティングラインを読むには

アマチュアがパッティングラインを読むには

最近はセルフプレーのゴルフが主流で、多くの方がセルフでラウンドをなさっていることと思います。コースの各種の情報はカートに積まれているナビシステムであったり、GPSタイプのナビで見ることができます。また …

2020/04/10|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

「初めに持つアイアンはどれがいいのだろう」と悩んではいないでしょうか。毎年新しいモデルが登場するアイアンは、初心者が選ぶには種類が多すぎるものです。そこで今回は、数多くあるアイアンの中から、初心者にお …

2017/12/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフでラウンドすると一番使用頻度の高いクラブはどれになるのでしょうか。ドライバーは14回くらいでしょうか。ピッチングウェッジやサンドウェッジだってそれぞれ10回くらいかもしれません。そんな中でパター …

2017/11/05|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ初心者にはこれ!「ブリヂストン TOUR B XW-2」

ウェッジ初心者にはこれ!「ブリヂストン TOUR B XW-2」

ウェッジ選びで悩んではいないでしょうか。アプローチやリカバリーで使用するウェッジは、シャフトが短く比較的簡単にスイングを覚えやすいクラブです。スイングを安定させやすい分ウェッジの性能がパフォーマンスに …

2017/12/07|ゴルフウィズ編集部

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

「ゴルフは飛ばし合いではない」とわかっていても、ドライバーを手にするとつい飛距離が気になりますよね。 しかしスコアを求めるなら、ボールをまっすぐ曲げないことが重要になってきます。 ドライバーでまっすぐ …

2020/11/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ