もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。この記事では、そんな悩みに沿った、リカバリー率を上げられるウェッジの選び方をご紹介しています。リカバリー率の上昇はスコアを縮めることに繋がりますので、ぜひこの記事を参考にウェッジ選びをしてみてください。

ウェッジ選びでチェックすべきポイント

バウンス角

バウンス角とは、シャフトを垂直にした際に、フェースよりも下に張り出しているソールの角度のことをいいます。バウンス角が大きいほどヘッドが地面に刺さりづらく、小さいほどボールをすくいやすくなるのが特徴です。

ロフト角

ロフト角とは、シャフトとフェースとの間で作られる角度のことをいいます。ロフト角が大きいほどボールが上がりやすく、小さいほど飛距離が出やすくなります。

ソールの幅

ソールの幅には、広いものと狭いものがあります。ソールの幅が広いものはダフリやトップなどのミスショットをしづらく、ソールの幅が狭いものは打ち出したボールの高さ調整やスピンの量を調整しやすいという特徴があります。

目的別ウェッジの選び方

バンカーショット

「バンカーショットでは、ダフってしまってボールが飛ばない」という場合のウェッジの選び方としては「バウンス角とロフト角が大きく、ソール幅の広いウェッジ」を選びましょう。大きなバウンス角と幅の広いソールが、ヘッドが地面に刺さってしまうことを防ぎ、大きなロフト角がボールを上げやすくしてくれます。

具体的な選び方としては、バウンス角は12度、ロフト角は58度、ソール幅は極力広めのものを基準として選ぶと良いです。ただし、1つだけ注意して貰いたいのは、ロフト角を大きくすればするほどボールの下をすくってしまうミスが出やすい点です。ロフト角が大きければ大きいほど良いわけではありませんので、選ぶ際には注意するようにしましょう。

ラフショット

ラフに入ってしまったときに使用するウェッジの選び方は「バウンス角とロフト角が小さい、ソール幅の広いウェッジ」を選びましょう。バウンス角やロフト角が大きかったりソール幅が狭かったりするウェッジでは、ダフりやトップなどのミスが出てしまう可能性が高いです。

バウンス角やロフト角が小さく、ソール幅の広いウェッジを選ぶことで、ダフりやトップなどのミスを防ぐことが可能です。具体的な選び方としては、バウンス角は10度、ロフト角は52度、ソール幅の広いウェッジを基準として考えると良いです。

ウェッジ選びでは、バウンス角、ロフト角、ソール幅に注目することが大切です。「いまいち選びきれない」「打ち分けるのが難しそう」と感じるのであれば、アイアンセットと同じメーカーのウェッジや、PWから6度ずつロフト角が大きくなるように選ぶことをおすすめします。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/08/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

今、特殊なものを除けばドライバーのヘッドというのは、ほとんどがチタン製です。普段なんの疑問もなく使っていらっしゃるかもしれませんが、そもそもなぜチタンでできているのでしょうか?チタンだと飛ぶからでしょ …

2020/05/26|ゴルフウィズ編集部

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。 …

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

3番ウッドのメリットとデメリットとは?

ゴルフをしていると意外と使用頻度の高い3番ウッド。形はドライバーの縮小版のような見た目となっています。ただ、ドライバーと違うのは、重心がヘッドの後ろに寄っているため、高い弾道のショットが打てるのも魅力 …

2017/08/21|ゴルフウィズ編集部

欠点、クセとのつきあい方について

欠点、クセとのつきあい方について

最近はあまり使いませんが、無くて七癖なんて言葉もあります。 ゴルフに関しては「無くて」どころか一人ひとり非常に強いクセがあるのが普通です。 ゴルファーなら誰しもクセや欠点を直して良いスイングをしたいと …

2021/03/11|ゴルフウィズ編集部

ロブショットの打ち方

ロブショットの打ち方

グリーンへのアプローチでふわっと高い球で寄せるロブショット。バンカー越えなどで特に威力を発揮するショットで決まるとカッコいいですよね。でも実際にやろうとするとなかなかうまくいきません。大きくダフってし …

2020/10/12|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

プロが使っているクラブはどんなもの?

プロが使っているクラブはどんなもの?

ゴルフクラブを選ぶ場合、好きなプロ、憧れのプロが使っているというのは選択の際のひとつ大きなポイントになりますよね。 メーカーもそれは十分わかっていますので、宣伝のためトッププロに自社製品を使ってもらう …

2020/12/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ